会館とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 建物 > 会館の意味・解説 

かい‐かん〔クワイクワン〕【会館】

読み方:かいかん

集会会議儀式などに用い目的で建てた建物。「産業―」


会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 14:16 UTC 版)

会館(かいかん)とは、中国で商工業者が親睦のために建てた組織および、その建物。転じて日本でも集会場をさすようになった。代に始まり、以後整備されて発展し、代に最盛期となったが中華民国以降衰退した。その目的は先述の親睦、協議、互助、祭祀と多岐にわたり、規模も単位から単位まで、独立の建物を持つものから建物の一部を借りるものまで様々だった。また、大きな施設には、宿舎倉庫京劇などを演じる舞台(魯大鳴「京劇入門」音楽之友社、P46)、客死した関係者が故郷に葬られるまでを預かる設備までも備えていた。宿舎は科挙受験者などの宿泊用に用いられていたが居住する者もおり、中国語版ウィキペディアの北京会館表には「康有為故居」といった記載が会館名に付記されている。




「会館」の続きの解説一覧

会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 06:57 UTC 版)

偕行社」の記事における「会館」の解説

戦災免れた日本全国および外地偕行社の会館は、進駐軍接収アメリカ軍クラブ化)などを経て多数現存している。主なものとしては、旭川市旧旭川偕行社第7師団)、弘前市旧弘前偕行社第8師団)、金沢市の旧金沢偕行社第9師団)、善通寺市旧善通寺偕行社第11師団)、豊橋市の旧豊橋偕行社第15師団)、岡山市の旧岡山偕行社第17師団)、台湾台南市の旧台南偕行社台湾軍)等。 特に旧旭川偕行社は「中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館」として、旧弘前偕行社は「弘前厚生学院記念館」として使用され旧善通寺偕行社本館横に新設し別棟を「偕行社かふぇ」として開放している他、自衛官等の採用試験会場第14音楽隊定期演奏会場、ふれあいパーティなど自衛隊地元住民との交流の場として、また結婚式会場としても使用されている。これらは重要文化財指定(国指定を受けている。 旧金沢偕行社第9師団司令部庁舎ともども石川県庁分室として使用され、かつ県指定有形文化財指定2020年隣接する本多の森公園移築・復原し、「東京国立近代美術館工芸館通称国立工芸館)」として再活用される。旧岡山偕行社岡山県総合グラウンドクラブハウスとして使用され、国の登録有形文化財に登録されている

※この「会館」の解説は、「偕行社」の解説の一部です。
「会館」を含む「偕行社」の記事については、「偕行社」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「会館」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「会館」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



会館と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「会館」の関連用語

会館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



会館のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの偕行社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS