商標とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 商標 > 商標の意味・解説 

しょう‐ひょう〔シヤウヘウ〕【商標】

事業者自己の取り扱う商品役務サービス)を他人商品役務識別するために、商品について使用する文字図形記号などの標識。この標識商標法では標章という。商品表示する標識を「トレードマーク」(TM)、役務表示する標識を「サービスマーク」(SM)という。また、立体標章も商標として取り扱われる。「登録商標


商標(しょうひょう)(trademark)

他の商品区別するために使われる標識ブランド

特定の商品について他の商品区別するために使用する文字図形記号など。1960年施行された商標法によって、登録した商標を独占的使用できる権利保護されている。

商標が権利として保護されるのは、特定の商品取り扱う事業者信用維持することと商品選択する消費者利益守ることの2つの理由がある。他人商標権侵害した場合民事上の責任を負うほか、刑事罰として5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられる

商標権は、特許庁申請して登録することで、効力が生じる。ただし、一般名詞ありふれた呼び名では商標権認められない。

1997年商標法改正によって、平面的な商標だけでなく、立体商標認められるようになった

東京地裁22日、セガ販売したカードゲームオシャレ魔女ラブandベリー」のTシャツについて、商標権侵害されたとして訴えていた衣料品メーカー訴え認めセガ衣料品販売差し止め損害賠償を命じる判決出した。原告衣料品メーカー1999年に「LOVEBERRY」で商標を登録していた。

(2006.12.25掲載


商標

【英】brand
別名:brand

通称ブランド商標法では「文字図形もしくは記号もしくはこれらの結合またはこれらと色彩との結合であって業として商品生産加工証明譲渡するものが、その商品について使用するもの」と定義している。商標を独占的使用するためには、商標を表示した書面に必要な説明書添付して、願書特許庁長官提出なければならない。商標は、企業にとっては大きな財産であり、消費者に対して品質についての安全性信頼性をもたせ、さらには高品質所有優越感まで抱かせるものである一般的な信頼得ているものは、それ自体販売促進力をもつため、登録商標法的保護されている。女性中心に消費者ブランド崇拝傾向は相変わらず根強いものがあり、若者にこのブランド志向強くみられるブランド・ロイヤルティという言葉があるが、銘柄忠実度であり、商品購買にあたって同一銘柄商品をくり返し購入する度合いをいう。

商標

業として商品生産証明譲渡する者がその商品について使用する標章、または、業として役務を提供、証明する者がその役務について使用する標章文字図形記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合からなる商標法第2条に定義されている。


商標

読み方しょうひょう
【英】 trademark

業として商品生産し,証明し,もしくは譲渡する者がその商品について,または,業として役務サービス)を提供し,もしくは証明する者がその役務について使用する標章。「標章」とは,文字図形記号もしくは立体的形状もしくはこれらの結合またはこれらと色彩との結合をいう(商標2条)。一定の要件(商標3条,4条)を満たす商標については,登録により商標権発生する。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

商標(商標法) trademark law

商標とは、文字図形記号立体的形状もしくはこれらの結合またはこれらと色彩とを結合したもので、商品およびサービスについて使用するものをいう商標法はこれら商標の権利保護目的とし、先願登録主義採用しているのが特徴である。産業財産権代表的なものである。→先願登録主義

商標

読み方:ショウヒョウ(shouhyou)

自己の製造販売する製品商品独占的権利有することを表す一定の称号


商標

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 16:36 UTC 版)

商標(しょうひょう)は、商品役務を提供される需要者に、提供者を伝達する標識。本記事はおもに商取引上の意味を記す。




  1. ^ 商標とは | 経済産業省 特許庁
  2. ^ [1](判例の商標的使用論の例) 参考資料2
  3. ^ 「ドイツ有名商品 販売は違法 商標権侵害が問題化」『日本経済新聞』昭和25年12月12日3面


「商標」の続きの解説一覧



商標と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「商標」の関連用語

商標のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



商標のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2020 Sekidou Kousuke.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの商標 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS