鳥渡とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 鳥渡の意味・解説 

ちょっ‐と【一寸/鳥渡】

[副]《「ちっと」の音変化。「一寸」「鳥渡」は当て字

物事数量程度時間がわずかであるさま。すこし。「―昼寝をする」「―の金を惜しむ」「今度試験はいつもより―むずかしかった」

その行動が軽い気持ち行われるさま。「―そこまで行ってくる

かなりののであるさま。けっこう。「―名の知れた作家

多くあとに打消しの語を伴って用いる)簡単に判断することが不可能なさま、または、困難であるさま。「私には―お答えできません」「詳しいことは―わかりかねます

→少(すこ)し[用法]

[感]《1述部省略したもの》人に軽く呼びかける語。「―、お客さん


ちょ‐と【一寸/鳥渡】

[副]《「ちと」の変化した語。「一寸」「鳥渡」は当て字》「ちょっと」に同じ。

「―一目(いちもく)見た所では」〈福沢福翁自伝


鳥渡

読み方:チョット(chotto)

数量程度などがわずかなさま


鳥渡

読み方:チョット(chotto)

わずか。少し。しばらく。

別名 鳥与鳥兎


鳥渡

出典:『Wiktionary』 (2020/04/03 19:12 UTC 版)

副詞

ちょっといずれも当て字)】

  1. 数量時間程度などが少ないさま。少し。しばらく。わずか。
    • 「の」をつけて連体修飾語や、「だ」などをつけて述語としても用いられる。
  2. ある物事軽い気持ち行うさま。試みに行うさま。
  3. 意向関心表明など)
  4. 依頼相手への働きかけ命令など)
  5. 逆説的に)結構かなり。なかなか。それなりに。わりと。
  6. 譲歩を導いて)少々
  7. (困難、不可能、不審当惑などの否定的感情)そう簡単には。容易には。これは相当に。とても。どうも。
    • ちょっと難しいね。ちょっとできそうにないな。
    • ちょっとよくわからないんだけど。ちょっとどうかな。
    • ちょっと困ったなあ。ちょっとやだなあ。ちょっと怖いよ。
  8. 失敗誤認反省などのニュアンス
  9. (意味を曖昧にぼかす)

発音

ちょ↘っと
ちょ↗っと
IPA: /ʨotto/
X-SAMPA:/ts/otto/

関連語

語義1

感動詞

ちょっといずれも当て字)】

  1. 相手軽く呼びかける語。
  2. 相手とがめる語。
    • ちょっとそこ、何やってるの。ちょっとやめて下さいよ、もう。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥渡」の関連用語

鳥渡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥渡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鳥渡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS