トンネリングとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > トンネリングの意味・解説 

トンネリング

「トンネリング」とは、心理学や行経済学で使われる用語で、トンネル中にいると外界見えなくなるように、何かに集中しているがゆえに他のことに意識が回らなくなっている状態をいいます。トンネリング状態は、一つの物事に対す集中力は高まっているが、裏を返せばその他のことには注意散漫になっているということ。その視野の狭さによって、新たな問題を引き起こしたり、効率低下につながったりする可能性あります

トンネリング

「トンネリング」とは、心理学や行経済学で使われる用語で、トンネル中にいると外界見えなくなるように、何かに集中しているがゆえに他のことに意識が回らなくなっている状態をいいます。トンネリング状態は、一つの物事に対す集中力は高まっているが、裏を返せばその他のことには注意散漫になっているということ。その視野の狭さによって、新たな問題を引き起こしたり、効率低下につながったりする可能性あります

トンネリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 14:57 UTC 版)

ネットワーク技術におけるトンネリングとは、インターネット等のなんらかのネットワークで接続されている、物理的、または、論理的に離れた2点間を、仮想の回線(トンネル)によりあたかも同一点であるかのように扱えるようにすることである。何らかの通信プロトコルを含むパケット等の全体を、別のレイヤ、あるいは同一のレイヤのプロトコルのデータ(ペイロード)に埋込んで通信するカプセル化(encapsulation) により実現されることが多く、通信したいプロトコルそのままでは通信することが不可能な場合などに利用される。




「トンネリング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トンネリング」の関連用語

トンネリングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トンネリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトンネリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS