サードパーティとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > サードパーティの意味・解説 

サード‐パーティー【third party】


サードパーティ

別名:サードパーティー
【英】third party

サードパーティとは、特定のハードウェアOSソフトウェア、あるいはサービスなどを対象として、それに対応する(プラットフォーム上で動作する、もしくは互換性のある製品販売・提供している、ただし、その対象となっている製品自体開発元販売元ではない企業のことである。つまり、他社製品関連製品販売している企業である。

サードパーティが販売する製品は「サードパーティ製品」などと呼ばれるサードパーティ製品が対応する対象製品開発した当事者企業は「ファーストパーティー」と呼ばれることがあるファーストパーティー開発販売している製品は「純正品」と呼ばれる

例えば、MacMacintosh)やiOSデバイスにおいてはAppleファーストパーティであり、Apple以外の企業はサードパーティに位置づけられる。App Store通じてアプリ配信している企業も、iPhone向けアクセサリー類の販売者も、サードパーティである。なお、Appleによればセカンドパーティ」には製品利用者ユーザー)が該当する。

Windowsマシン場合ハードウェア周辺機器)もソフトウェア極めて多種多様サードパーティ製品が提供されており、ことさらにサードパーティか否か意識する機会多くない。逆にプリンタトナーカートリッジインクカートリッジなどについては、純正品サードパーティ製品互換品)の区別比較意識されやすい。

家庭用ゲーム機分野においてはゲーム機ハードウェア本体開発元を除くゲームソフト開発企業がサードパーティと呼ばれている。ソーシャルゲームにおいても、ソーシャルゲームプラットフォーム運営元を除くパートナー企業がサードパーティと呼ばれている。


参照リンク
他社製品 (サードパーティ製品) とは? - (Apple サポート
企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  ロードマップ  SWOT分析  サテライトオフィス  サードパーティ  セカンドパーティ  縮退運転  社内カンパニー

サードパーティー

(サードパーティ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/29 00:45 UTC 版)

サードパーティー: third party)とは、第三者団体(企業、機関 等)のことである。「サード」は第三者の「第三」であり、非当事者、つまり、当事者からは独立した者ということである。いくつかの場合に使われるが、日本での使用はコンピュータ関連が多い。他分野では「第三者[1]」と訳し分けないことが多い。


  1. ^ : third person
  2. ^ 株式会社QBQ編 『懐かしファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784906735891 p116
  3. ^ a b Cookieについて - マイクロソフト・サポートオンライン
  4. ^ 特集:Webブラウザの安全度をチェック(後編) - SAFETY JAPAN・2005年10月19日
  5. ^ スパイウェア#Cookieとスパイウェアの関係HTTP cookie#トラッキング・クッキーも参照
  6. ^ この語は英語の「trusted third party」の正式な訳語ではあるが、訳語としてあまりにこなれていないこと、TTP自身が「信頼できる」と自称するには抵抗があることから、言い換えられることがある。


「サードパーティー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サードパーティ」の関連用語

サードパーティのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サードパーティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサードパーティの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサードパーティー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS