関連表現とは? わかりやすく解説

関連表現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 18:45 UTC 版)

憎悪」の記事における「関連表現」の解説

愛憎あいぞう)。「愛することと、憎むこと」である。愛と憎しみ一対ワンセットにした表現。人は、子供のころは、ある対象に対して愛ばかりを感じたり、反対に憎しみばかりを感じるが(心理学用語で言う「スプリッティング」な状態)、大人になると成長してアンビバレントになり、同じ対象Aに対して愛情感じつつも、同時に憎しみ感じる、という状態にもなる。こういう状態を日本語では昔から、「愛憎相半ばする」(あいぞう あいなかば すると言う大人男女恋愛では、相手深く愛すれば愛するほど、相手ちょっとした言葉態度自分の心のやわらかいところ、一番痛いと感じところにグサリと刺さるよう感じられて、(愛しているはずなのに)同時に強い憎しみ感じるものである恋人同士だけでなく、結婚した男女夫婦でも、愛憎相半ばする」状態の人々は多い。夫婦一般に愛し合っているのか?、憎みあっているのか?、と言うと、大抵の夫婦は、「愛し合いつつ、憎みあっている」わけであり、別の言い方をすると「愛しているからこそ憎んでいる」。 「嫌悪(けんお)」とは、「憎み嫌うこと」である。「憎しみ」や「憎悪」とほぼ同義語であるが、やや程度が軽いものを指すことが多い。「厭悪(えんお)」とも。 「毛嫌い」は、「(鳥獣相手の毛なみによって 好き/嫌い することから)何という理由もなく、ただ嫌うこと」である。

※この「関連表現」の解説は、「憎悪」の解説の一部です。
「関連表現」を含む「憎悪」の記事については、「憎悪」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「関連表現」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「関連表現」の関連用語

関連表現のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



関連表現のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの憎悪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS