ビオラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 楽器 > ビオラの意味・解説 

ビオラ【(イタリア)viola】

読み方:びおら

擦弦楽器の一。バイオリンよりやや大形で、5度低く調弦される。主に、室内楽管弦楽内声部を受け持つ。


ビオラ【(ラテン)Viola】

読み方:びおら

園芸種スミレ一種で、花の小さなサンシキスミレ

ビオラの画像

ビオラ[viola]

調弦は、バイオリンより1オクターブ5度低くバイオリン族の中で最も広い音域をもつ。左指で弦を押さえ右手で弓を用いて奏するのはバイオリン同じだが、バイオリンの2倍の胴の長さ有するので、奏者椅子腰を掛け楽器床上立て、棹を左肩のほうに位置させて奏する音質深くつやがあり、男性的で、音量は豊か。独奏合奏両面で、バイオリン次いで重要な楽器であり、合奏では全体土台としての低音楽器役割と、旋律を歌う役割とを兼ねる。基本的な奏法やそこから得られる効果バイオリン同じだが、楽器大きさの関係で、左の各指で半音を取るのが容易であるため、バイオリンより半音自然に奏することができる。また弦が長く張力強いため、余韻がよく残りピチカートポルタメント、またピチカートポルタメントなどの奏法で、独特の効果得られる

ビオラ (三色菫)

Viola x wittrockiana

Viola x wittrockiana

Viola x wittrockiana

Viola x wittrockiana

Viola x wittrockiana cv. Frosted Chocolate

Viola x wittrockiana

ヨーロッパ野生の「スミレ」から改良されたもので、「ガーデンパンジー(Garden pansy)」とも呼ばれます花径が5センチ上のものをいい、それより小さなものは「タフテッドパンジー(Tufted pansy)」、または「ビオラ(Viola)」と呼ばれます花期は秋から春にかけて。花色が豊富で春の花壇を彩る代表的な花です。わが国では、小輪系の「パンジー」を「ビオラ」と呼びますが、厳密に区別できません。
スミレ科スミレ属多年草で、学名Viola x wittrockiana。英名は Tufted pansy

ビオラ

名前 Viola; Biolat

ヴィオラ

(ビオラ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/08 03:42 UTC 版)

ヴィオラ(Viola)は、西洋音楽で使われるヴァイオリン属弦楽器である。合奏重奏の中では中音部を受け持つ。しばしば「Va」「Vla」と略記される。ビオラとも表記される。ヴィオラ演奏者をヴィオリスト(violist)という。


  1. ^ 横山進一「ストラディヴァリウス」(2008年 アスキー・メディアワークス, アスキー新書 ISBN 978-4048674171
  2. ^ 横山 同掲書


「ヴィオラ」の続きの解説一覧

ビオラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 07:00 UTC 版)

ハーメルンのバイオリン弾きの登場人物」の記事における「ビオラ」の解説

第1話出て来少年母親自分庇って魔物殺されてしまい、ずっと1人暮らしていた。

※この「ビオラ」の解説は、「ハーメルンのバイオリン弾きの登場人物」の解説の一部です。
「ビオラ」を含む「ハーメルンのバイオリン弾きの登場人物」の記事については、「ハーメルンのバイオリン弾きの登場人物」の概要を参照ください。


ビオラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 03:23 UTC 版)

ジムリーダー (ポケットモンスターSPECIAL)」の記事における「ビオラ」の解説

ハクダンシティのジムリーダー。エキスパートタイプはむし。通称:「笑顔見逃さないカメラガール」。

※この「ビオラ」の解説は、「ジムリーダー (ポケットモンスターSPECIAL)」の解説の一部です。
「ビオラ」を含む「ジムリーダー (ポケットモンスターSPECIAL)」の記事については、「ジムリーダー (ポケットモンスターSPECIAL)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビオラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ビオラ

出典:『Wiktionary』 (2020/03/25 07:13 UTC 版)

異表記・別形

語源

イタリア語 viola からの借用語。 または 英語 viola からの借用語

発音(?)

名詞

ビオラ

  1. ルネッサンス期から18世紀にかけてヨーロッパ発達したゆみでこすって音を出す弦楽器
  2. バイオリンよりややひくい音を出すバイオリン属の弦楽器バイオリンよりも一回り大きい。4本の5度調弦し、楽器をはさみ、左手で弦を抑えながら、主として右手持った使って弦を擦ることによって音を出す。オーケストラ弦楽では中音部を担当し、その音域はCから上に4オクターブ程度。しばしばVlaVa略記する。

翻訳

関連語


「ビオラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビオラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビオラ」の関連用語

ビオラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビオラのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィオラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハーメルンのバイオリン弾きの登場人物 (改訂履歴)、ジムリーダー (ポケットモンスターSPECIAL) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのビオラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS