インターネット広告とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > インターネット広告の意味・解説 

インターネット‐こうこく〔‐クワウコク〕【インターネット広告】


インターネット広告(いんたーねっとこうこく)

インターネット媒介とする商業広告のこと

広告には、看板広告テレビCMなど多くの種類があるが、インターネット爆発的な普及によって、最近ではインターネット上広告普通に見られるようになってきた。中でもバナー広告」は、閲覧者ブラウザ上の画像クリックすることによって、その広告主ホームページにたどり着くことができるようになっているシステムである。

企業ホームページそれ自体広告である場合多く商品情報直売コーナークイズアンケート実施してアクセス数増やすことに力を注いでいる。双方向のやりとりによって顧客名簿蓄積し効率的な商品宣伝ができるとされている

インターネット広告は、ダイレクトメール折り込みチラシ看板CMなど従来広告比較して印刷代や制作費大幅に削減できることがメリットである。電子メールによるダイレクトメール電子DM)と組み合わせて利用することで、より効率的な宣伝効果見込める

しかし、ホームページ上の不必要なバナー広告閲覧者混乱招いたり、流失したメールアドレスリスト使って発送した電子DM多くSPAM迷惑メール)を生み出すといった問題出てきている。

1999年版通信白書」によると、日本におけるインターネット広告の市場規模は、114億円(1998年度となっている。1999年度には200億円に届くとも言われており、今後市場規模拡大していくことだろう。なお、インターネット先進国米国では、日本の10倍以上(19ドル1998年度となっている。

(2000.02.26更新


インターネット広告


インターネット広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/05 23:48 UTC 版)

インターネット広告(インターネットこうこく、英語: online advertising)とは、インターネットのウェブサイト(ポータルサイトなど)やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。「ネット広告」と略されるほか、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。


  1. ^ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社. “ネット広告の定義と種類”. 2009年12月27日閲覧。
  2. ^ 世界広告費、ネットが初めてテレビを上回る
  3. ^ 電通『2019年 日本の広告費』
  4. ^ 電通『2021年 日本の広告費』
  5. ^ 米シスコ、ユーチューブから広告撤退=幹部”. ロイター (2018年5月11日). 2018年5月19日閲覧。
  6. ^ Adblockで広告を非表示にしている人にはページを見せないようにする「Anti Adblock」” (日本語). ライブドアニュース. 2019年6月25日閲覧。
  7. ^ GoogleやAmazonは広告を消す拡張機能「AdBlock Plus」にお金を払って広告を表示させていることが明らかに”. Gigazine (2015年2月3日). 2020年11月7日閲覧。
  8. ^ ネット上の記事から広告を消すAdblockは合法であると裁判官が判断した理由
  9. ^ ユニリーバ、FBなど3大SNSで広告停止 米国で年末まで”. AFP (2020年6月27日). 2020年6月21日閲覧。
  10. ^ “憲法審で与野党「ネット広告の規制議論すべき」”. テレビ朝日. (2019年11月29日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/amp/000170379.html 2020年7月22日閲覧。 
  11. ^ “政府、ネット広告の適正化に本腰”. 共同通信. (2020年6月16日). https://this.kiji.is/645431350978724961 2020年7月22日閲覧。 
  12. ^ “政府、ネット広告規制で相場下落か?! 加藤公一レオ氏「効果のない媒体の排除も」”. マイナビニュース. (2020年6月25日). https://news.mynavi.jp/article/20200625-1067707/ 2020年7月22日閲覧。 
  13. ^ “英競争当局、グーグルとフェイスブックのネット広告規制強化提言”. ロイター. (2019年12月19日). https://jp.reuters.com/article/britain-digital-investigation-idJPKBN1YN03C 2020年7月22日閲覧。 


「インターネット広告」の続きの解説一覧

インターネット広告

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 17:55 UTC 版)

ペイ・パー・ビュー」の記事における「インターネット広告」の解説

ペイ・パー・ビュー広告では、広告閲覧されるごとに広告料発生するコンテンツペイ・パー・ビュー違いペイ主体広告主)とビュー主体広告閲覧者)は異なる。 ペイ・パー・ビュー以外の料金システムには、閲覧されるだけでなく広告クリックされない広告料発生しないペイ・パー・クリック購入必要なアフィリエイトなどがある。ペイ・パー・ビューはこれらより広告効果不確かなため、廃れつつある。

※この「インターネット広告」の解説は、「ペイ・パー・ビュー」の解説の一部です。
「インターネット広告」を含む「ペイ・パー・ビュー」の記事については、「ペイ・パー・ビュー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「インターネット広告」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インターネット広告」の関連用語

インターネット広告のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インターネット広告のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2023 時事用語のABC All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2023 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリインターネット広告の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインターネット広告 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのペイ・パー・ビュー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS