音の高さとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 音の高さの意味・解説 

音の高さ

英語 pitch

音の感覚に関する性質のひとつで、高低表現される音の高き主として音の周波数依存し周波数が高いほど高い音に感ずる。また音圧波形などにも関係する。音の高さに関する感覚については、ある音を正常な聴覚をもつ人が聞いて特定音圧純音周波数基準にして何倍に聞こえるかという主観的リニア尺度設けられている。単位メル(mel)を用いる。音圧レベルが40dBで周波数が1000Hzの純音の高さを1000メルとし、正常な聴覚の人が1000メルのn倍の高さと判断する音の高さをn×1000メルとしている。

参照 音圧レベル
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

音高

(音の高さ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 06:36 UTC 版)

音高(おんこう)、ピッチとは、


  1. ^ "音の高さ,ピッチ 聴覚にかかわる音の属性の一つで,低から高に至る尺度上に配列される。" JIS Z 8106:2000
  2. ^ "ピッチは音の高さに対応する心理量であり" 森勢 (2011). 2-2 基本周波数推定. 電子情報通信学会『知識の森』.
  3. ^ "高さの心理量として,比率尺度であるメル(mel)があり" 二階堂 (1980). 音の物理量と心理量. 計測と制御 Vol.19, No.3.
  4. ^ "メル 音の高さの単位。正面から提示された,周波数1000Hz, 音圧レベル40dBの純音の高さを1000メルとする。" JIS Z 8106:2000
  5. ^ "被験者が1000メルのn倍の高さと判断する音の高さがn×1000メルである。" JIS Z 8106:2000
  6. ^ "ピッチに相当する物理量の基本周波数" 森勢 (2011). 2-2 基本周波数推定. 電子情報通信学会『知識の森』.
  7. ^ "短音では音の高さが明確でなくなる ... トーンピッチ ... クリックピッチ" 峯松. 音響音声学. 東京大学.
  8. ^ "古くからピッチは単に1次元的な性質だけでは説明できないことが指摘されており,ピッチのらせん構造的な性質が示唆されてきました。" 大串 (2017). 音のピッチ知覚について ——ミッシングファンダメンタル音のピッチを巡って——.
  9. ^ "1オクターブ周期の循環的性質の両者を併せ持っています。... トーンクロマあるいはピッチクラスと呼びます。" 大串 (2017). 音のピッチ知覚について ——ミッシングファンダメンタル音のピッチを巡って——.
  10. ^ "音楽的ピッチあるいは旋律的ピッチということがあります。" 大串 (2017). 音のピッチ知覚について ——ミッシングファンダメンタル音のピッチを巡って——.
  11. ^ 最相 (1998) pp.170-171
  12. ^ "循環的な位置が同じ音[基本周波数が 2n 倍(n:整数)だけ異なる楽音]どうしは同一のピッチクラスに属し,同じ音名(C, D, E など)で呼ばれています。" 大串 (2017). 音のピッチ知覚について ——ミッシングファンダメンタル音のピッチを巡って——.
  13. ^ "このモデルはおおよそ 30~4,000 Hz の範囲で成り立ちます。4,000 Hz を超えるとトーンクロマの感覚が希薄になり旋律を構成することが困難になってきます" 大串 (2017). 音のピッチ知覚について ——ミッシングファンダメンタル音のピッチを巡って——.
  14. ^ 宮崎. (1999). 絶対音保有者の音楽的音高認知過程.
  15. ^ Miyazaki, K. (1989). Absolute Pitch Identification: Effects of Timbre and Pitch Region. Music Perception: An Interdisciplinary Journal, 7(1), 1–14. doi:10.2307/40285445


「音高」の続きの解説一覧

「音の高さ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

音の高さのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音の高さのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音高 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS