DMとは?

DM

【英】direct mail

ダイレクト・メール特定消費者に、購買促進のための印刷物などを郵送する販売促進手段最大特性は、特定の対象者見込客)を選んで直接郵送することであり、対象選び方によって効果大きく左右さることになる。特定顧客対象営業する専門店通信販売企業、あるいは高額商品ブランド・ロイヤリティの高い商品を扱っている企業利用される割合が高い。

データメモリ(DM)

読み方:データメモリ(DM)
【英】:DM Area

関連するカテゴリ
プログラマブルコントローラ

16bit単位読み書きする汎用データエリア。


DM

DMとは、主に販促マーケティング分野におけるダイレクトメールDirect Mail)の略、またはTwitterにおけるダイレクトメッセージDirect Message機能の略である。

ダイレクトメール個人宛て送付される広告目的メール手紙および電子メール)を指す。顧客ロイヤルティが高い場合にはDMは歓迎されやすい。不適切なやり方で送られるDMは迷惑メールみなされることがある

Twitterダイレクトメッセージは、ツイートダイレクトメール同様に特定個人宛て送信することができる機能である。自分からDMを送信できる相手自分フォローしているユーザーフォロワー)へのみであり、DMを受信できる相手自分フォローしているユーザーからのみとなっている。ツイート内容一般に公開されないため、プライベート内容について連絡し合う場合などに利用できる。

ダイレクトメールダイレクトメッセージの他に、ディズニーモバイルDisney Mobile)の略としてDMの表記が用いられることもある。

Webサービスのほかの用語一覧
Twitter:  アルファツイッタラー  BackTweets  Chirp  DM  fail whale  HootSuite  Hold up!

DM

読み方でぃーえむ

ディジタルマッピングの略で、空中写真測量等により、地形地物というにかかわる地図情報デジタル方式測定し、コンピュータ数値地形図作成する作業をいう。現在ではこれが主流となっている。

DM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/30 14:27 UTC 版)

DMは以下の略として用いられる。

単位

自然科学

商業

音楽

娯楽

コンピュータ

その他


.dm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/06/01 03:28 UTC 版)

.dm
ドミニカ国の旗
施行 1991年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 DotDM Corporation
後援組織 プエルトリコ大学
利用地域 ドミニカ国に関係する団体・個人
使用状況 ドミニカ国で少し使われている。
階層構造 登録は第二レベルに直接行われる。.com.dm, .net.dm, .org.dmの下の第三レベルに登録されることもある。
関連文書 Registration agreement
方針 Dispute policy
ウェブサイト nic.dm
  

.dm国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ドミニカ国に割り当てられている。登録に制限はないが、それほど使われていない。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスwis.dm等のサイトがある。

外部リンク


D.M.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/08 08:04 UTC 版)

D.M.
三浦大知スタジオ・アルバム
リリース 2011年11月30日
ジャンル ポップR&Bダンス・ポップ
レーベル SONIC GROOVEエイベックス
チャート最高順位
三浦大知 年表
Who's The Man
(2009年)
D.M.
(2011年)
The Entertainer
(2013年)

D.M.』(ディー・エム)は、日本の歌手、三浦大知の3枚目のアルバム。2011年11月30日リリース。


解説

前作から約2年ぶりとなるアルバム。

タイトルの『D.M.』には"Daichi Miura"、"Dance & Music"、"Direct Message"の意味が込められている。

CDとCD+DVDの二種リリース。

ダブステップラテンジャズファンクロックなど、これまでにない多様なジャンルの要素を取り入れている。

収録曲

  1. Black Hole
    (作詞・作曲:Nao'ymt)
  2. Touch Me
    (作詞・作曲:Nao'ymt)
  3. Illusion Show
    (作詞:MOMO"mocha"N. 作曲:Nermin Harambasic・Ronny Suendsen・Anne Judith Wik・Chris Young)
  4. Love is like a bass line
    (作詞:Daichi Miura 作曲:Daichi Miura・UTA)
  5. The Answer
    (作詞:MOMO"mocha"N. 作曲:U-Key zone)
  6. Only You
    (作詞:CHIHARU 作曲:Daichi Miura)
  7. 4am
    (作詞・作曲:STY)
  8. RUN WAY
    (作詞:MOMO"mocha"N. 作曲:U-Key zone)
  9. Turn Off The Light
    (作詞:lecca・Daichi Miura 作曲:lecca)
  10. SHOUT IT
    (作詞:MOMO"mocha"N. 作曲:SUI・John Paul Lam)
    • テレビ東京系『流派-R』11月度エンディングトラック
  11. Lullaby
    (作詞:MOMO"mocha"N. 作曲:U-Key zone)
  12. Magic Word
    (作詞:Daichi Miura 作曲:Daichi Miura・K-Muto)

DVD

  1. Black Hole -MUSIC VIDEO-
  2. Turn Off The Light -MUSIC VIDEO-
  3. The Answer -MUSIC VIDEO-
  4. Lullaby -MUSIC VIDEO-
  5. Lullaby -STUDIO LIVE EDITION-
  6. SHOUT IT -LIVE EDITION-

初回盤収録

(【BONUS】※CD+DVD版・初回盤のみ)

  1. The Answer -DANCE EDITION- (MUSIC VIDEO ANOTHER VER.)

外部リンク







DMと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

DMに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DM」の関連用語

DMのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル

多方向分岐

Wedge Touch Mouse

S60

NetWalker

GALAXY S II

BlackBerry Passport Silver Edition

Microsoft Office for Mac 2011





DMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2017by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2017. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2017 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDMの記事を利用しております。
かんこうかんこう
2017 (C) KANKO All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDM (改訂履歴)、.dm (改訂履歴)、D.M. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS