譲歩とは? わかりやすく解説

じょう‐ほ〔ジヤウ‐〕【譲歩】

読み方:じょうほ

[名](スル)他の人道を譲るの意から》自分の意見主張押さえて相手意向従った妥協したりすること。「―を求める」「価格をもうこれ以上―するわけにはいかない


譲歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 11:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「譲歩」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「譲歩」を含むページの一覧/「譲歩」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「譲歩」が役に立つかも知れません。

関連項目



譲歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:40 UTC 版)

シリア内戦」の記事における「譲歩」の解説

2011年3月19日立法府法令第35条により、アルアサド陸軍徴兵義務期間を21か月から18か月短縮した3月20日シリア政府は、3月6日民主化求め落書き書いたとして逮捕した15名の子供たち釈放する発表した3月23日地方法令120号により、ダルアー県知事のファイサル・アフマド・クルスーム(Faisal Ahmad Kolthoum)を解任した。 3月24日アルアサドメディア顧問であるブサイナ・シャアバーン(en:Bouthaina Shaaban)は、政府に「非常事態法の解除政党許可検討する用意がある述べたシリア政府も、個人課税引き下げること、公共部門月給を1,500シリア・ポンド(32.60USドル)から引き上げることを発表し報道の自由広げること、雇用機会増やすこと、および汚職減らすことを約束した3月26日シリア当局はセドナヤ刑務所捕らえられていたイスラム主義者など200人(別の情報では70人)程の政治犯解放した3月27日、ブサイナ・シャアバーンは非常事態法の撤廃承認したが、その時期については言及しなかった。 3月29日、ムハンマド・ナージー・アル=オトリー英語版内閣総辞職オトリー首相以下全閣僚アルアサド辞表提出した3月31日アルアサドは、数十年続いている非常事態に代わる法律検討するための法律専門家からなる委員会立ち上げた。この委員会4月25日までに検討終わらせるとしていた。アルアサドは、ダルアーラタキアにおけるシリア市民治安部隊死について状況調査するための司法委員会立ち上げた4月6日教師が再びニカーブen:Niqāb)を着用することを許されるようになり、政府がこの国唯一のカジノ閉店させたことが報じられた。 4月7日アルアサドホムス県知事解任し、ハサカ県東部に住む数千名のクルド人たちに国籍与え法令公布したまた、シリア人権監視団は、ラッカ東部拘束されてから1年以上になる48名のクルド人が解放されたと述べた。これはシリア北西地域に住むクルド人公民権与えることについて、アルアサドクルド人部族指導者たちと会合持った翌日のことであった。尚、シリアでは1962年国勢調査によって数十万人クルド人市民権剥奪されていた。 4月16日アルアサド国民議会向けたテレビ演説において、彼の政府次週までに非常事態法を撤廃するであろうと言明した。彼は市民政府との間に意見隔たりがあり、政府民衆願望に対して関心持ち続けなければならないことを認めたその日遅くに、彼はシリア内閣en:Cabinet of Syria)の新し大臣迎え、より具体的な内容英文による全文)を含む演説行った彼は統一国家政府国家機関国民協調」を求めていくことの重要性説き多様なチャンネルを通じて対話協議民衆の支持信頼、および透明性必要であることを強調したまた、市民へのサービス、安全、および尊厳に対する要望と、改革との間の相互関係について説明した彼はクルド人市民権最優先課題であるとし、週内あるいは翌週までに非常事態法を撤廃すること、混乱破壊工作を防ぐためにデモ規制すること、政党法組織選挙に関する地方行政法、および新しメディア法の制定について、全て期限設けた形で明言した続いて失業経済、農業政策投資誘致公共部門民間部門裁判汚職贈収賄税制改革、および政府の無駄の削減について述べたまた、政府取り組みとして、市民団体大規模組織、および労働組合との緊密な協調のみならず参加型民主主義電子政府地方分権有効性効率性についても言及した4月19日シリア政府によって非常事態法を撤廃する法案承認された。この二日後、アルアサド立法府布告50条に署名して法律とした。 4月30日、アーデル・サファル(en:Adel Safar首相次週までに改革総合的な計画作成する発表した。この計画は、政治改革治安司法改革経済改革社会政策、及び行政と政治進歩発展三分野に及ぶ。

※この「譲歩」の解説は、「シリア内戦」の解説の一部です。
「譲歩」を含む「シリア内戦」の記事については、「シリア内戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「譲歩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

譲歩

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:22 UTC 版)

名詞

 じょうほ

  1. 相手意見重きを置き、解決導くこと。自分の主張一部または全部取り下げ相手主張に合わせること。
  2. 文法逆接一種で、前段正しいと認める、または正しいと仮定するが、後段では前段から当然帰結されるのとは異な内容述べること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
譲歩-する

「譲歩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「譲歩」の関連用語

譲歩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



譲歩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの譲歩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシリア内戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの譲歩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS