岸惠子とは?



岸恵子

以下の映画岸恵子関連しています。
東北新社=ギャラクシーワン
松竹映配
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


岸惠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/27 08:43 UTC 版)

岸 惠子(きし けいこ、1932年8月11日 [1]- )は、女優文筆家岸恵子の表記もある。身長161cm。舞プロモーション所属。映画の代表作は『約束』『雨のアムステルダム』『君の名は』など。




  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.14.
  2. ^ 岸惠子「かつて在りし我が師」神奈川県立横浜平沼高等学校創立百周年記念実行委員会・歴史編纂部会編『創立百周年記念誌 同窓会編 (真澄会編) 花たちばな―卒業生一世紀の証言』神奈川県立横浜平沼高等学校、2000年10月28日 発行、238~239頁。
  3. ^ 『週刊AERA1994年10月10日号 P.55
  4. ^ 『歩いて行く二人』によれば、『忘れえぬ慕情』のヒットでどこへ行っても「ノリコ!」と呼ばれるのが嫌だったし、シャンピとも英語で話していたので一日8時間くらいフランス語の勉強をしたという。下層の人々からも学んでいて首相官邸に招かれた時にそのまま使って夫を赤面させたという。
  5. ^ http://www.allcinema.net/cinema/143925
  6. ^ 「ショーケン」p.53。著者・萩原健一。講談社。2008年
  7. ^ 『歩いて行く二人』では仕事をしすぎて不在が多かったことが原因だという。
  8. ^ オールタイム・ベスト10 日本映画男優・女優”. KINENOTE. キネマ旬報社 (2014年12月). 2016年9月23日閲覧。
  9. ^ http://anincline.com/kishi-keiko/
  10. ^ http://anincline.com/kishi-keiko/
  11. ^ “映画「裸足の季節」6月公開 ウォーレン・エリス(DIRTY THREE)が音楽を担当”. CDJournal ニュース. (2016年5月20日). https://www.cdjournal.com/main/news/warren-ellis/71491 2019年9月2日閲覧。 
  12. ^ 『歩いて行く二人』の中で一番好きだった役は『おとうと』のげんだったと語っている。
  13. ^ スパイ・ゾルゲ 真珠湾前夜
  14. ^ 共演はマリオ・アドルフ
  15. ^ 共演はアラン・キュニーAlain Cuny
  16. ^ Du rififi à Tokyo
  17. ^ 太陽が目にしみる
  18. ^ 日仏合作ドラマ 真夜中の太陽 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  19. ^ 清原果耶とのリレー。
  20. ^ “NHK終戦の日関連ドラマに岸惠子、清原果耶、安藤サクラら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年5月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2135235/full/ 2019年7月22日閲覧。 
  21. ^ 日本のテレビCM史の流れを変えた異才 - 今村昭物語(12)”. 電通報 (2016年11月13日). 2016年11月13日閲覧。
  22. ^ a b c 岸恵子のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2016年11月27日閲覧。
  23. ^ a b 『女性自身』1981年5月14日・21日合併号。


「岸惠子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岸惠子」の関連用語

岸惠子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岸惠子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岸惠子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS