音の強さとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 音の強さの意味・解説 

音の強さ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

おとのつよさ 音の強さ

音の進行方向垂直な単位面積単位時間に通過す音のエネルギー通常デシベル単位dB)で表し次式定義される
音の強さ(dB)=10log10(l/l 0
l    :ある音の強さ
l 0  :基準の音の強さ

音の強さ

騒音とは人間不快感感じる音、すなわち、大きすぎる音、嫌な音色の音、突発的な音などを総称するが、一般的に大きな音を騒音ということが多い。

音には必ず発生源があり、固体面が振動している場合と、空気面の乱れ原因となっている場合とがある。固体面や空気面に強制力作用して振動乱れ発生すると、この面接している空気疎密波生じ、これが音波となって伝播鼓膜振動させ神経経て大脳達し音として感じさせる

音波伝播する速度音速といい、空気中の場合は近似的に次の式で求められる

C = 331.5 + 0.61 t(C : 音速 m/秒、 t : 温度

従っ常温 t = 1015では C = 340 m となる。

音源から毎秒放射される音波エネルギー音響出力といいPで表す。

音波単位面 1 m2毎秒通過するエネルギーを音の強さといい、記号(J)単位は W/m2 を使う。

音波圧力音圧といい P で表し単位N/m2 で表す。

音の強さ、音圧表現は J または P 表示では桁数多くなって不便なため、これを統括して簡単な数字で表す目的をもって音圧レベルという言葉用いデシベルdB)という単位与えた

dB単位とする量をレベルと呼ぶ

音の強さ、音圧音圧レベルとの関係は下記の通り

音の強さ(Wm2
音圧レベルdB
音圧N/m2
10-4
80
2 × 10-1
-
94
1
10-2
100
2
10-1
110
-
-
104
10
1
120
20

音の強さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/28 23:21 UTC 版)

音の強さ: sound intensity)は単位面積を通過する音波がもつ単位時間あたりのエネルギー量を示す物理量である[1]。音響インテンシティとも。


  1. ^ "音の強さ ... 指定された方向に垂直な面を通過する音響エネルギー束をその面積で除した値。... sound intensity" JIS Z 8106:2000


「音の強さ」の続きの解説一覧

「音の強さ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

音の強さのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音の強さのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音の強さ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS