一寸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 一寸 > 一寸の意味・解説 

いっ‐すん【一寸】

読み方:いっすん

尺貫法長さの単位。→寸

わずかな時間・距離・量、また小さ物事のたとえ。「—のひまも惜しむ」「—のすきもない構え


ちょっ‐と【一寸/鳥渡】

読み方:ちょっと

【一】[副]《「ちっと」の音変化。「一寸」「鳥渡」は当て字

物事数量程度時間わずかであるさま。すこし。「—昼寝をする」「—の金を惜しむ」「今度試験はいつもより—むずかしかった

その行動軽い気持ちで行われるさま。「—そこまで行ってくる

かなりのものであるさま。けっこう。「—名の知れた作家

多くあとに打消しの語を伴って用いる)簡単に判断することが不可能なさま、または、困難であるさま。「私には—お答えできません」「詳しいことは—わかりかねます

→少(すこ)し[用法]

【二】[感]【一】1述部省略したもの》人に軽く呼びかける語。「—、お客さん


ちょ‐と【一寸/鳥渡】

読み方:ちょと

[副]《「ちと」の変化した語。「一寸」「鳥渡」は当て字》「ちょっと」に同じ。

「—一目(いちもく)見た所では」〈福沢福翁自伝


一寸

読み方:イッスン(issun)

一尺10分の1


一寸

読み方:チョット(chotto)

数量程度などがわずかなさま


一寸

読み方:いっすん

  1. 今日ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・石川県
  2. 今日。〔第七類 雑纂
  3. 今日を云ふ。
  4. 今日をいう。

分類 石川県


一寸

読み方:ちょっくり

  1. 手軽なる意。ちよッとと云ふこと。「-行つてきてくれ」。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(一寸 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 18:16 UTC 版)

(すん)は、尺貫法における長さ単位であり、日本では約 30.303 mmである。の10分の1と定義される。寸の10分の1が(ぶ)である。平安時代には「す」と書かれることもある。古代の文献では訓で「き」と呼ぶこともある。


  1. ^ 昔からある単位を理解しよう 公益財団法人 日本漢字能力検定協会、2020年2月8日閲覧。
  2. ^ たとえば、日本書紀巻第廿四には長さ4寸余りの常世神という虫が登場する。この虫はアゲハチョウの幼虫と考えられており、寸法は親指の幅4つ分としてつじつまが合う。
  3. ^ 第44回・企画展「度量衡と交易」 ~長さ・容積・重さをはかる~ 岩手県立農業博物館、2020年2月8日閲覧。
  4. ^ 最近気になる放送用語 「寸断」?”. NHK放送文化研究所. 2019年7月1日閲覧。


「寸」の続きの解説一覧

一寸

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:59 UTC 版)

副詞

ちょっと 別表記:鳥渡

  1. 数量程度わずかであること。

名詞

いっすん

  1. 十分の一。約3
  2. ほんのわずかな物の例え

「一寸」の例文・使い方・用例・文例




一寸と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

一寸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一寸の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一寸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS