音圧とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 音圧の意味・解説 

おん あつ [0] 【音圧】

媒質中に音波が存在するときの媒質圧力変動部分。通常は、時間の経過につれて大きさ変化するので、交流の電流・電圧と同様に実効値で表す。日常聞く音は0.1パスカルくらいである。

音圧 (Sound Pressure)

スピーカー振動板前後に動くと振動板に接した空気の粒子が動き、隣接す空気の粒子の振動として次々に伝えられ音波として広がっていく。この時ある点の空気圧力を見ると平静時の大気圧中心にして気圧わずかに変動していることになる。この気圧の変化を音圧という。耳に感じる音の大きさは音圧に関係する。耳が音として感じ始める最も小さな音圧である20マイクロパスカルを音圧の基準にして音圧レベル0デシベルdB)とする。

音圧

英語 sound pressure

媒質中を音波が通過するとき、媒質の粒子が振動し、媒質内の圧力上昇し降下する。その圧力変化量、すなわち、音波によって生ず媒質内圧力の静圧からの変化量を音圧と呼ぶ。瞬時値、波高値、実効値で表すが、とくに指定がないかぎり、ある時間内の実効値で表す。単位記号はPa(N/m2)。

参照 音圧レベル
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

おんあつ 音圧 sound pressure

音が空気中を伝わる時に起こる空気圧力変化をいう。 単位:μ bar(マイクロバール)、dyn/cm2(ダイン/平方センチ)。

音圧

音波による大気圧対す圧力変動を音圧といい、パスカルPa=N/m2)単位で表わす。

≫ 総合カタログ 技術資料編「板ガラスと遮音」
  (PDFファイル 604KB/4ページ)

音圧

騒音とは人間が不快感感じる音、すなわち、大きすぎる音、嫌な音色の音、突発的な音などを総称するが、一般的に大きな音を騒音ということが多い。

音には必ず発生源があり、固体面が振動している場合と、空気面の乱れ原因となっている場合とがある。固体面や空気面に強制力作用して振動乱れが発生すると、この面に接している空気疎密波が生じ、これが音波となって伝播し鼓膜を振動させ神経を経て大脳達し音として感じさせる。

音波が伝播する速度を音速といい、空気中の場合は近似的に次の式で求められる。

C = 331.5 + 0.61 t (C : 音速 m/秒、 t : 温度

従って常温 t = 1015 では C = 340 m となる。

音源から毎秒放射される音波のエネルギーを音響出力といい P で表す。

音波が単位面 1 m2を毎秒通過すエネルギーを音の強さといい、記号は(J)、単位は W/m2 を使う。

音波の圧力を音圧といい P で表し、単位N/m2 で表す。

音の強さ、音圧の表現は J または P 表示では桁数多くなって不便なため、これを統括して簡単な数字で表す目的をもって音圧レベルという言を用い、デシベルdB)という単位与えた。

dB単位とする量をレベルと呼ぶ。

音の強さ、音圧、音圧レベルとの関係は下記通り

音の強さ(Wm2
音圧レベルdB
音圧(N/m2
10-4
80
2 × 10-1
-
94
1
10-2
100
2
10-1
110
-
-
104
10
1
120
20

音圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/26 06:46 UTC 版)

音圧(おんあつ)とは、による圧力の大気圧からの変動分である[1]。単位はパスカル (Pa) である。


  1. ^ a b 大野進一; 山崎徹 『機械音響工学』 森北出版、2010年、13頁。ISBN 978-4-627-66751-8 


「音圧」の続きの解説一覧



音圧と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音圧」の関連用語

音圧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音圧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2019 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子日本板硝子
(C) 2019 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2019 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音圧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS