中谷美紀とは?

中谷美紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 02:25 UTC 版)

中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本女優歌手東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが[2]2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属[3]。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー[4]




注釈

  1. ^ これを編集・まとめた単行本『ないものねだり』(マガジンハウス)が2006年に発売されている。
  2. ^ 中谷美紀 with 坂本龍一名義。
  3. ^ 完全生産限定盤。

出典

  1. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  2. ^ 中谷美紀のプロフィール”. スターダストプロモーション. 2015年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月7日閲覧。
  3. ^ 中谷美紀が個人事務所設立 海外視野“新しいことに挑戦””. Sponichi Annex (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。
  4. ^ a b 中谷美紀が国際結婚、ドイツ出身50歳ビオラ奏者と2年間の遠距離恋愛実らせた”. Sponichi Annex (2018年11月27日). 2018年11月27日閲覧。
  5. ^ 著書『女心と秋の空』 128項
  6. ^ 第19回読売演劇大賞ノミネート決定”. 読売新聞 (2012年1月13日). 2012年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月16日閲覧。
  7. ^ “綾瀬はるかが心酔する「唯一の友人」中谷美紀との意外な交遊関係”. アサ芸プラス (徳間書店). (2015年2月3日). https://www.asagei.com/excerpt/31970 2020年10月22日閲覧。 
  8. ^ 『美ST』(光文社)2013年12月号。
  9. ^ “山崎夕貴アナ、結婚報告の中谷美紀の直筆コメントに「達筆!私も書道十段ですけど、読めない」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年11月27日). https://hochi.news/articles/20181127-OHT1T50033.html 2020年10月22日閲覧。 
  10. ^ [あさイチ 【プレミアムトーク 中谷美紀】 ]の番組概要ページ”. gooテレビ番組(関東版) (2015年1月30日). 2016年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月22日閲覧。
  11. ^ “中谷美紀の流ちょうな英語スピーチに拍手喝采 アジアのアカデミー賞で受賞”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2015年3月26日). https://www.cinematoday.jp/news/N0071911 2020年10月22日閲覧。 
  12. ^ “中谷美紀、カナダの教会でお茶会を開催!フランス語であいさつも”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2013年9月2日). https://www.cinematoday.jp/news/N0056066 2020年10月22日閲覧。 
  13. ^ 【役所広司、“アジア版アカデミー賞”でダブル受賞!英語&中国語でスピーチ”. 映画ニュース - 映画.com. 2020年2月2日閲覧。
  14. ^ “阿部サダヲ、竹内結子ら「世にも奇妙な物語」25周年豪華コラボ :”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151020-OHT1T50168.html 2015年10月21日閲覧。 
  15. ^ ““上から目線”中谷美紀、結婚できないアラフォー女医に!”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月11日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151211/geo15121105030020-n1.html 2015年12月11日閲覧。 
  16. ^ “第19回「菊島隆三賞」ノミネート作品決定と公開選考会開催のお知らせ”. 社団法人シナリオ作家協会. (2017年1月27日). http://www.scenario.or.jp/kikushimaselection19.htm 2017年1月27日閲覧。 
  17. ^ “第19回「菊島隆三賞」受賞者決定のお知らせ 受賞者 森下直・受賞対象作品 テレビドラマ「模倣犯 前篇・後篇」脚本”. 社団法人シナリオ作家協会. (2017年1月27日). http://www.scenario.or.jp/kikushimaspotnews19.htm 2017年1月27日閲覧。 
  18. ^ “織田裕二、ディーンフジオカと初共演 9年ぶりTBS連ドラで“天才貴族””. ORICON STYLE. (2016年8月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2077360/full/ 2016年8月26日閲覧。 
  19. ^ “中谷美紀が性同一性障害女性演じる「今、オレは男として生きている」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年5月22日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170521-OHT1T50309.html 2017年5月22日閲覧。 
  20. ^ “中谷美紀主演で山本文緒『あなたには帰る家がある』をドラマ化「リアルな夫婦像をお見せすることになる」”. TVLIFE web (学研プラス). (2018年2月7日). http://www.tvlife.jp/entame/157754 2018年2月7日閲覧。 
  21. ^ ドラマスペシャル あの家に暮らす四人の女”. テレビ東京. 2019年10月1日閲覧。
  22. ^ “中谷美紀・吉岡里帆・永作博美・宮本信子が一つ屋根の下 ドラマSPで共演”. シネマトゥデイ. (2019年8月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110548 2019年10月1日閲覧。 
  23. ^ “中谷美紀が破天荒キャリアウーマン!結婚後地上波初ドラマは世界股にかけるシングルマザー役”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年7月26日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190726/geo19072606000005-n1.html 2019年7月26日閲覧。 
  24. ^ “伊藤英明“僧医”役でドラマ主演、中谷美紀、ムロツヨシ、松本穂香が集結”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年10月31日). https://natalie.mu/eiga/news/353511 2019年10月31日閲覧。 
  25. ^ “中谷美紀、池田エライザが蜷川実花のNetflixドラマ出演、配信開始は2020年に”. ナターシャ. (2019年3月19日). https://natalie.mu/eiga/news/324373 2019年3月25日閲覧。 
  26. ^ “田中圭と中谷美紀が夫婦役でダブル主演、原田マハ「総理の夫」映画化”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月22日). https://natalie.mu/eiga/news/401570 2020年10月22日閲覧。 
  27. ^ 中谷美紀、女王バトル!主演舞台で神野三鈴と2人芝居”. スポーツ報知 (2015年1月25日). 2015年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月25日閲覧。
  28. ^ 中谷美紀が妻・愛人・愛人の娘の3役、舞台『猟銃』再演”. CINRA.NET (2015年9月7日). 2015年9月7日閲覧。
  29. ^ “中谷美紀、舞台「黒蜥蜴」主演!美しすぎる女盗賊が乱歩ワールドへ誘う”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年2月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170203/geo17020305030011-n1.html 2017年2月3日閲覧。 
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 中谷美紀のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月30日閲覧。
  31. ^ Tv&Movie、2017年1月5日閲覧。
  32. ^ “中谷美紀、映像高画質化を懸念「引き目で撮って」”. ORICON STYLE. (2016年5月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2071793/full/ 2016年5月18日閲覧。 
  33. ^ 官兵衛の生涯たどる特別展 21日から県立歴史博物館”. 神戸新聞NEXT (2014年3月20日). 2015年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月21日閲覧。
  34. ^ 中谷美紀 東京国際映画祭「フェスティバル・ミューズ」就任”. 東京スポーツ (2014年9月30日). 2014年10月1日閲覧。
  35. ^ 復職への条件は同僚全員のボーナスカット…マリオン・コティヤール主演『サンドラの週末』予告編公開”. 2015年3月22日閲覧。
  36. ^ 【報告】女優の中谷美紀さんにご登場いただいての報道発表会が行われました”. 京都新聞アート&イベント情報サイト[ことしるべ]. 2017年1月25日閲覧。
  37. ^ フランス映画祭が今年も横浜で開催、中谷美紀がフェスティバル・ミューズに決定”. 映画ナタリー (2019年3月28日). 2019年3月28日閲覧。
  38. ^ 女優・中谷美紀が演じる「白洲正子」の、西国巡礼の旅をここに再現!”. リトルモア. 2018年11月15日閲覧。


「中谷美紀」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中谷美紀」の関連用語

中谷美紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中谷美紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中谷美紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS