DMとは? わかりやすく解説

DM

読み方:ダイレクトメール
別表記:direct mail

主に「ダイレクトメール」(direct mail)あるいは「ダイレクトメッセージ」(direct messageの意味用いられる語。

ダイレクトメール企業マーケティング活動において用いられるターゲット宛て郵便物電子メール送って直にプロモーションを行う手法である。マスメディアを通じて広告配信するといった手法と比べてターゲットの元へ情報到達する可能性高くその意味では効果的効率的な手法なり得る。ただし事前にターゲット宛先情報収集する必要があり、望まれないダイレクトメールはかえってターゲット心証損ねる可能性多く孕む

ダイレクトメッセージは、ツイッターをはじめとするソーシャルメディアにおける、非公開で連絡し合える機能呼び名である。ソーシャルメディアへの投稿ではあるが、第三者には公開されず、対象ユーザーにだけ届く形メッセージを送ることができる。ただしダイレクトメッセージ送り合うには相互にフォロワーになっておく必要がある場合が多い。

ツイッターでは市井起きた事件について一般ユーザー現場の写真投稿する場合多く新聞社テレビ局公式アカウント取材申し込み画像の利用許可願いのためダイレクトメッセージやりとりできないかという趣旨のメッセージ送っている場面がまま見られる

ディー‐エム【DM】

読み方:でぃーえむ

direct mail》⇒ダイレクトメール


ディー‐エム【DM】

読み方:でぃーえむ

direct message》⇒ダイレクトメッセージ


データメモリ(DM)


DM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/07 05:11 UTC 版)

DMは以下の略として用いられる。




「DM」の続きの解説一覧

デシメートル

(DM から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 03:26 UTC 版)

デシメートル(記号dm)は、国際単位系の長さの単位で、1/10メートル(m)。漢字では「粉」と表記する[1](中国にはこの意味はなく日本での国訓[2])。


  1. ^ 竹林佐介 『度量衡制度詳解』自治館、1899年2月4日、45頁。doi:10.11501/802044https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/802044/28 
  2. ^ 沖森卓也ほか『図解 日本の文字』三省堂、2011年、52頁


「デシメートル」の続きの解説一覧

D.M.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 04:18 UTC 版)

D.M.』(ディー・エム)は、日本の歌手、三浦大知の3枚目のアルバム。2011年11月30日リリース。




「D.M.」の続きの解説一覧

.dm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 05:05 UTC 版)

.dm国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ドミニカ国に割り当てられている。登録に制限はないが、それほど使われていない。






「.dm」の続きの解説一覧

DM(デスマッチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:48 UTC 版)

Team Fortress 2」の記事における「DM(デスマッチ)」の解説

特に目的無く、ただチーム戦で殺し合うだけのマップ。パブリックサーバーで人が集まる時間帯にまだあまり集まっていない時の時間潰しとして回されるケースが多い。公式マップではほとんど採用されておらず、カスタムマップとしても作られる数は多くは無いが、重力を非常に低く設定したり、格闘武器のみで戦う(メディーバル準拠の)設定にしたり等の一風変わった状況前提マップ構成しているなど、趣向凝らしたものが多い。

※この「DM(デスマッチ)」の解説は、「Team Fortress 2」の解説の一部です。
「DM(デスマッチ)」を含む「Team Fortress 2」の記事については、「Team Fortress 2」の概要を参照ください。


DM(DMU DML)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 13:49 UTC 版)

DDR3 SDRAM」の記事における「DM(DMU DML)」の解説

データマスク信号 (Data Mask:DM)。ライト動作時、ハイのときのデータ入力マスクされデバイス書き込まれない。x8デバイスでTDQSを有効にした場合、TDQSとして動作する (DMは無効)。

※この「DM(DMU DML)」の解説は、「DDR3 SDRAM」の解説の一部です。
「DM(DMU DML)」を含む「DDR3 SDRAM」の記事については、「DDR3 SDRAM」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「DM」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「DM」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



DMと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

DMのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDMの記事を利用しております。
かんこうかんこう
2022 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDM (改訂履歴)、デシメートル (改訂履歴)、D.M. (改訂履歴)、.dm (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTeam Fortress 2 (改訂履歴)、DDR3 SDRAM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS