MAPとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 地図 > MAPの意味・解説 

マップ

【英】map

マップとは、「地図」を意味する英語である。地図情報提供するサービス名称として多く用いられている。

機能名・サービス名として単に「マップ」の呼称用いている代表的な例としてAppleiOS向けに提供する「マップ」がある。Google提供する地図サービスは「Googleマップ」、Microsoft提供する地図サービスは「Bing Maps」(Bingマップ)という。

地図作成すること」を、「マップ」を動詞化して「マッピング」(mapping)という。これは地図データだけでなく、特定のデータ動詞対応付けたり、3DCGテクスチャー貼り付けたりといった意味合いでもよく用いられる

ネットワークシステムのほかの用語一覧
位置情報:  ガリレオ  国土数値情報  ココセコム  マップ  ナビタイム  OGC  POIX

<map> 〜 </map> マップタグ

HTML仕様: HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
name 名前: マップの名前を指定する
汎用属性 idclasslangtitlestyle属性など

map要素は、imgobjectarea などの要素連携して クライアント・サイド・イメージマップ を構成します連携先は img要素usemap属性値に参照されますHTML4.01では、この要素内にブロックレベル要素配置することができ、画像含まずテキストのみの構成可能です

※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

MAP


マルコフ型到着過程


塩酸マプロチリン

分子式ClH C20H23N
その他の名称Ba-34276、マプロチリン塩酸塩ルジオミール、塩酸マプロチリン、Ludiomil、Ludiomil comprimes、Ludiomil tab、Map、Maprolu、Maprotiline HCl、Maprotilina、Maprotiline hydrochloride、クロンモリン、Cronmolin、ノイオミール、Neuomil、マプロミール、Mapromil
体系名:N-メチル-9,10-エタノアントラセン-9(10H)-(1-プロパンアミン)・塩酸塩


酢酸メドロキシプロゲステロン

分子式C24H34O4
その他の名称アメン、デポロン、プロベラ、オラゲスト、クリノビール、ゲスタプラン、ゲスタプロン、ベラミックス、ペルルテックス、デポークリノビール、メドロキシプロゲステロンアセタート、MAP、Amen、Oragest、Provera、Veramix、Clinovir、Deporone、Perlutex、NSC-26386、Gestapuran、Gestapuron、Depo-Clinovir、Medroxyprogesterone acetate17α-(Acetyloxy)-6α-methylpregn-4-en-3,20-dione、17α-Acetoxy-6α-methylprogesterone、17-Acetoxy-6α-methylpregn-4-ene-3,20-dione、17α-(Acetyloxy)-6α-methylpregn-4-ene-3,20-dione、17α-Acetoxy-6α-methylpregn-4-ene-3,20-dione、ヒスロン、Hysron、酢酸メドロキシプロゲステロン、6α-Methyl-17-acetoxyprogesterone、6α-Methyl-17α-acetoxyprogesterone、ヒスロンH、Hysron-H、Acetic acid medroxyprogesteroneメドロキシプロゲステロン酢酸エステル、プロゲストン、Progeston、ネルフィン、Nerfin、メドキロン、Medkiron、アラゲスト、Aragest、アラゲスト5、Aragest 5、アスコナール、Asconale、CBP-1011、クリノフェン、Clinofem、コリレスト、Colirest、クルレタブ、Curretab、シクリン、Cycrin、デポプロダソン、Depo-Prodasone、デポプロゲスチン、Depo-progestin、デポプロモン、Depo-promone、デポプロベラ、Depo-Provera、デポラロベラ、デポメドロキシプロゲステロンアセタート、Depomedroxyprogesterone acetate、Depo-Ralobera、Depot-medroxyprogesterone acetateDMPA、ファルルタル、Farlutal、ファルルチン、Farlutin、G-ファルルタール、G-Farlutal、ヘマトロール、Hematrol、インジビナ、Indivina、ルトポラー、Lutopolar、メドプロ、Med-Pro、ルトラル、Lutoral
体系名:17-アセチルオキシ-6α-メチルプレグナ-4-エン-3,20-ジオン、6α-メチル-17α-ヒドロキシプロゲステロンアセタート、17-アセトキシ-6α-メチルプレグナ-4-エン-3,20-ジオン17α-(アセチルオキシ)-6α-メチルプレグナ-4-エン-3,20-ジオン17α-アセトキシ-6α-メチルプレグナ-4-エン-3,20-ジオン17α-アセトキシ-6α-メチルプロゲステロン、6α-メチル-17-アセトキシプロゲステロン、6α-メチル-17α-アセトキシプロゲステロン


Map

名前 マップ

MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 01:22 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

MAP



マップ

(MAP から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 08:57 UTC 版)

マップ(map)




「マップ」の続きの解説一覧

地図

(MAP から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/08 03:02 UTC 版)

地図(ちず、: map[1]マップ、chart[1]チャート)とは、地球表面の一部または全部を縮小あるいは変形し、記号文字などを用いて表した図。


注釈

  1. ^ 先駆的な例としてロンドン地下鉄路線図がある
  2. ^ このようにビットマップ形式以外のデータをビットマップ化することをラスタライズと言う。

出典

  1. ^ a b c d ブリタニカ百科事典「地図」
  2. ^ 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.37 1951年 古今書院
  3. ^ 柴崎 (2008):34ページ
  4. ^ a b c 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.38 1951年 古今書院
  5. ^ 竹内・杉浦 編 (2001):316ページ
  6. ^ 灰谷 (1958):17 - 18ページ
  7. ^ 灰谷 (1958):20ページ
  8. ^ 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.181 1951年 古今書院
  9. ^ 飯田剛彦「古代の地図」館野和己・出田和久 編『日本古代の交通・流通・情報 3 遺跡と技術』(吉川弘文館、2016年) ISBN 978-4-642-01730-5 P322-353
  10. ^ ソ連発表の地図に異変 西部の町、鉄道位置が大移動 核攻撃を想定し偽装?『朝日新聞』1970年(昭和45年)2月4日朝刊 12版 14面
  11. ^ a b c d e f g h i 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.40 1951年 古今書院
  12. ^ 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.40-41 1951年 古今書院
  13. ^ a b c d e f g 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.41 1951年 古今書院
  14. ^ Google マップ ベータ
  15. ^ goo 地図
  16. ^ Yahoo!地図
  17. ^ MapFan Web
  18. ^ マピオン
  19. ^ Bing Maps
  20. ^ NAVIEW
  21. ^ FLASH EARTH
  22. ^ MAPION LABs



MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 02:17 UTC 版)

シャッフルファイト」の記事における「MAP」の解説

MAPは双六のようなマス繋がった形式で、自軍駒を進めて敵の基地占領目指す対戦モードでは基地他に都市存在し占領することができる。敵の駒と接触する戦闘になる。 駒は、自軍首都生産コマンドを使うことで、国力消費して1ターン一つ生産することができる。保持できる駒の数は最大で6つ。駒は国力を1消費することで1ターンに1マス移動させることができるが、自軍同士隣接したマスにいる場合ダイアモンドゲームのように一つの駒だけ跨いで進めることができる。

※この「MAP」の解説は、「シャッフルファイト」の解説の一部です。
「MAP」を含む「シャッフルファイト」の記事については、「シャッフルファイト」の概要を参照ください。


MAP(minimum audible pressure、最小可聴音圧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/15 16:55 UTC 版)

最小可聴値」の記事における「MAP(minimum audible pressure最小可聴音圧)」の解説

鼓膜での最小可聴圧を測定する方法

※この「MAP(minimum audible pressure、最小可聴音圧)」の解説は、「最小可聴値」の解説の一部です。
「MAP(minimum audible pressure、最小可聴音圧)」を含む「最小可聴値」の記事については、「最小可聴値」の概要を参照ください。


MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 09:46 UTC 版)

ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の記事における「MAP」の解説

3Dダンジョン通過した所を地図として見る事ができる。ミーバロス隠されている

※この「MAP」の解説は、「ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の解説の一部です。
「MAP」を含む「ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の記事については、「ゾイド2 ゼネバスの逆襲」の概要を参照ください。


MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 23:36 UTC 版)

センチュリオン (戦車)」の記事における「MAP」の解説

ヨルダンKADDBセンチュリオン改造した兵員輸送車兵員乗降口車体左前方と後方に存在する

※この「MAP」の解説は、「センチュリオン (戦車)」の解説の一部です。
「MAP」を含む「センチュリオン (戦車)」の記事については、「センチュリオン (戦車)」の概要を参照ください。


MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 17:30 UTC 版)

キャラバン (ゲーム)」の記事における「MAP」の解説

マップ上移動できる場所は今のところ6か所ある。レベル5,6ダンジョンバージョンアップによって公開される予定マップ内は自由に移動することができる。そのため、行動する場所、攻略するダンジョン制限はないが、レベルの高いダンジョン初期のころでは攻略不可な場所が多いのでダンジョンレベルに沿って動くのがいい。1日動くこと出来回数基本的に2回である。

※この「MAP」の解説は、「キャラバン (ゲーム)」の解説の一部です。
「MAP」を含む「キャラバン (ゲーム)」の記事については、「キャラバン (ゲーム)」の概要を参照ください。


MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 14:54 UTC 版)

IPv6移行技術」の記事における「MAP」の解説

Mapping of Address and Port英語版)(MAP)は、CiscoによるIPv6移行技術提案で、A+P(英語版) のポートアドレス変換と、ISP内部IPv6ネットワークの上にIPv4トンネリングを行う技術複合させる2012年9月 (2012-09)現在[update]、MAPはInternet Draft標準化過程(standards-track)の状態にあったIPv4パケットIPv6カプセル化トンネリングする方式がMAP-E (RFC 7597)である。トンネリングではなくNAT64によりトランスレーションヘッダ書き換え)を行う方式はMAP-T (RFC 7599)と呼ぶいずれの方法も、CPE側 (CE)でNAPT実施ステートフル)し、PE側 (BR:Border Relay) はステートレスとなる。

※この「MAP」の解説は、「IPv6移行技術」の解説の一部です。
「MAP」を含む「IPv6移行技術」の記事については、「IPv6移行技術」の概要を参照ください。


$MAP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 05:57 UTC 版)

むにむに」の記事における「$MAP」の解説

18×14マス分のマップテキストで書く。"#"は「壁」や「足場」、"."は「空間」、"F"は「旗」を配置する

※この「$MAP」の解説は、「むにむに」の解説の一部です。
「$MAP」を含む「むにむに」の記事については、「むにむに」の概要を参照ください。


map

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 13:43 UTC 版)

Standard Template Library」の記事における「map」の解説

連想配列順序付けられている実装に付いてsetと同様

※この「map」の解説は、「Standard Template Library」の解説の一部です。
「map」を含む「Standard Template Library」の記事については、「Standard Template Library」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「MAP」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「MAP」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



MAPと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MAP」の関連用語

MAPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MAPのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2023 Active and Company Ltd. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマップの記事を利用しております。
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2023 banban@scollabo.com
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2023 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMAP (改訂履歴)、マップ (改訂履歴)、地図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシャッフルファイト (改訂履歴)、最小可聴値 (改訂履歴)、ゾイド2 ゼネバスの逆襲 (改訂履歴)、センチュリオン (戦車) (改訂履歴)、キャラバン (ゲーム) (改訂履歴)、IPv6移行技術 (改訂履歴)、むにむに (改訂履歴)、Standard Template Library (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS