杉村春子とは?

杉村春子

以下の映画杉村春子関連しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


杉村春子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/07 01:42 UTC 版)

杉村 春子(すぎむら はるこ、1906年明治39年)1月6日 - 1997年平成9年)4月4日[1])は、広島県広島市出身の新劇女優。本名は石山 春子(いしやま はるこ)。旧姓は中野(なかの)。




  1. ^ 「『浪子』はほとんどセリフがない役だったので、自分としては『浅草の灯』が最初の作品」と杉村は話していたという[45]
  2. ^ 半年がかりの撮影で当時の新劇ではほとんどなかった高額の千円のギャラ。夫に自分のものにしないで劇団員で分けたらといわれた(週刊朝日1978年1月6日号、130-135頁)。
  3. ^ 裏番組が高視聴率番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」だったため、日テレの平林邦介プロデューサーが「若い人を使っても『欽ドン!』には勝てない。今までお年寄りが三人もからんだドラマはなかったので」と、杉村75歳、沢村貞子73歳、山岡久乃55歳、合わせて203歳を、"イモ欽トリオ"の向こうをはり、"年金トリオ"と名付けて売り出した(週刊サンケイ、1981年11月19日、32頁)。
  4. ^ 杉村はその理由について「新しいスタンレー役者が出来たということです。今の江守さんはスタンレー役にぴったりだと思います。もうひとつは、非常に重要な役のはずのミッチに、これまで人を得なかったことです。これまでなさった方には悪いですが、そのことがいつも気になっていました。北村さんにミッチ役をやってもらいたい。この二つの理由で配役を新しくしてもらいました」と話した。北村も江守も困惑し、江守は「北村さんが不在ならともかく、いらっしゃる前での稽古するわけですから。そりゃ嫌なものですよ」と話した。水落潔は、「そこに杉村春子の『修羅の如き』女優魂を感じた。おそらく最後かもしれない『欲望...』を、十分承知しながら、新しい配役で新しい舞台をつくろうとしている。その裏には文学座の将来を思っての体制つくりという含みがある。杉村の役にかける執念と情熱。その凄まじさは、敬服すべきものがある」と評した[89]
  5. ^ 広島女学院の代用教員時代の教え子。広島女学院付属小学校に通っていた中原とは生涯にわたり交遊を持った(『別冊太陽 美しく生きる 中原淳一 その美学と仕事』 平凡社、1999年、p176、178-183、中原洲一『父・中原淳一』 中央公論社、1987年、p174、175)。
  6. ^ 広島女学院の代用教員時代の教え子[15]
  1. ^ a b c d e f g h i j 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.30.
  2. ^ 俳優全集, pp. 370-373、昭和ヒーロー, pp. 126-128
  3. ^ a b 文春写真館 あのとき、この一枚”. 文藝春秋社 (2010年2月14日). 2010年2月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月13日閲覧。
  4. ^ 杉村春子 - NHKアーカイブス NHK映像ファイル あの人に会いたい(2016年3月5日時点のアーカイブ
  5. ^ a b 「〈演劇〉 imidas Who's Who 杉村春子」『情報・知識imidas 2001』集英社、2001年、1067頁。ISBN 4081000158
  6. ^ 広島市 - 廃止町名と現在の町の区域(FAQID-2246~2249・2289)
  7. ^ 広島ゆかりの人物情報|広島を知る|文化、芸術分野”. 広島市立図書館. 2017年2月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月14日閲覧。
  8. ^ a b c d e 玉三郎対談 女流その世界「杉村春子」」『別冊・婦人画報』1977年11月号婦人画報社2017年2月15日閲覧。, オリジナルの2014年7月29日時点によるアーカイブ。
  9. ^ a b c 杉村春子 自分で選んだ道ですもの ヒロインは強し(木内昇)|WOMAN SMART
  10. ^ a b c d e f Web版 有鄰 藤田昌司「人と作品 中村美繪と『杉村春子』 不世出の大女優の一生を明らかにした評伝 第426号、平成15年5月10日、P5
  11. ^ a b c d e 福田和也 (2012年6月10日). “迫真の演技で観客を緊迫へと引きずりこむ---「狂った」女優 女優の近代Vol.7”. 現代ビジネスプレミアム. 講談社. 2017年2月15日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j 折井, pp. 96-97.
  13. ^ a b 日経スペシャル 私の履歴書 ―特別編―”. 日経スペシャル 私の履歴書. BSジャパン. 2014年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月14日閲覧。
  14. ^ a b c “よみほっと日曜版 〈名言巡礼〉 誰が選んでくれたのでもない…戯曲「女の一生」”. 読売新聞 (読売新聞社). (2014年9月28日). オリジナルの2016年2月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20160227221528/http://www.yomiuri.co.jp/life/travel/meigen/20150609-OYT8T50297.html 2017年2月15日閲覧。 
  15. ^ a b c d 近代日本女優史, pp. 206-223.
  16. ^ a b c d e f 俳優全集, pp. 370-373.
  17. ^ a b c d e f g h 竹中, pp. 126-133.
  18. ^ a b c d 文学座 座員連名 .物故者. 杉村春子 - 文学座公式サイト
  19. ^ a b c d e f g h i j 人間昭和史, pp. 85-96.
  20. ^ 近代日本女優史, pp. 143-144.
  21. ^ 人間昭和史, pp. 85-96、昭和ヒーロー, pp. 126-128
  22. ^ 文学座とは - 文学座公式サイト
  23. ^ a b “女の一生”いまも〜杉村春子と文学座ロングラン公演〜”. NHKアーカイブス. NHK (2016年2月7日). 2017年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月15日閲覧。
  24. ^ 女の一生|文学座
  25. ^ 文学座「女の一生」|アート&レビュー|NIKKEI STYLE
  26. ^ 新派「華岡青洲の妻」会見、市川春猿&波乃久里子に誕生日サプライズ
  27. ^ 玉三郎 シネマ歌舞伎『ふるあめりかに袖はぬらさじ』を語る | 歌舞伎美人(かぶきびと)
  28. ^ a b 杉村春子さんの代表作に若尾文子「大変なプレッシャー」 舞台『華々しき一族』e+ Theatrix! Pick Up: 『華々しき一族』芸能人インタビュー|連載コラム|はいからOnline(2012年5月11日時点のアーカイブ)、産経新聞2008年11月26日27面。
  29. ^ 『朝日新聞』1948年4月29日(東京本社発行)朝刊、2頁。
  30. ^ a b c 『激動の90年、歴史を動かした90人』「杉村春子 お芝居の下手な人、大っ嫌いッ 樹木希林」 文藝春秋2013年新年特別号 | バックナンバー - 文藝春秋WEB、215-217頁。
  31. ^ 内外タイムス文化部編『ゴシップ10年史』、三一書房、1964年、202-204頁
  32. ^ a b 「長谷川一夫 美女才人対談(3) ゲスト 杉村春子 『仕事捨ててまで"一緒に"...なんてなかったヮ』」『サンデー毎日』、毎日新聞社、1978年10月1日号、 54-58頁。
  33. ^ 週刊朝日1978年1月6日号、130-135頁、サンデー毎日1978年10月1日号、56、57頁、『軟派昭和史』、スポーツニッポン新聞社文化部、1975年、220頁
  34. ^ a b c 「堤清二のこの女(ひと)に会いたい 第一回ゲスト 杉村春子さん 華岡青洲の妻 『私、お嫁さんを8人もかえたの』」『サンデー毎日』、毎日新聞社、1984年6月17日号、 36-40頁。
  35. ^ 俳優全集, pp. 370-373、人間昭和史, pp. 85-96、近代日本女優史, pp. 143-144
  36. ^ 日本経済新聞2009年6月7日24面。
  37. ^ 文学座:藤田弓子オフィシャルブログ 2010年3月21日(2010年11月25日時点のアーカイブ)、『回想の文学座』北見治一著、中央公論社、1987年、238、239頁、「母・小川真由美を狂わせた3人の教祖」週刊文春2012年4月5日号、42-45頁、「徹子の部屋」2011年12月1日放送、テレビ朝日文学座 | 恩師・杉村春子 | 徹子の部屋 | TVでた蔵
  38. ^ a b 「角野卓造」インタビュー | Web 限定インタビュー | MEG-net 【Mixture Entertainment Guide】
  39. ^ 昭和ヒーロー, pp. 126-128.
  40. ^ 三島由紀夫『俳優に徹すること - 杉村春子さんへ』(週刊読売 1963年12月15日に掲載)
  41. ^ 「木村光一の退団でゆれる文学座」『サンデー毎日』、毎日新聞社、1980年8月17日号、 146-147頁。
  42. ^ a b 日本経済新聞2009年6月14日24面。
  43. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』キネマ旬報社、371頁。
  44. ^ 『演劇研究 第8集』、演技研究所、371頁。
  45. ^ 川本, p. 147.
  46. ^ 高橋治『絢爛たる影絵 小津安二郎』、文藝春秋、1982年、57頁。
  47. ^ よみがえる杉村春子〜没後10年特集 第1部・杉村春子が生きた“女の一生”[リンク切れ]ニッポン大女優伝説 2011年10月11日 | TBSテレビ
  48. ^ 森光子 『人生はロングラン』 日本経済新聞出版社、2009年、218頁。
  49. ^ 週刊朝日1980年1月4日号、142頁。
  50. ^ 川本三郎『君美わしく―戦後日本映画女優讃』 文藝春秋、1996年、302頁。
  51. ^ a b c d 「大山勝美のテレビドラマ内緒ばなし(2) こわかった岡田茉莉子 杉村の前であがった岡田」『週刊文春』、文藝春秋、1982年11月25日号、 86-87頁。
  52. ^ 岡田茉莉子シリーズ - 映画の國 || コラム ||
  53. ^ 週刊新潮2012年7月19日号「テレビ黄金期『大女優たち』の素顔 プロデューサー『石井ふく子』〈特別対談〉第2回『泉ピン子』編」43頁
  54. ^ 田中聡 (2015年1月31日). “【時代の証言者】渡る世間は...石井ふく子(20) 森さん、杉村先生は双璧”. 読売新聞 
  55. ^ 『文学座五十年史』(1987年、文学座)
  56. ^ ドコモ 団塊倶楽部11/11OA。2008年11月は、「吉永小百合特集」と銘打ち~(2015年5月5日時点のアーカイブ
  57. ^ SWITCHインタビュー 達人達』、NHKEテレ、2015年4月4日放送
  58. ^ 日刊スポーツ』2012年11月25日22面
  59. ^ 鴨下信一『テレビで気になる女たち』講談社、1985年、91-92頁。ISBN 4-06-201106-9
  60. ^ 坂成美保 (2008年6月26日). “【時代の証言者】文楽太夫 竹本住大夫(13) 様々な舞台 芸の肥やしに”. 読売新聞 
  61. ^ 脳梗塞を克服し舞台へ復帰-2/ 竹本住大夫 脳梗塞を克服し舞台へ復帰 - らぶんらく
  62. ^ 故加藤武さん 「芝居しないで芝居する」が永遠のテーマです
  63. ^ 小津作品との関わり語る 蓼科の映画祭で樹木希林さんら - 信越観光ナビ原田監督と樹木希林の不思議な関係が見えた、映画『わが母の記』トークイベント宮崎あおい「色気を感じる」と役所広司を絶賛するも、樹木希林は「全然」とバッサリ「悪人」妻夫木が主演男優賞「自分の集大成」 - 日刊スポーツswitch_pubの2015年5月26日のツイート2017年2月14日閲覧。人生を引き受けるということ 樹木希林さん | 慶應MCC 夕学リフレクション
  64. ^ 島田豊『文化の時代に―今日の考察』、椋の木社、1987年、34頁。
  65. ^ 高崎俊夫「素晴らしき映画女優(13) 大竹しのぶ 『損なわれない可憐さと圧倒的存在感で巨匠・気鋭たちから愛され続ける才能』」『キネマ旬報』2009年11月下旬号、キネマ旬報社、 148頁。
  66. ^ PTA石巻大会-スケジュール-記念講演 - 宮城県PTA連合会
  67. ^ 12月1日(木)の放送 | ゆうどきネットワーク | NHK(2014年7月24日時点のアーカイブ
  68. ^ 渡辺徹、息子に向ける厳しい父の目(2016年7月15日時点のアーカイブ)。
  69. ^ 「特別企画 狩野良規×寺島しのぶ」(2013年8月28日時点のアーカイブ
  70. ^ 中村メイコ『人生の終い支度』、青春出版社、2010年。
  71. ^ 進藤七生「随想 電波にのった黒澤明」『キネマ旬報』1971年4月下旬号、 44-45頁。
  72. ^ 『君美わしく―戦後日本映画女優讃』、158頁。
  73. ^ 福田陽一郎『渥美清の肘突き』、岩波書店、2008年、326頁。
  74. ^ 『渥美清の肘突き』、83頁。
  75. ^ テレビは「視聴者の想像力」を信用していない | メディア ... - 東洋経済オンライン
  76. ^ 放送ライブラリー 番組ID:000726
  77. ^ 第44回 ドラマスペシャル「今朝の秋」”. NHKアーカイブス. NHK. 2017年2月14日閲覧。
  78. ^ 放送ライブラリー 番組ID:003113
  79. ^ 今朝の秋 - テレビドラマデータベース
  80. ^ 近代日本女優史, p. 158.
  81. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」
  82. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」
  83. ^ SIS company inc. Web / produce / シス・カンパニー公演 怪談 牡丹燈籠8/25(火)牡丹灯籠と甲斐よしひろ - 残間里江子ブログ
  84. ^ a b 「中国から抗議を受けた文学座 "革命的自覚"足りぬかと当惑顔」『週刊朝日』、朝日新聞社、1976年2月27日号、 28-29頁。
  85. ^ 歌舞伎座で「怪談 牡丹灯篭」仁左衛門と玉三郎が共演 欲望まみれの怖い夫婦に
  86. ^ 詳細-週刊朝日1978年1月6日号、130-135頁。
  87. ^ 大竹しのぶ×藤原竜也→禁断の愛 - 日刊スポーツ
  88. ^ a b c 「二大女優がソ連のドラマ競演」『サンデー毎日』、毎日新聞社、1980年2月24日号、 178頁。
  89. ^ a b 水落潔「『欲望...』の舞台にかける杉村春子の女優魂」『サンデー毎日』、毎日新聞社、1980年4月27日号、 136頁。
  90. ^ 2013/05/08 六月新派公演『新釈 金色夜叉』記者懇親会
  91. ^ 「『新釈 金色夜叉』のおもしろさ」『週刊新潮』、新潮社、1982年7月2日号、 17頁。
  92. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00088
  93. ^ 放送ライブラリー 番組ID:003017
  94. ^ 放送ライブラリー 番組ID:006004
  95. ^ 放送ライブラリー 番組ID:003275
  96. ^ 放送ライブラリー 番組ID:008165
  97. ^ 放送ライブラリー 番組ID:008167
  98. ^ 放送ライブラリー 番組ID:008168
  99. ^ 放送ライブラリー 番組ID:008169
  100. ^ 放送ライブラリー 番組ID:008170
  101. ^ 放送ライブラリー 番組ID:008171
  102. ^ オーラの泉』、テレビ朝日、2007年4月21日放送
  103. ^ 【エンタがビタミン♪】IKKO、織姫ドレスで登場。七夕メールで「魂のキレイな女性になりたい」と願う
  104. ^ 新人賞-井上真央「八日目の蝉」「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」【yumiyoriな話】第35回 井上真央さん YOMIURI ONLINE(2010年7月8日)、日刊スポーツインタビュー 井上真央「日曜日のヒーロー694」、2009年10月25日。
  105. ^ 『アルバム・徹子の部屋』テレビ朝日、1983年、132-135頁。
  106. ^ 中国新聞 | 生きて | 人形作家 辻村寿三郎さん <12> 一葉と鏡花 文学座アトリエで上演
  107. ^ 週刊現代 賢者の知恵大研究シリーズ 人生、最期が肝心 死に損なわないために


「杉村春子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杉村春子」の関連用語

杉村春子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



杉村春子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの杉村春子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS