イエロー・マジック・オーケストラとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > ミュージシャン > 日本のバンド > イエロー・マジック・オーケストラの意味・解説 

イエロー・マジック・オーケストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/27 01:05 UTC 版)

イエロー・マジック・オーケストラ (: Yellow Magic Orchestra) は、日本の音楽グループ。1978年に結成。通称、YMO(ワイ・エム・オー)。




  1. ^ BGM』のジャケット等に「YMO」と表記されている。それ以前は略す場合「Y.M.O.」と、ピリオドを付けて表記するのが一般的だった。
  2. ^ この時点で「YMO」という名称はアルファ側により商標登録されており、使用できなかったため、再生時のグループ名は「YMO」の3文字の上に「×」を描いたものが採用された。読みは「ノットYMO」。2007年の活動再開以降は高橋の所属事務所であるヒンツ・ミュージックにより「イエローマジックオーケストラ」(第5121722号)「YMO」(第5121723号)が商標登録されており、問題なく名称が使用できるようになっている。
  3. ^ YMO方の回答は「関係者と相談します」であった。他にも「映画『進め! 電波少年』の音楽を作って欲しい!」というお願いも用意していたが、指名されることなく終了した。
  4. ^ 演奏されたのは「以心電信」「レスキュー」「War & Peace」「RYDEEN 79/07」の4曲。
  5. ^ この手法は高橋が自身のソロツアーで確立した手法であり、2007年のHASのライヴでも行われた。
  6. ^ 復旧するまでに時間を要することもあり、そのため海外では「曲が長い」という評価もあった。
  7. ^ このほか高橋の譜面台上の曲順表には「即興」、「The City of Light」、「体操」、「千のナイフ」、「キュー」も書かれており、同年6月のハリウッド・ボウル公演や7月のフジロックフェスティバルとほぼ同じプログラムであることが判る。これら未放送5曲は全て、2012年7月18日発売のDVD/Blu-ray"YMONHK"に収録されている。
  1. ^ a b 『イエロー・マジック・オーケストラ』アスペクト、2007年
  2. ^ 2014楽器フェア内「YMO楽器展2014」におけるトークショーでの日笠雅水の発言[出典無効]
  3. ^ レコード・コレクターズ 2003年2月号
  4. ^ a b c d 『キーボード・マガジン 2019年1月号』、キーボード・マガジン編集部、 25頁。
  5. ^ a b c d e f 「アルファレコード、業界初の米国進出(下)第2、第3のYMOを(挑戦の記録)」『日経産業新聞』1982年1月7日付、16頁。
  6. ^ 『キーボード・マガジン 2019年1月号』、キーボード・マガジン編集部、 27頁。
  7. ^ ロッキンf 1981年5月号
  8. ^ この年は雑誌にフェイクアルバムの広告が掲載された
  9. ^ 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p52
  10. ^ NHK プレミアム10「YMOからHASへ -坂本龍一+高橋幸宏+細野晴臣 音楽の旅-」
  11. ^ 「どてらYMO」再び?細野晴臣×坂本龍一ライブで名曲続々”. 音楽ナタリー (2013年12月26日). 2019年1月9日閲覧。
  12. ^ 細野晴臣イエローマジックショー2”. NHK. 2019年1月9日閲覧。
  13. ^ NIAGARA TRIANGLE Vol.11995年盤のライナーノーツで大滝詠一は「誰もがARPの音を出すのに苦労していたのを後に「教授」と呼ばれる坂本が弾いている所にYMOの萌芽が見られた。」と回顧している
  14. ^ http://openers.jp/article/10958
  15. ^ E-MU SystemsとCreativeの新戦略 Creative Professional誕生 - All About
  16. ^ サウンド&レコーディング・マガジン 1999年11月号
  17. ^ 『ONE MORE YMO』ライナーノーツ掲載の高橋による曲解説
  18. ^ 『コンパクトYMO』徳間書店、1998年 ISBN 4-19-860831-8
  19. ^ CD「ONE MORE YMO」、「L-R TRAX」ライナーノーツより
  20. ^ 1980年12月 FROM TOKYO TO TOKYO 武道館ライヴ・パンフレット ※カセットデンスケ、2台のローランドMC-8、モーグ・III-CとE-MU・システムシンセサイザーが配置されたシステム構成図が載っている。
  21. ^ “星野源“カホコ”主題歌「Family Song」をライブ初披露” (プレスリリース), exciteニュース, (2017年9月10日), https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170910/Entameplex_8325.html?_p=2 
  22. ^ オリコンチャートによる最高順位を参照。デジタル・ダウンロードの作品に関しては、iTunes Storeによる最高順位を参照。
  23. ^ 高橋幸宏デザインYMOシャツプレゼントキャンペーン


「イエロー・マジック・オーケストラ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イエロー・マジック・オーケストラ」の関連用語

イエロー・マジック・オーケストラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イエロー・マジック・オーケストラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイエロー・マジック・オーケストラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS