警戒態勢とは? わかりやすく解説

警戒態勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 09:59 UTC 版)

南海トラフ巨大地震」の記事における「警戒態勢」の解説

南海トラフ地震に関連する情報」も参照 大阪市長松井一郎は、津波被害最小限食い止める為、防潮堤整備指示治水対策など防災関連で約312億円を計上津波対策として、約14キロメートルに及ぶ防潮堤水門補強工事決定対策実施され事により浸水被害者が約134千人から約24千人、浸水面積が約5千400ヘクタール」まで減少、「経済被害が約28・8兆円が約15・9兆円」まで被害軽減される検証結果出た。しかし、松井一郎は「犠牲者数限りなくゼロ近づけたい」と主張し更なる対策を講じる考え示した気象庁東海地震限定していた警戒体制東海地震に関連する情報)を改めて、2017年11月1日に「南海トラフ地震に関連する情報臨時および定例)」の運用開始。さらに2019年5月31日には「南海トラフ地震臨時情報」および「南海トラフ地震関連解説情報」に改められた。想定震源域での大規模地震そのもの発生だけでなく、ひずみ計変化にも留意する。 「南海トラフ地震臨時情報」では以下のキーワードで情報発表が行われる。 巨大地震警戒 想定震源域内のプレート境界モーメントマグニチュード8.0以上の地震発生した評価した場合。-安政東海地震32時間後に安政南海地震昭和東南海地震2年後昭和南海地震発生した事例あり。 巨大地震注意 監視領域内モーメントマグニチュード7.0以上の地震発生した評価した場合。-東北地方太平洋沖地震2日前にM7クラス地震近辺起こった事例から。想定震源域内のプレート境界通常とは異なゆっくり滑り発生した評価した場合

※この「警戒態勢」の解説は、「南海トラフ巨大地震」の解説の一部です。
「警戒態勢」を含む「南海トラフ巨大地震」の記事については、「南海トラフ巨大地震」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「警戒態勢」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「警戒態勢」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

警戒態勢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



警戒態勢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの南海トラフ巨大地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS