第37回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第37回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第37回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/15 01:38 UTC 版)

第37回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1986年昭和61年)12月31日NHKホールで行われた、通算37回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。


注釈

  1. ^ 出場歌手+NHKアナウンサーによる両組司会2人体制は今回のみである。その後第54回2003年)では、NHKアナウンサー同士による両組司会2人体制が採られた。
  2. ^ この年放送を開始し、1989年3月まで放送。加山は以後第39回1988年〉まで3年連続で白組司会を担当することとなる。
  3. ^ なお聖子は今回の出演直前、TBS系列『第28回日本レコード大賞』で「SUPREME」がアルバム大賞に受賞された際、久々に公の舞台へ登場していた。
  4. ^ 当年8月31日限りで引退(それから15年後の2001年末・第52回NHK紅白歌合戦で復帰)。
  5. ^ a b c 下記の事情による落選のため。
  6. ^ NHK番組への出演を自粛中のため。
  7. ^ 後述の出場辞退により。
  8. ^ NHKは2人が自ら辞退したと主張しているが、黒い交際発覚直後北島は「(出演の)判断はNHKさんに任せる。自分から辞退はない」と語っていた[3]田中裕子[13]
  9. ^ 2008年には暴力団組長が関係するゴルフコンペに出席していたことが発覚し、同年の第59回は早々に落選となった。

出典

  1. ^ 15時間ワイド日本列島大みそか ―第5部― 第37回NHK紅白歌合戦”. 2020年2月6日閲覧。
  2. ^ 番組表検索結果”. 2020年2月6日閲覧。
  3. ^ a b 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  4. ^ 週刊現代』1986年10月18日号、44頁。
  5. ^ 週刊女性』1986年11月11日、36頁。
  6. ^ 『微笑』1986年11月15日号、251頁。
  7. ^ 女性自身』1986年11月11・18日合併号、244頁。
  8. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、181頁。
  9. ^ 『紅白50回』、87頁。
  10. ^ “東山紀之、紅白“仮面ライダー事件”は「マッチさんのせい?」”. スポーツニッポン. (2014年7月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/07/24/kiji/K20140724008625120.html 2019年7月14日閲覧。 
  11. ^ “東山紀之、伝説の紅白歌合戦での「仮面ライダー」事件でジャニー喜多川社長の言葉明かす…「加山さんに感謝しなよ」”. デイリースポーツ. (2019年7月14日). https://hochi.news/articles/20190714-OHT1T50078.html 2019年7月14日閲覧。 
  12. ^ 『紅白50回』のインタビュー
  13. ^ 週刊現代』1986年10月18日号、44頁。
  14. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、182頁。


「第37回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第37回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第37回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第37回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第37回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS