テレビ演説とは? わかりやすく解説

テレビ演説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 18:11 UTC 版)

キューバ危機」の記事における「テレビ演説」の解説

そしてケネディ大統領10月22日午後7時東部標準時)からテレビ・ラジオを通じてアメリカ国民キューバにおける新し事態説明を始めた。 かねてから国民皆さん約束した通り政府キューバ島におけるソ連軍事力増強厳重に監視してきました過去1週間以内明白な証拠によって一連の攻撃用ミサイル基地が現在キューバ島準備されている事実確認されました。これらの基地目的西半球に対する核攻撃力を提供することにほかなりません。……これらは1947年リオ条約、……国連憲章及びソ連への警告を重大かつ故意に無視した全米州国家の平和と安全に対す明白な脅威であるこうした措置は、ソ連が……キューバへの軍備増強防衛的性格の維持他国へのミサイル配置する必要も願望持っていないとするとの再三保証反すものである。……アメリカは……意図的な欺瞞攻撃的な脅迫にも容赦するわけにはいきません。 この演説で、キューバソ連攻撃用ミサイル持ち込まれ事実米国によるキューバ海上封鎖措置発表しソ連およびキューバ国民に対して攻撃用ミサイル何の利益にもならない強調してこの中で下の7項目の措置速やかに行うことを明らかにした。 キューバ向け船舶の「海上隔離措置キューバへの空中監視 他国へのキューバからのミサイル発射米国へ攻撃とみなすこと キューバ島内にあるグアンタナモ基地増強および全部隊に警戒態勢指示 米州機構OAS全体会議招集 国連安全保障理事会の緊急招集 フルシチョフに「世界壊滅地獄から引き戻すための歴史的努力」に参加すること そして最後にこの言葉で結んだ。 これが我々が着手した難か危険な努力であることは、何人も疑ってならない……今後どのような経過をたどるか、どれだけ人的損害を招くか正確に予見しうる者はいない。……我々の意志忍耐試練かけられ……我々の直面している危機を常に我々に感知させるだろう……一番大きな危険は何もしないことです。……我々が選んだ道危険に満ちてます。……しかしそれは……我々が世界に負っている責任にもっともふさわしい道です……自由の代価は常に高い、だがアメリカは常に支払ってきた。……自由を犠牲にしての平和ではなく世界における平和と自由である。神が許したうならばこの目標達成されるであろう。……。 この演説は、合衆国海外情報局 (USIA) を通してスペイン語訳され中南米諸国放送された。

※この「テレビ演説」の解説は、「キューバ危機」の解説の一部です。
「テレビ演説」を含む「キューバ危機」の記事については、「キューバ危機」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「テレビ演説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「テレビ演説」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テレビ演説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テレビ演説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキューバ危機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS