おこなうとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > おこなうの意味・解説 

演う

読み方:おこなう

人前披露する種類の芸(演芸)を行ってみせる、という意味で用いられることのある表現。「演」を「おこな(う)」と読むのは常用外の訓読みである。「演じる」(演ずる)という意味で「行う」と述べる場合半ば当て字のように用いる言い方とも取れる。

おこな・う〔おこなふ〕【行う〔行なう〕】

[動ワ五(ハ四)]

物事をする。なす。やる。実施する。「儀式を—・う」「合同演習を—・う」「四月五日入学式が—・われる」

仏道修行する。勤行(ごんぎょう)する。

いみじう額(ぬか)づき—・ひて寝たりしかば」〈更級

処理する。指図する。

世の人飢ゑず、寒からぬやうに、世をば—・はまほしきなり」〈徒然・一四二〉

(「…におこなう」の形で)処する付する

死罪に—・はるべかりし人の」〈平家・二〉

[補説] 一定の手順経て、または慣習方式に従って何かをするのがもとの意。現在もその含みが残る。

[可能] おこなえる


行う

読み方:おこなう

  1. 一寸手を入れてごまかして売るもの。

分類 衣類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

おこなう

出典:『Wiktionary』 (2019/07/05 14:09 UTC 版)

動詞

おこなうう 「行なう」も許容 歴史的仮名遣い:おこなふ

  1. ある一定の様式ルールに従って物事実施する。

活用

おこな-う 動詞活用日本語活用
ワ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
おこな

活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 おこなわない 未然形 + ない
意志勧誘 おこなおう 未然形音便 + う
丁寧 おこないます 連用形 + ます
過去・完了・状態 おこなった 連用形音便 + た
言い切り おこなう 終止形のみ
名詞化 おこなうこと 連体形 + こと
仮定条件 おこなえば 仮定形 + ば
命令 おこなえ 命令形のみ

関連語

翻訳

する参照



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おこなう」の関連用語

おこなうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



おこなうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおこなう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS