堂とは? わかりやすく解説

どう【堂】

読み方:どう

[音]ドウダウ)(呉)

学習漢字5年

表御殿表座敷。「堂上正堂

神仏祭ったり、人が多く集まったりする大きな建物。「堂宇会堂学堂講堂金堂(こんどう)・聖堂禅堂殿堂仏堂本堂満堂

住まい居室。「草堂尊堂

他人の母に対する敬称。「母堂北堂

大きくりっぱなさま。「堂堂

名のり]たか


どう〔ダウ〕【堂】

読み方:どう

【一】[名]

古く接客礼式などに用いた建物表御殿表座敷

神仏を祭る建物

多くの人集ま建物

【二】接尾店の名や雅号建物の名などに付けて用いる。「大雅—」「哲学—」


読み方:ドウdou

所在 福井県敦賀市


読み方:ドウdou

所在 滋賀県大津市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒520-2116  滋賀県大津市堂
〒914-0036  福井県敦賀市堂

堂宇

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 07:44 UTC 版)

堂宇(どうう)は、四方に張り出した屋根(軒)をもつ建物[1]


  1. ^ a b 前久夫『古建築の基礎知識』光村推古書院、1986年、36頁。
  2. ^ a b c 前久夫『古建築の基礎知識』光村推古書院、1986年、55頁。
  3. ^ 前久夫『古建築の基礎知識』光村推古書院、1986年、55-56頁。
  4. ^ a b 前久夫『古建築の基礎知識』光村推古書院、1986年、55頁。


「堂宇」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 04:49 UTC 版)

東養寺 (徳島県つるぎ町)」の記事における「堂」の解説

内部祭壇仏像毎に仕切られていて、中央に薬師如来右に不動明王弘法大師、左に毘沙門天十一面観音菩薩。その他多くの仏像祀っている。

※この「堂」の解説は、「東養寺 (徳島県つるぎ町)」の解説の一部です。
「堂」を含む「東養寺 (徳島県つるぎ町)」の記事については、「東養寺 (徳島県つるぎ町)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「堂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/09/19 10:52 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (ドウ) 神仏をまつる建物
  2. (ドウ) 多くの人の集まる建物
  3. (ドウ) 接したり、礼楽行なったりする正殿

接尾辞

  1. (ドウ) 屋号雅号、または建物などにつけて用いる

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「堂」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「堂」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる利回りとは

    株式の投資基準とは、その銘柄が割安か割高なのかを図るものさしのことです。株式の投資基準には、利回りや株価純資産倍率(PBR)、株価収益率(PER)などが挙げられます。ここでは、株式の投資基準の利回りに...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

堂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



堂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堂宇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東養寺 (徳島県つるぎ町) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS