ピッチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ピッチ > ピッチの意味・解説 

ピッチ

英語:pitch

ピッチ(英: pitch)とは、一般的には同じことを続けて行ったり一定間隔繰り返して行ったりする場合速度回数意味するまた、野球において投手球を投げること、音の高さなどを表す際に使われる。ピッチの語源は英語のpitchで「投げる」「設営する」「調節する」「設定するという意味がある

ピッチという語は、ビジネスの場においては短い時間簡潔な言葉で相手提案伝えることを指す。もともとアメリカシリコンバレーにおいて、主に起業目指す若者たち投資家に対する短時間プレゼンテーションがピッチと呼ばれており、それが徐々に日本でもマスコミ広告IT業界などで使われるようになった

ピッチの類義語には「プレゼンテーション」がある。プレゼンテーション特定の顧客に向けて行われることが多いのに対し、ピッチは初めて会う相手不特定多数の人に向けて行われることが多い。また、ピッチは多くの場合その分野興味知識がない相手に向けて行われるため、共感しやすいことや内容わかりやすいこと、簡潔であることが求められる

例文
エレベーターピッチ相手興味を持ってもらう
新規メンバー募集のためにピッチを実施する
プレゼンから大事なポイント絞ってピッチ資料作成する

ピッチ【pitch】

読み方:ぴっち

コールタール石油・木(もく)タールなどを蒸留したあとに残る黒色物質。ふつうコールタールピッチをさす。練炭舗装材防水材などに利用


ピッチ【pitch】

読み方:ぴっち

同じことを繰り返したり一定の間隔物事行ったりするときの速度回数また、仕事作業能率。「酒の―が上がる」「工事を急―で進める」

ボートで、1分間オールをこぐ回数

ランニング水泳で、一定時間当たりの歩数あるいは水をかく回数

プロペラなどの一回転で進む距離。

ねじ・歯車の、隣り合う二つねじ山あるいは歯の間隔また、コイルばねの線の間隔

登山岩壁などを登る際の、確保地点から確保地点までの間隔。「岩棚ごとに―を切る」

音の高さ高低度合い。「―アクセント

野球で、投球のこと。ピッチング。「ワイルド―」

サッカーなどのグラウンド

10 プリンター印刷コンピューターディスプレー表示における、文字と文字間隔や行と行の間隔


ピッチ

ピーエッチエス」の略。


ピッチ [pich]

本来は音の高さのことを指すが、レコーディングではテープ速度のことをいう。

PHS

フルスペル:Personal Handyphone System
読み方ピーエイチエス,ピッチ

PHSPHSとは、移動電話サービスのひとつで、1.9GHz帯周波数使用したデジタル方式移動体通信サービスのことである。高音質低料金特徴とする。家庭用コードレス電話機の子機を外に持ち出すという発想で、電波システム開発センター(現、電波産業会)が規格標準化した。サービス開始1995年7月

PHSの基地局は、1局あたりのカバー範囲セル)が半径100500m程度小規模なものにとどめられているため、簡易で安価に設置することができる。このため地下街地下鉄駅などでの基地局設置いち早く進み、特に都市部で携帯電話よりも接続されすいとい状況にある。また、通信料金端末価格廉価であることもPHSの特徴をなしている。

サービス開始当初は、PHSの基地局カバーするエリアが狭いため、サービスエリア拡大時間がかかり、屋内で利用向かないといった難点があった。さらに基地局間での通話情報引き渡しハンドオーバー)に時間がかかり、最大で2~3秒程度通信途切れるとされた。しかし1999年頃からは、これらの難点改善されはじめ、安定した機種増えている。

PHSはその利用しやすさから急速に普及しサービス開始から2年余りで700万人以上の加入者獲得した。しかし携帯電話低価格化普及に伴って、総加入者数は減少一途辿っている。NTTドコモなどもPHS事業から撤退してしまった。

1997年4月からはPIAFS方式による32kbpsの高速データ通信サービス開始1999年4月に64kbpsのデータ通信サービス開始された。最近では携帯情報端末PDA)やノートパソコン接続して高速データ通信を行う無線モデムのしての機能特化し携帯電話との差異化図られている。現在の主なPHSサービスとしては、ウィルコム(旧DDIポケット)が提供しているAIR-EDGE」(旧AirH")や、ケイ・オプティコム提供しているeo64エア」などがある。




※画像提供 / 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
参照リンク
WILLCOM
ケイ・オプティコム
携帯電話のほかの用語一覧
PHS:  MOZiO  マイクロセル  モジトーク  PHS  PIAFS  PRIN  PメールDX

ピッチ(タイヤ)

英語 pitch

タイヤトレッドの模様は、イ以たような模様周上繰り返し並べられている。この繰返し単位をピッチと呼ぶ。このピッチは、一見同じ寸法のものが繰り返されているようにみえるが、実際には複数異なる周方向長さのピッチが複雑な順に並べられている。これは、パターンノイズ呼ばれる騒音改良するためのものである

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ピッチ pitch

同じ形の物が等間隔に並んでいるとき、その間隔を表す寸法をいう。 管と管の間の距離を配管列のピッチといい、フィン付き冷却管フィンフィン間の距離をフィンピッチなどと称される

ピッチ

ぴっち

ピッチはガラスなどのポリシング用の磨き皿ポリシャ材料として、ニュートン時代から最近まで使用されてきた。アスファルト石油系)、タールピッチ(石炭系)、ウッドピッチ(木材系)があり、高温態で空気吹き込んで酸化進めて変形押えたブローンアスファルトもある。

ピッチ[pitch]

音の高さのこと。音の高さ音の持つ周波数によって決まる。

ピッチ

名前 PíčPitch

ピッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 09:32 UTC 版)

ピッチ(pitch)とは、




「ピッチ」の続きの解説一覧

ピッチ(第1条)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 00:57 UTC 版)

「フットサル」記事における「ピッチ(第1条)」の解説

大きさ: (縦) 38 - 42 [m]×(横) 18 - 25 [m] (国際大会ラインの幅: 8 [cm] ピッチの外縁: 境界ラインマークし長い方をタッチライン、短い方をゴールラインとする。 ピッチの中央部: ピッチを半分ずつ分けハーフウェイラインを引き、その中心にセンターマーク、さらにセンターマーク中心にして半径 3 mの円を記す。 ハーフウェイライン: ピッチを半分ずつ分ける線 ペナルティエリア: それぞれのゴールポスト中心に半径 6 mの四分円描きそれぞれのを結ぶペナルティマーク: ゴールポスト中央から 6 m地点第2ペナルティマーク: ゴールポスト中央から 10 m地点コーナーアーク: それぞれのコーナー半径 25 cm四分円を描く。 交代ゾーン: フットサル試合中交代認められるこの時交代行なうエリアハーフウェイラインからそれぞれ 5 m地点から始まり長さ 5 m, 幅 80 cmエリア長さ 80 cmマーキングで示す。 ゴール: (高さ) 2 [m]×(幅) 3 [m]×(奥行き) 1 [m] ピッチの表面: 滑らかかつ平坦なものとされている天然芝人工芝国際大会では認められていない

※この「ピッチ(第1条)」の解説は、「フットサル」の解説の一部です。
「ピッチ(第1条)」を含む「フットサル」の記事については、「フットサル」の概要を参照ください。


ピッチ(Pitch)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 23:26 UTC 版)

GHOST GIRL ゴーストガール」の記事における「ピッチ(Pitch)」の解説

第28話初出イーストイレブン序列8位。道化師恰好をした小柄で糸目男性

※この「ピッチ(Pitch)」の解説は、「GHOST GIRL ゴーストガール」の解説の一部です。
「ピッチ(Pitch)」を含む「GHOST GIRL ゴーストガール」の記事については、「GHOST GIRL ゴーストガール」の概要を参照ください。


ピッチ(pitch)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 09:06 UTC 版)

アメリカンフットボールの用語集」の記事における「ピッチ(pitch)」の解説

ボールキャリアーラテラルパス意図してボール横に放ること。

※この「ピッチ(pitch)」の解説は、「アメリカンフットボールの用語集」の解説の一部です。
「ピッチ(pitch)」を含む「アメリカンフットボールの用語集」の記事については、「アメリカンフットボールの用語集」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ピッチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ピッチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ピッチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピッチ」の関連用語

ピッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPHSの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2022 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2022 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフットサル (改訂履歴)、GHOST GIRL ゴーストガール (改訂履歴)、アメリカンフットボールの用語集 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS