停止とは? わかりやすく解説

ちょう‐じ〔チヤウ‐〕【停止】

読み方:ちょうじ

[名](スル)さしとめること。ていし。

公請(くじゃう)を—し、所職没収せらる」〈平家・六〉


てい‐し【停止】

読み方:ていし

[名](スル)

動いていたもの途中で止まること。また、止めること。「心臓の鼓動が—する」「車を—する」

していたことを一時やめること。また、差し止めること。「作業を—する」「営業処分

骨格筋の端が骨などに付着する所で体の中心から遠い方、またはその筋肉が収縮したときに大きく動く方をいう。また、筋肉そこからもう一方の端に向かって伸びていること。「大腰筋大腿骨に—する」→起始


停止

読み方:チョウジ(chouji)

物事さしとめること。また、やめること。


停止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 06:12 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「停止」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「停止」を含むページの一覧/「停止」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「停止」が役に立つかも知れません。

関連項目



停止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 12:55 UTC 版)

操船術」の記事における「停止」の解説

通常の船舶ではブレーキ存在しないため、航走状態から停止するにはエンジン逆回転するなり、ギヤ逆回転位置にするなり、可変ピッチプロペラ・スクリューを逆ピッチにするなりしてスクリュー生み出す水流後進方向変えることでブレーキ働き行なわせている。 危険回避などでこのような全速後進を行うことを「クラッシュ・アスターン」と呼ぶ大きな船ではクラッシュ・アスターンでも船の長さ十数倍の距離を進んでしまう。 スクリュー通常とは逆方向水流作る時には、舵はほとんど役目果たさなくなる。 停止のための逆進行なわずにいれば、大型船ではエンジン切って3km程は惰性で進む。

※この「停止」の解説は、「操船術」の解説の一部です。
「停止」を含む「操船術」の記事については、「操船術」の概要を参照ください。


停止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 20:43 UTC 版)

Deletionpedia」の記事における「停止」の解説

最後の閲覧可能なログにて取得され記事2012年6月14日付のアニメフェスティバル・ウィチタ(英語版)だった。 オリジナルコンテンツは現在も閲覧できる

※この「停止」の解説は、「Deletionpedia」の解説の一部です。
「停止」を含む「Deletionpedia」の記事については、「Deletionpedia」の概要を参照ください。


停止

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 09:34 UTC 版)

ブリジット (GUILTY GEAR)」の記事における「停止」の解説

その場で火花出して急停止する。

※この「停止」の解説は、「ブリジット (GUILTY GEAR)」の解説の一部です。
「停止」を含む「ブリジット (GUILTY GEAR)」の記事については、「ブリジット (GUILTY GEAR)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「停止」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

停止

出典:『Wiktionary』 (2021/08/29 12:44 UTC 版)

名詞

ていし歴史:ちょうじ

  1. 動いていたもの途中止まること。
  2. 一時的に差し止めること。

発音(?)

て↗ーし

関連語

動詞

活用

翻訳


「停止」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「停止」に関係したコラム

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

停止のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



停止のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの停止 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの操船術 (改訂履歴)、Deletionpedia (改訂履歴)、ブリジット (GUILTY GEAR) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの停止 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS