ドワーフとは? わかりやすく解説

ドワーフ【dwarf】

読み方:どわーふ

魔力を持つ、伝説上小人(こびと)。

動植物に付けて小さい、矮小である、の意を表す。矮性。「―グラミー


ドワーフ

→矮(わい)性

ドワーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 10:12 UTC 版)

ドワーフ英語: dwarf [dwˈɔɚf]ドイツ語: Zwerg古ノルド語: dvergr)は、人間よりも少し背丈の小さい伝説上の種族民話神話童話ファンタジー作品などに登場することが多い。高度な鍛冶や工芸技能をもつとされており、外観は男女共に背丈が低いものの力強く屈強で、特に男性はその多くで長いをたくわえているとされる。


注釈

  1. ^ 木を切りまくったり鍛冶を能くすることから斧やハンマーが主武器とされることが多い。

出典

  1. ^ a b "dwarf", Online Etymology Dictionary
  2. ^ a b 安田 1996, pp. 240–248.


「ドワーフ」の続きの解説一覧

ドワーフ(Dwarf)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/19 21:12 UTC 版)

天竜宮ティルノギア」の記事における「ドワーフ(Dwarf)」の解説

伝統重視し生真面目な、身長150cmほどの妖精族体毛(特に髭)が濃く最長50cmにもなる髭は種としての誇り女性もおしゃれを楽しむように髭を編みあげたりしている。人間匹敵する知性と体力に加え優れた手先器用さを持つ。天分次第でクラス「ヴォルセルク」「エンダール」「ホーキポーキ」を選択できる

※この「ドワーフ(Dwarf)」の解説は、「天竜宮ティルノギア」の解説の一部です。
「ドワーフ(Dwarf)」を含む「天竜宮ティルノギア」の記事については、「天竜宮ティルノギア」の概要を参照ください。


ドワーフ(DWARF)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 06:54 UTC 版)

ネクロスの要塞 (ゲーム)」の記事における「ドワーフ(DWARF)」の解説

屈強な躯体生かし白兵戦を得意とし防御力も高い。またドワーフ族秘伝の「ツボつき」による特殊攻撃補助技など使える

※この「ドワーフ(DWARF)」の解説は、「ネクロスの要塞 (ゲーム)」の解説の一部です。
「ドワーフ(DWARF)」を含む「ネクロスの要塞 (ゲーム)」の記事については、「ネクロスの要塞 (ゲーム)」の概要を参照ください。


ドワーフ(DWF)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 09:46 UTC 版)

エバークエスト」の記事における「ドワーフ(DWF)」の解説

いにしえ時代」にブレル・セルリスによって創造された、小柄だ屈強で、女性でも伸ばした髭を誇りとする小人族ノーム親戚当る

※この「ドワーフ(DWF)」の解説は、「エバークエスト」の解説の一部です。
「ドワーフ(DWF)」を含む「エバークエスト」の記事については、「エバークエスト」の概要を参照ください。


ドワーフ(Dwarf)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 09:23 UTC 版)

ウルティマ」の記事における「ドワーフ(Dwarf)」の解説

U1-3登場。背は低いが腕力体力優れ知力で劣る。ファミコン版では「獣族(けものぞく)」。

※この「ドワーフ(Dwarf)」の解説は、「ウルティマ」の解説の一部です。
「ドワーフ(Dwarf)」を含む「ウルティマ」の記事については、「ウルティマ」の概要を参照ください。


ドワーフ(Dwarf)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:05 UTC 版)

マイト・アンド・マジック」の記事における「ドワーフ(Dwarf)」の解説

全作品に登場耐久力と運(あるいは力)が高いが、知性(あるいは器用さ)とスピードが低い。

※この「ドワーフ(Dwarf)」の解説は、「マイト・アンド・マジック」の解説の一部です。
「ドワーフ(Dwarf)」を含む「マイト・アンド・マジック」の記事については、「マイト・アンド・マジック」の概要を参照ください。


ドワーフ(dwarf)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 06:46 UTC 版)

ウィザードリィ」の記事における「ドワーフ(dwarf)」の解説

背丈は低いが、筋肉質種族

※この「ドワーフ(dwarf)」の解説は、「ウィザードリィ」の解説の一部です。
「ドワーフ(dwarf)」を含む「ウィザードリィ」の記事については、「ウィザードリィ」の概要を参照ください。


ドワーフ(Dwarf)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 11:01 UTC 版)

ファイナルファンタジーIX」の記事における「ドワーフ(Dwarf)」の解説

コンデヤ・パタに住む種族神道風の文化持ち個人名和風挨拶は「ラリホッ」(FFシリーズのドワーフに共通する挨拶)。いわゆる田舎口調で話す。黒魔道士達を普通の生き物として認識しており、クロマ族と呼んでいる。聖地に行くには夫婦婚姻を結び必要があり、ここでジタンガーネットは(疑似的に)夫婦となった追加イベントではビビクイナ夫婦になっている

※この「ドワーフ(Dwarf)」の解説は、「ファイナルファンタジーIX」の解説の一部です。
「ドワーフ(Dwarf)」を含む「ファイナルファンタジーIX」の記事については、「ファイナルファンタジーIX」の概要を参照ください。


ドワーフ(ディムズディル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 17:32 UTC 版)

ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム」の記事における「ドワーフ(ディムズディル)」の解説

斧を扱いファイター似た肉弾戦に強い能力を持つ。小柄なのでリーチ短めだが、横の判定に強い。特殊攻撃への耐性は一番高い。

※この「ドワーフ(ディムズディル)」の解説は、「ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム」の解説の一部です。
「ドワーフ(ディムズディル)」を含む「ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム」の記事については、「ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム」の概要を参照ください。


ドワーフ(ディムズディル/ヘンデル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 17:32 UTC 版)

ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ」の記事における「ドワーフ(ディムズディル/ヘンデル)」の解説

小柄な体に強大な腕力持った地霊HPが全キャラクター中もっとも高く特殊攻撃に対する防御力も高いが、動きが遅いため敵の攻撃回避しづらい。最初から攻撃力が高いが、序盤成長止まってしまう。

※この「ドワーフ(ディムズディル/ヘンデル)」の解説は、「ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ」の解説の一部です。
「ドワーフ(ディムズディル/ヘンデル)」を含む「ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ」の記事については、「ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ」の概要を参照ください。


ドワーフ(DWARF)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 06:50 UTC 版)

ネクロスの要塞」の記事における「ドワーフ(DWARF)」の解説

正義感の強い森の小人バーサーカーと同じ、北欧出身一族は高い鍛冶技術を持っており優秀な武器職人でもある邪悪な波動感じ出たドワーフは、タンキリエ王国でその元凶暗躍知りネクロス討伐隊加わった

※この「ドワーフ(DWARF)」の解説は、「ネクロスの要塞」の解説の一部です。
「ドワーフ(DWARF)」を含む「ネクロスの要塞」の記事については、「ネクロスの要塞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ドワーフ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ドワーフ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドワーフ」の関連用語

ドワーフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドワーフのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドワーフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの天竜宮ティルノギア (改訂履歴)、ネクロスの要塞 (ゲーム) (改訂履歴)、エバークエスト (改訂履歴)、ウルティマ (改訂履歴)、マイト・アンド・マジック (改訂履歴)、ウィザードリィ (改訂履歴)、ファイナルファンタジーIX (改訂履歴)、ダンジョンズ&ドラゴンズ タワーオブドゥーム (改訂履歴)、ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ (改訂履歴)、ネクロスの要塞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS