対策を講じるとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 対策を講じるの意味・解説 

対策を講じる

読み方:たいさくをこうじる

対策を講じるとは、対策を講じるの意味

対策を講じるとは、なんらかの問題解決乗り切るために対応方法出し実行するという意味のこと。英語で表現すると take measures である。対策とは、事前に相手状況応じて取る手段のことを指しており、講じる実行に移すことを指している。また、講じる講ずる)には実施すること以外にも書物学問などについて理解するなどといった意味もある。

対策を講じるの対義語や類語

対策を講じるの対義語は、「放置」や「無策」などである。対策を講じるの類語としては、「対策を練る」や「予防策講じる」「手を打つ」などが挙げられる。

対策を講じるの例文

対策を講じるの言葉は、ビジネスシーンでよく使用される。顧客悩みなどの解決するために自社サービス商品提案する時には次のように使用する。


取引先との交渉等がスムーズに行かなくなった場合に、取引先に対して伺いを立てる時にも使われることがある




対策を講じる

読み方:たいさくをこうじる
別表記:対策を講ずる

問題乗り切るための対応方法案出し、実行に移すこと。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「対策を講じる」の関連用語

対策を講じるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



対策を講じるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS