赤ひげとは?

赤ひげ

読み方:あかひげ
別表記:赤髭赤鬚

赤いヒゲ。赤いヒゲたくわえた人。

赤ひげ

原題:
製作国:日本
製作年:1965
配給:東宝
スタッフ
監督:黒澤明 クロサワアキラ
製作:田中友幸 タナカトモユキ

菊島隆三 キクシマリュウゾウ
原作:山本周五郎 ヤマモトシュウゴロウ
脚色:井手雅人 イデマサト

小国英雄 オグニヒデオ

菊島隆三 キクシマリュウゾウ

黒澤明 クロサワアキラ
撮影:中井朝一 ナカイアサカズ

斎藤孝雄 サイトウタカオ
音楽:佐藤勝 サトウマサル
美術:村木与四郎 ムラキヨシロウ
編集:黒澤明 クロサワアキラ
録音:渡会伸 ワタライシン
スクリプター:副田正男 
照明:森弘充 
キャスト(役名
三船敏郎 ミフネトシロウ (新出去定(赤ひげ))
加山雄三 カヤマユウゾウ (保本登)
土屋嘉男 ツチヤヨシオ (太夫
江原達怡 エハラタツヨシ (津川玄三)
三戸部スエ ミトベスエ (おたけ)
七尾伶子 ナナオレイコ (おとく)
野村昭子 ノムラアキコ (おふく)
辻伊万里 ツジイマリ (おかち)
小川安三 オガワヤスゾウ (竹造)
団令子 ダンレイコ (お
香川京子 カガワキョウコ (狂女
藤原釜足 フジワラカマタリ (六助
根岸明美 ネギシアケミ (おくに)
山崎努 ヤマザキツトム (佐八)
桑野みゆき クワノミユキ (おなか)
東野英治郎 トウノエイジロウ (五平次)
中村美代子 ナカムラミヨコ (おこと)
三井弘次 ミツイコウジ (平吉)
千葉信男 チバノブオ (松平壱岐
西村晃 ニシムラコウ (家老
志村喬 シムラタカシ (和泉家徳兵衛
大木正司 オオキショウジ (地廻り
広瀬正一 ヒロセショウイチ (地廻り
常田富士男 トキタフジオ (地廻り
山口博義 ヤマグチヒロヨシ (地廻り
古諸州  (地廻り
荒木道子 アラキミチコ (娼家女主人
杉村春子 スギムラハルコ (娼家女主人
深井聰子 フカイサトコ (娼婦
柳下悠紀子  (娼婦
青木千里 アオキチサト (娼婦
栗栖京子  (娼婦
二木てるみ ニキテルミ (おとよ)
頭師佳孝 ズシヨシタカ (長次)
大久保正信 オオクボマサノブ (長次の父)
菅井きん スガイキン (長次の母)
柳永二郎 ヤナギエイジロウ (利兵衛)
藤山陽子 フジヤマヨウコ (ちぐさ)
内藤洋子 ナイトウヨウコ (まさえ)
三津田健 ミツダケン (まさえの父)
風見章子 カザミアキコ (まさえの母)
笠智衆 リュウチシュウ (登の父)
田中絹代 タナカキヌヨ (登の母)
富田恵子  (道の女)
沢村いき雄 サワムライキオ (むじな長屋住人
佐田豊 サダユタカ (むじな長屋住人
小林十九二 コバヤシトクジ (むじな長屋住人
本間文子 ホンマノリコ (むじな長屋住人
出雲八重子 イズモヤエコ (むじな長屋住人
宮田芳子 ミヤタヨシコ (むじな長屋住人
堤康久 ツツミヤスヒサ (むじな長屋住人
左卜全 ヒダリボクゼン (入所患者
渡辺篤 ワタナベアツシ (入所患者
池田生二 イケダセイジ (入所患者
宇野晃司 ウノコウジ (入所患者
鈴木和夫 スズキカズオ (入所患者
解説
山本周五郎原作赤ひげ診療譚”より「天国と地獄」でコンビ井手雅人小国英雄菊島隆三黒澤明共同脚色黒澤明監督した文芸もの。撮影コンビ中井朝一斎藤孝雄
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
医員見習として小石川養生所へ住み込んだ保本登は、出世を夢みて、長崎遊学したその志が、古びて、貧乏の匂いたちこめるこの養生所で、ついえていくのを、不満やるかたない思いで、過していた。赤っぽいひげが荒々しく生え所長新出去定が精悍厳し面持で、「お前は今日からここに詰める」といった一言で、登の運命が決まった。人の心を見抜くような赤ひげの目に反撥する登はこの養生所の禁をすべて破って、養生所を出されることを頼みとしていた。薬草園の中にある座敷牢にいる美し狂女は、赤ひげのみたてで先天性狂的躰質ということであった。登は、赤ひげのみたてが誤診であることを指摘したが、禁を侵して足しげく通った結果登は、赤ひげのみたてが正しかったことを知った。毎日貧乏人と接し、黙々と医術をほどこす赤ひげは、和蘭陀医学を学ばなければ解る筈のない大機里爾という言葉を使って、登に目をみはらせた。赤ひげは「病気原因社会貧困無知から来るものでこれに治療法はない」といつも口にしていた。こんな中で登は、貧しく死んでゆく人々の平凡な顔の中に人生の不幸を耐えた美しさを見るようになった。登が赤ひげに共鳴して初めお仕着せを着た日赤ひげは登を連れて岡場所に来た。そして幼い身体客商売強いられるおとよを助けた。人を信じること知らない薄幸なおとよが登の最初患者であった。長崎帰りをひけらかし、遊学中に裏切ったちぐさを責め自分嫌悪感じた登は、おとよの看病必死となった。やがておとよは、登に対して他人に対してもあふれる愛情示し始めた。そしてふとした盗みでおとよに救け出された長次とおとよの間に、幼い恋芽生えた頃、登はちぐさの妹まさえと結婚約束取り交した。そして、名誉にも金にも縁遠くなっても、一生この養生所で、医術いそしむことを誓った。

赤ひげ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 00:54 UTC 版)

赤ひげ』(あかひげ)は、1965年昭和40年)4月3日に公開された日本映画である。東宝配給。監督は黒澤明。主な出演は三船敏郎加山雄三モノクロ東宝スコープ、185分。




注釈

  1. ^ 初公開時のパンフレットを読むと、シナリオでもこの若い女の名前は表記がなく、ただ「狂女」と書かれていて、赤ひげは生まれつき「色情狂的体質」であると登に言っていた。
  2. ^ この時に、登はこの女は先天的色情だと事もなげに言う赤ひげへの対抗心から、それが誤りであることを指摘するつもりであった。
  3. ^ このシーンは香川京子が言い寄るように加山雄三に身を預けながら、右の袖を左に回して、左手で右からの袖を掴んで引っ張ると、加山雄三の胸と両腕が間に挟まって身動きが出来ず、そして右手でかんざしを首筋に突き刺す場面である。これは黒澤明が3日間で考え出した案で、男が女に身動きが出来ないようにされるという設定で、撮影当時助監督にテストさせると本当に動けなくなって監督はご満悦であったという。
  4. ^ 黒澤はこの作品の制作費の調達のために抵当に入れていた自宅を売却することになった。

出典

  1. ^ キネマ旬報2012、p.220
  2. ^ 1965年4月初公開時のパンフレット。「ものがたり」を参照。
  3. ^ a b c d 東宝 映画データベース「赤ひげ」東宝、2017年3月28日閲覧
  4. ^ 都築2010、p.337
  5. ^ 松田2014、p.149
  6. ^ 都築2010、p.341
  7. ^ 松田2014、p.148
  8. ^ キネマ旬報2012、p.588
  9. ^ 「オールタイム・ベスト 映画遺産200」全ランキング公開キネマ旬報映画データベース、2017年3月28日閲覧
  10. ^ 春日太一 『天才 勝新太郎』 文藝春秋文春新書〉、2010年[要ページ番号]ISBN 9784166607358
  11. ^ ラジオ深夜便』(NHKラジオ第1放送2010年6月8日放送分)「インタビュー・スペシャル 永遠の若大将〜デビュー50周年(1)」 「あの作品でですね、黒澤さんが赤ひげ先生で、僕が保本登になっちゃったんですね。本当にそういう感じになったんですよ。保本は養生所に残りますよね。僕は、撮影所というところに残ろうと…完全にダブりました。」と振り返っている。
  12. ^ 「キネマ旬報」、1996年10月上旬号


「赤ひげ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤ひげ」の関連用語

赤ひげのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤ひげのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤ひげ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS