皆式とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(分量) > 皆式の意味・解説 

かい‐しき【皆式/皆色】

[副]近世語》(多くあとに打消しの語を伴って用いる)全く。まるっきりかいもく

「酒は—請けねども」〈浮・一代女・二〉


かい‐しき【皆式】

〔副〕

まるまる全部一面に。みな。すべて。否定的な意味の語を伴うことが多い。

俳諧誹諧発句帳(1633)夏「さめはだの身はかいしきのあせぼ哉〈忠満〉」

打消の語を伴って強く否定するのに用いる。まったく。ちっとも。まるっきり。全然。悉皆(しっかい)。

経覚私要鈔享徳二年(1453)三月一一日「自当方入衆甲斐敷手負さへ無云々

③ (否定的な意味を含む述部省略して) まったく(だめなさま)、まるっきりわからない)など。

浮世草子風流曲三味線(1706)一「扨(さて)は月見花見芝居見、色作る事を仕事にして、世上の事はかいしき」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「皆式」の関連用語

1
92% |||||

皆式のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



皆式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS