空中とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > なか > 空中の意味・解説 

そら‐なか【空ナカ】

読み方:そらなか

《「ソラナカ」「空中」とも書く》空港内設けられ商店街従来からある旅客向けの土産物店や飲食店加え有名店誘致した限定品販売したりして、空港そのもの目的とした客も呼び込もうとするもの。駅ナカ空港版。


くう‐ちゅう【空中】

読み方:くうちゅう

大空の中。そら。なかぞらまた、地面水面離れた所。「—戦」「ハチドリの—での停止飛行

「空中」に似た言葉

空中

名字 読み方
空中そらなか
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

空中

読み方
空中そらなか

(空中 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/19 08:17 UTC 版)

(そら、霄、: sky)とは、地上から見上げたときに頭上にひろがる空間のこと。


  1. ^ ニュートン (2012-11)、p.83、太陽のつくる空の芸術
  2. ^ a b c ニュートン (2012-11)、p.93、変幻自在 多彩な空の色はどうやってできるのだろう?
  3. ^ a b c d e 小倉義光 『一般気象学』(第2版補訂版) 東京大学出版会、2016年、第2版。ISBN 4-13-062706-6 pp.124-126.
  4. ^ a b c d 岩槻秀明 『最新気象学のキホンがよ〜くわかる本』第2版、秀和システム、2012年 ISBN 978-4-7980-3511-6 pp.242-244.
  5. ^ a b c d Philip Gibbs (1997年). “Why is the sky blue?”. The Physics and Relativity FAQ. 2023年3月11日閲覧。
  6. ^ a b Yu Timofeev & A. V. Vasilʹev (2008-05-01) (英語). Theoretical Fundamentals of Atmospheric Optics. Cambridge International Science Publishing. p. 174. ISBN 978-1-904602-25-5. https://books.google.com/books?id=2x4CAQMEKigC&pg=PA205 
  7. ^ a b c d Stephen F. Corfidi (2014年9月). “The Colors of Sunset and Twilight”. Norman, Oklahoma: Storm Prediction Center, National Weather Service. 2023年3月11日閲覧。
  8. ^ 小石眞純 (2001). “マテリアルサイエンスにおけるミクロ構築技術の流れ”. 色材協会誌 (色材協会) 74 (3). doi:10.4011/shikizai1937.74.142. 
  9. ^ a b c d e 籔内一博 (2007). “講座:光と色と物質 空が見せる多彩な色 -光の進み方を理解する-”. 化学と教育 (日本化学会) 65 (1). doi:10.20665/kakyoshi.65.1_28. 
  10. ^ Glenn S. Smith (2005-07). “Human color vision and the unsaturated blue color of the daytime sky” (英語). American Journal of Physics 73 (7): 590–597. Bibcode2005AmJPh..73..590S. doi:10.1119/1.1858479. http://www.patarnott.com/atms749/pdf/blueSkyHumanResponse.pdf. 
  11. ^ 山内豊太郎. “誘電関数って何だ? : 3. 光と電子はダンスを踊る”. 徒然「光」基礎講座. 有限会社テクノ・シナジー. 2023年3月12日閲覧。
  12. ^ a b 山内豊太郎 (2008年3月). “なぜ夕日は赤く、空は青いのですか?”. 理科年表Q&A 気象部. 理科年表オフィシャルサイト(丸善出版、国立天文台). 2023年3月12日閲覧。
  13. ^ a b Chapter 3: Radiation and Temperature”. Anchorage, Alaska: National Weather Service (2005年7月15日). 2011年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月15日閲覧。
  14. ^ 薄明”. 暦Wiki. 国立天文台天文情報センター暦計算室. 2023年3月11日閲覧。
  15. ^ 荒木健太郎 『雲の中では何が起こっているのか』第2版、ベレ出版、2014年 ISBN 978-4-86064-397-3 pp.111-112.


「空」の続きの解説一覧

空中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/30 07:51 UTC 版)

ガロン (ヴァンパイア)」の記事における「空中」の解説

前方斜め下に向かって突進する。距離は変わらないが、強のほうがより早いガードキャンセル対応している

※この「空中」の解説は、「ガロン (ヴァンパイア)」の解説の一部です。
「空中」を含む「ガロン (ヴァンパイア)」の記事については、「ガロン (ヴァンパイア)」の概要を参照ください。


空中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 00:48 UTC 版)

1925年1月24日の日食」の記事における「空中」の解説

この皆既日食観測するため、皆既帯で多数観測地が設置された。また、より良い観測角度を得るため、飛行機と和飛行船飛ばされた。 1924年12月アメリカ合衆国旧陸軍省は空中の撮影計画提案した1833年から1922年までの全てのコロナ写真大気層内で撮られコロナ写真背景違いははっきりではなかった。13,000フィート (4,000 m)以上の高さに大気塵が少ないため、15,000 - 18,000フィート (4,600 - 5,500 m)が最適高度だと推測された。 飛行船ロサンゼルス日食時に飛ばされた。科学学会の8人のメンバー総重量約2,200ポンド (1,000 kg)の観測機械とカメラ持ち込んだため、乗組員人員数削減した観測隊は14の項目に焦点当てた:月の精確な直径、月の精確な軌道相対性理論現象コロナ光源コロナ成分他の性質太陽中にある新し元素化合物探査日食地磁気への影響日食大気層電気的性質への影響コロナ周辺の空の光度日食電波への影響、シャドーバンド(英語版)の成因、月の表面の特徴彗星探し水星軌道のさらに内側にある惑星探し飛行船は8,000フィート (2,400 m)の高さまで上昇し皆既食の時はロングアイランドのモントーク(英語版)の約18.75マイル (30.18 km)東の上にあったハーバード大学天文学者アメリカ空軍協力を受け、飛行機乗ってミッチェル空軍基地英語版)を出発し15,000フィート (4,600 m)の高さで皆既日食観測した途中で飛行船ロサンゼルス見た

※この「空中」の解説は、「1925年1月24日の日食」の解説の一部です。
「空中」を含む「1925年1月24日の日食」の記事については、「1925年1月24日の日食」の概要を参照ください。


空中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 02:14 UTC 版)

ゼビウス3D/G」の記事における「空中」の解説

ウォーブリア 五角形のような空中物海中から出現し自機目がけて2方向光線放つ耐久力があり、何発も攻撃しない倒せない。出現する場所は固定されている。 セラビサイト 出現場所固定突如ワープして登場縦に長いレーザーを横に敷くように移動しながら左右端を使い切って伸ばしてくる。端まで伸ばし終わると再度ワープして消え去っていく。 エスカリオ カピ・ネーリオ 名前通り初代ゼビウスから登場しているカピ亜種形状似ているが、出現するとすぐに上空飛んで去っていくカピ異なり出現するとしばらく画面内に留まり連続してスパリオ弾を撃ってくる。機体サイズカピより数回大きい。 マーフィキュード セッジオ ゼラスト ドルシーク 後部ウイング二つ付いた台形に近い形をした空中物耐久力があり、何発も攻撃しない倒せない。出現する場所は基本的に固定難易度ランク上昇によっては更に出現場所増えることもある。 フィラステータ 出現場所固定五角形状の敵で五つの角の先端付いた針状レーザー砲から、それぞれ五方向へ、直進する速いレーザー回転しながら三回放ってくる。上空から垂直に降りてきて登場しレーザーを三回放つまた上空へ飛んで去っていく。 サイス 出現場所固定上空から降り注ぐレーザー。敵ではなくレーザーによる攻撃であるため、破壊することができない内部ランク難易度が高いと数が増える

※この「空中」の解説は、「ゼビウス3D/G」の解説の一部です。
「空中」を含む「ゼビウス3D/G」の記事については、「ゼビウス3D/G」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「空中」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

空中

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:56 UTC 版)

名詞

くうちゅう

  1. 地面から離れている空間

「空中」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



空中と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「空中」の関連用語

空中のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



空中のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2024 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガロン (ヴァンパイア) (改訂履歴)、1925年1月24日の日食 (改訂履歴)、ゼビウス3D/G (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの空中 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS