ダンジョンズ&ドラゴンズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 文学作品 > 小説 > HJ文庫 > ダンジョンズ&ドラゴンズの意味・解説 

ダンジョンズ&ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 13:31 UTC 版)

ダンジョンズ&ドラゴンズ』(Dungeons & Dragons、略称:D&D)は、1974年に制作・販売されたアメリカファンタジーテーブルトークRPGである。世界で最初のロールプレイングゲーム (RPG)[1]であり、他のRPGの原点[2]ともなり、最も広くプレイされた作品[3]である。日本語版はいくつかの出版社から翻訳されていたが、2022年まではホビージャパン社によって発売されていた。


  1. ^ 「D&Dのオリジナル版がTSR社から出版されたのは1973年である。RPGとしては世界初であった。」 ドラゴン・マガジン編集局「D&Dアラカルト ゲームの流れと今後の展開について」『ドラゴン・マガジン』第1号、新和東京都千代田区岩本町、1986年9月、 2頁。
  2. ^ 「ロールプレイングゲームは、生地アメリカでは、この『ダンジョンズ&ドラゴンズ』を原点として発展してきたものですが、…」 黒田幸弘「まえがき」 『D&Dがよくわかる本』安田均(まえがき)、富士見書房東京都千代田区富士見〈富士見文庫〉、1987年9月。ISBN 4-8291-4218-9 
  3. ^ 「『ダンジョンズ&ドラゴンズ』は、世界で初めてつくられ、そしてもっとも広くプレイされているロールプレイングゲームなのです。」 黒田幸弘「はじめに:『ダンジョンズ&ドラゴンズ』ってなんだろう?」 『D&Dがよくわかる本』富士見書房、東京都千代田区富士見〈富士見文庫〉、1987年9月。ISBN 4-8291-4218-9 
  4. ^ 「ダンジョンズ&ドラゴンズ(TRS+新和/一九八五年):『D&D』の略称で親しまれ、姉妹ゲーム『AD&D(アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ)』とともに、世界的にもっとも愛されているTRPGの代名詞」安田均、村川忍 『テーブルトークRPGがよくわかる本』角川スニーカー・G文庫、1993年10月、295頁。ISBN 978-4-04480-201-1 
  5. ^ 「で、簡単にTRPGの歴史をおさらいしますというと、まずは七十年代のはじめに元祖である『ダンジョンズ&ドラゴンズ(略してD&D)』が、本国、アメリカで登場しました」友野詳 『バカバカRPGをかたる』新紀元社、2007年4月、10頁。ISBN 978-4-77530-541-6 
  6. ^ 「本書の執筆にあたっては、可能な限りのTRPGのプレイングガイダンスを参照しました。そのすべてを列挙することはできませんが、特に『ダンジョンズ&ドラゴンズ』『シャドウラン』『ワールド・オブ・ダークネス』『GURPS』『TORG』『天羅万象』『蓬莱学園の冒険!!』『トーキョーNOVA』の諸記事からは強い影響を受けております」小太刀右京 『なぜなに未来侵略 テーブルトークRPG編』新紀元社、2016年3月、207頁。ISBN 978-4-77531-412-8 
  7. ^ 世界で人気のRPG、ダンジョンズ&ドラゴンズ作者死去 - CNN.co.jp 2009年4月11日(2009年4月14日時点のアーカイブ
  8. ^ https://dnd.wizards.com/go/article.aspx?x=dnd/4ll/20120109 [リンク切れ]
  9. ^ 『D&D NEXT』に関する重要なお知らせ ホビージャパン
  10. ^ Announcing Localized D&D Fifth Edition Products
  11. ^ 「ダンジョンズ&ドラゴンズ 第5版」の複数言語へのローカライズが発表。日本語もその対象に”. Paizo Publishing (2017年3月23日). 2017年4月5日閲覧。
  12. ^ 核戦争後の荒廃した近未来世界を舞台にしたSFのジャンル。『マッドマックス』や『北斗の拳』などが著名。
  13. ^ MHKアーカイヴスのアニメ特集[1]では1996年に放送されたと掲載されているが、NHKクロニクル[2]を見た限り、放送の実態が確認できない。
  14. ^ アメリカでは、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』が悪魔崇拝を助長する反社会的側面があることを指摘する書籍 Truth about Dungeons & Dragon (ISBN 978-0914984375) などが存在している。また、ゲイリー・ガイギャックスが記したロールプレイングゲーム解説書 Role-Playing Mastery (日本語版:『ロールプレイングゲームの達人』 社会思想社ISBN 978-4390113120)では、ロールプレイングゲームが宗教問題の批判にさらされたときにゲーマーはどう対応すればよいかの指南が載っており、D&Dに対する宗教的見地からの批判はアメリカのゲームファンにとって現実的な問題として認識されている問題であることがうかがえる(日本語版の翻訳者である多摩豊のあとがきによると、このことが書かれている章は「日本ではそのような視点からの批判はまずありえない」として日本語版では割愛された)。
  15. ^ デイヴィッド・プリングル編 『図説 ファンタジー百科事典』 日本語版監修 井辻朱美、東洋書林、2002年、478頁。
  16. ^ 小谷真理 『ファンタジーの冒険』 筑摩書房〈筑摩eブックス〉、第5章 ハイテク革命とファンタジー、†RPGとファンタジー(原著1998年 ちくま新書)
  17. ^ 社名の「ウィザーズ・オブ・ザ・コースト」はアドキソンらがD&Dのキャンペーンプレイで結成した魔術師ギルドの名前からとられている。また、『マジック:ザ・ギャザリング』のカードに出てくるキャラクターの中には、彼らがD&Dで使っていたプレイヤーキャラクターたちをモデルにした者もいる。
  18. ^ 「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の次世代プロジェクト“One D&D”発表。最新ルールブックの発売は2024年を予定
  19. ^ 後にメディアワークスがアスキーと統合されアスキー・メディアワークスとなった後に、アスキーの出版を引き継ぐ形でドラゴンランスやフォーゴトン・レルムの小説の出版が行われた。2009年から出版された角川つばさ文庫版のドラゴンランスはアスキー・メディアワークス名義である。
  20. ^ 例えば、キャラクタークラスの章では、英語版ではclericから始まるのに対し、日本語版ではウイザードから始まるように並べ直されている。
  21. ^ 書籍として流通しており、国立国会図書館にも納本されているが、補充注文票に「買い切り商品となります」と書かれている。
  22. ^ これは後に同社が和訳を出した「ウォーハンマーRPG第4版」「サイバーパンクRED」などでも同じである。
  23. ^ HJ_DnDのツイート(1356789939254476800)
  24. ^ このカードゲームはWizkids社の製品で、GF9は関与していない。
  25. ^ 2021年予告商品の発売取り止めのお知らせ
  26. ^ HJ_DnDのツイート(1532228992593321984)
  27. ^ WotCによる「ダンジョンズ&ドラゴンズ」公式サイトが本日オープン。「デラックス・プレイボックス」とコア・ルールブック3冊は今冬発売
  28. ^ カプコン ダンジョンズ&ドラゴンズ ミスタラ英雄戦記
  29. ^ 最初の第3巻で終了。


「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の続きの解説一覧

ダンジョンズ&ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 05:37 UTC 版)

オーク (架空の生物)」の記事における「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説

『ダンジョンズ&ドラゴンズ』ではほとんどの場合凶悪な存在であり、人間その社会暴力的野蛮で部族的側面揶揄した扱いを受けている。風貌は「のような牙が目立豚のような顔」として豚説を採用。また肌の色例外なく灰色であり、青みがかった黄色から暗褐色まで幅広い肌の色をしていたトールキンのオークとは異なっている。一般的にオーク生まれついて暴力的邪悪な存在あるためオークの役を演じたいプレイヤーに対してハーフオーク演じることが推奨されている。ハーフオークオーク人間混血である。

※この「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説は、「オーク (架空の生物)」の解説の一部です。
「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を含む「オーク (架空の生物)」の記事については、「オーク (架空の生物)」の概要を参照ください。


ダンジョンズ&ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 05:28 UTC 版)

ロードス島戦記」の記事における「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説

コンプティーク』で1986年9月号か連載されリプレイ第1部第2部においてはまだ独自システム無く、「D&D誌上ライブ」と題してD&D』を紹介する目的を持ってクラシックD&D独自の世界観乗せたになっていた。 日本のTRPGブーム立役者ではあったが、長らく単行本化されなかった。理由は「雑誌記事なら問題無いが、単行本と言う商品として売り出すなら使用料D&D版権元に払わなくてはならない為」と後にコンプティーク』に書かれているそのため、下記のロードス島戦記コンパニオン』が作られる事となり、第一部第二部はそのルール使って再プレイしたもの単行本化すると言う回り道になった

※この「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説は、「ロードス島戦記」の解説の一部です。
「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を含む「ロードス島戦記」の記事については、「ロードス島戦記」の概要を参照ください。


ダンジョンズ&ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 01:17 UTC 版)

アーマークラス」の記事における「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説

ダンジョンズ&ドラゴンズの初期の版では、防具を何も装備していない平均的な人間10アーマークラス持ち防具キャラクターアーマークラス低下させた(たとえば、アーマークラス10人間プレートメイルを着ると、アーマークラスが3になる)。強力なクリーチャーは常に0かそれ以下アーマークラスを持っていた。 アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズでは、キャラクターモンスター能力打撃成功する基準として「THAC0」が用いられ、これは20面体サイコロで"To Hit Armor Class 0."つまりアーマークラス0に命中させるための最低限出目意味し、「タコ」と呼ばれた他のアーマークラス命中させるには、THAC0からアーマークラス分の出目減算する必要があった。THAC0より高いアーマークラスには、より多くのヒット成功する可能性が高い。このシステムAD&D第2版戦闘の結果表を置き換えたが、しかし2000年ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版では公式に放棄されたダンジョンズ&ドラゴンズ第3版では、「アーマークラスシステム効果的に反転された。防具装備していない人間アーマークラス10のままだが、しかし鎧を着たり盾を装備するアーマークラス増加するようになった。(たとえば、アーマークラス10人間がフル・プレートを着ると、アーマークラス18になる)つまり、それまでの版でアーマークラス0だったクリーチャーは、第3版では逆のアーマークラス20相当する。このシステムは、後の第4版ルールに続く。様々な要因は、両方システムアーマークラス影響を与える例えば、キャラクターの「敏捷性能力値や、様々な戦闘テクニック使用受け流しなど)、そして着ていた鎧の品質材料組成などである。キャラクター攻撃命中させるためには、20面体サイコロ出目攻撃側キャラクターの能力修正などを加算した値がアーマークラス上であればよいというシンプルな形になり、以前の版のルールにあったようなTHAC0による表計算撤廃された。

※この「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説は、「アーマークラス」の解説の一部です。
「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を含む「アーマークラス」の記事については、「アーマークラス」の概要を参照ください。


ダンジョンズ&ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 15:25 UTC 版)

ハーフリング」の記事における「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説

D&D』では、初期の版からプレイヤーキャラクター種族として選択可能なデミヒューマン一種である。 初期の版にはホビット登場し設定も『ホビットの冒険』や『指輪物語』のものに酷似していた。これを歓迎しなかったトールキン財団英語版)の抗議により、TSRこの種族の名前を「ハーフリング」に変えた。この単語トールキン作中ホビット呼称としてあるが使用頻度それほど高くはない初期のD&D』のハーフリングトールキンホビットによく似ており、冒険に出るよりも家で平穏な暮らし送ることを好むとされているキャラクタークラスシーフ適しているが、根っから泥棒というわけではない種族クラスとして扱われている『クラシック D&D』では、そもそもシーフになることができない)。 『D&D 第3版になるとハーフリングライフスタイル見直された。その結果やっかいな日和見主義者であったり放浪者であったりトレジャーハンターであったりするなど、実際のプレイスタイルに近付いている。

※この「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の解説は、「ハーフリング」の解説の一部です。
「ダンジョンズ&ドラゴンズ」を含む「ハーフリング」の記事については、「ハーフリング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の関連用語

ダンジョンズ&ドラゴンズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダンジョンズ&ドラゴンズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダンジョンズ&ドラゴンズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーク (架空の生物) (改訂履歴)、ロードス島戦記 (改訂履歴)、アーマークラス (改訂履歴)、ハーフリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS