サトウサンペイとは?

さとう‐さんぺい【サトウサンペイ】

[1929〜 ]漫画家愛知生まれ本名佐藤幸一(ゆきかず)。平凡なサラリーマン日常庶民感覚で描き、読者大きな共感を得る。代表作フジ三太郎」「夕日くん」「アサカゼ君」など。


サトウサンペイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 14:31 UTC 版)

サトウ サンペイ(本名:佐藤 幸一〔さとう ゆきかず[1]〕、1929年9月11日[1] - 2021年7月31日[2][3][4])は、日本漫画家


  1. ^ a b c d e f g サトウ サンペイ』 - コトバンク講談社 デジタル版日本人名大辞典プラス)・サトウサンペイ』 - コトバンク小学館 デジタル大辞泉)
  2. ^ a b c d 漫画家サトウサンペイさん死去、91歳 「フジ三太郎」”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  3. ^ a b 漫画家サトウサンペイさんが死去 「フジ三太郎」を新聞に連載” (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 漫画家のサトウサンペイさん死去 「フジ三太郎」で世相描く”. 産経ニュース. 産経デジタル (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  5. ^ 真実一郎『サラリーマン漫画の戦後史』(洋泉社新書y、2010年)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 寺光忠男『正伝・昭和漫画 ナンセンスの系譜』 毎日新聞社、1990年 pp.142-178「新聞漫画と正統ナンセンス」。同資料では生後1ヶ月で大阪に転居した、としている。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m 峯島正行『ナンセンスに賭ける』(青蛙房、1992年)pp.9-31「サトウサンペイ サラリーマン漫画の名手」
  8. ^ 『現代日本人物辞典』(旺文社[要ページ番号]
  9. ^ a b c d 真実一郎『あのサラリーマン漫画をもう一度』第2回「ユーモアとウィットと風刺~『フジ三太郎』と4コマ漫画の時代ハーバービジネスオンライン、2017年4月2日
  10. ^ 斉藤明美『家の履歴書 文化人・芸術家篇』(キネマ旬報社、2011年)p.38
  11. ^ a b c d e f g 『現代漫画』第1期8巻「サトウサンペイ集」筑摩書房、1969年 pp.305-314 佐藤忠男「作家と作品」、巻末奥付「著者略歴」。同資料では生後3ヶ月で大阪に転居した、としている。
  12. ^ 店舗ディスプレイデザインを手掛けた商業デザイナー。共著に『デザイン大系 6 店舗・ディスプレイ』(伊藤憲治橋本徹郎 共編 ダヴィッド社 1955年)。
  13. ^ a b サトウサンペイ『けっこうエーこといってるんですが』(新潮文庫版、1983年)pp.169-173
  14. ^ 漫画家サトウサンペイさん死去「フジ三太郎」26年間、8168回連載”. 日刊スポーツ (2021年8月6日). 2021年8月6日閲覧。
  15. ^ 芦田淳さんら4028人 秋の叙勲”. 共同通信 (2006年11月2日). 2013年2月16日閲覧。
  16. ^ 日本漫画家協会賞 第46回(2017年度) 日本漫画家協会
  17. ^ 月刊基礎知識 from 現代用語の基礎知識”. www.jiyu.co.jp. 自由国民社. 2019年9月29日閲覧。
  18. ^ ポツンポツンでいいから,というコメントにたっぷり甘えて……。 「ジーの思い出し笑い」、2013年8月8日
  19. ^ ロッキード事件 など 「ジーの思い出し笑い」、2013年11月24日
  20. ^ 『フジ三太郎』いろいろ 「ジーの思い出し笑い」、2013年12月12日
  21. ^ a b 「サトウサンペイ」に一致する資料 国立国会図書館サーチ


「サトウサンペイ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サトウサンペイ」の関連用語

サトウサンペイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サトウサンペイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサトウサンペイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS