はなれるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > はなれるの意味・解説 

はな・れる【放れる】

[動ラ下一[文]はな・る[ラ下二《「離れる」と同語源》

つながれていた動物などが逃れて自由になる。「が鎖から—・れる」

固定されているものがはずれて動きだす。「矢が弦を—・れる」「糸から—・れた凧(たこ)」

束縛から解かれ自由になる。「やっと子供から手が—・れた」


はな・れる【離れる】

[動ラ下一[文]はな・る[ラ下二

くっついているものの一方動いて別々になる。「足が地を—・れる」「雀が電線から—・れる」

あるものとの間に隔たりができる。その位置から遠ざかる。「一メートル—・れて立つ」「少し—・れて絵を鑑賞する」「持ち場を—・れる」「故郷を—・れる」

二つのものが隔たって存在する間にかなりの距離がある。「家と学校とはだいぶ—・れている」「人里—・れた一軒家

二つ数値地位などに隔たりがある。「年の—・れた弟」「トップ大きく—・れる」

夫婦親子など、一つあるもの別々になる別れる。「家族が—・れて暮らす」

関係がなくなる縁が切れる。「俗世を—・れる」「損得を—・れて面倒をみる」「話が本筋から—・れる」「—・れられない仲」

信頼情愛を失う。「人心が—・れる」「恋人から気持ちが—・れる」

㋒ある事柄に対する思いがなくなる。「仕事のことが頭から—・れない」

職務仕事をやめる。「戦列を—・れる」「会長職を—・れる」

戸などが開いた状態になる。あく。

格子探り給へば、—・れたる所もありけり」〈狭衣・二〉

除かれる除外する

琴の音を—・れては、何事をか物をととのへ知るしるべとはせむ」〈源・若菜下


読み方:はなれる

  1. 死スルコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・岡山県
  2. 死ぬ。〔岡山県〕 世を離れるの意か。

分類 岡山県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

はなれる

出典:『Wiktionary』 (2021/07/30 09:11 UTC 版)

動詞

はなれる離れる

  1. (自動詞) 結合していたものが、分かれる結合ける。
  2. (自動詞) 遠ざかる

活用

発音(?)

東京アクセント
は↗なれ↘る
京阪アクセント
↗はなれる

類義語

対義語

関連語

派生語

翻訳





※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「はなれる」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

はなれるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



はなれるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのはなれる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS