TMとは?

DLT(TM) 【Digital Linear Tape】

1993年DEC開発したデジタルデータ記録テープ。大容量データ記憶でき、コンピュータ・データーのバックアップDVDオーサリング等に用いられている。

T/M

英語 transmission

トランスミッション略語エンジントルク特性をもとに、発進登坂加速ができるよう、また最高速が出せるように、終減速機との間でエンジン回転数トルク変える装置である。騒音燃費排ガス規制に対応するために最適変速比選定している。手動変速機自動変速機、半自動変速機がある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ツリウム

分子式Tm
その他の名称:Thulium、Tm
体系名:ツリウム


ツリウムイオン(2+)

分子式Tm
その他の名称:ツリウムイオン(2+)


ツリウム(III)

分子式Tm
その他の名称:Thulium(III)
体系名:ツリウム(III)


ツリウムイオン(4+)

分子式Tm
その他の名称:ツリウムイオン(4+)


ツリウムイオン(3+)

分子式Tm
その他の名称:ツリウムイオン(3+)


物質
ツリウム
英語名
Thulium
元素記号
Tm
原子番号
69
分子量
168.93421
発見
1879年
原子半径(Å)
1.76
比熱(cal/g ℃)
0.038
イオン化エネルギー(eV)
6.18


メルト温度

同義/類義語:融解温度
英訳・(英)同義/類義語:Tm

二本鎖DNA溶液加熱ていったとき、DNA分子の1/2が解離して一本鎖になるときの温度

融解温度

英訳・(英)同義/類義語:melting temperature, T_【m】

分子生物学実験で、二本核酸溶液加熱し、全体半分分子一本鎖状態(熱変成した状態)になるときの温度GC含量が高いほど高温になる。

超越瞑想(TM/Transcendental Meditation)


TM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 02:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

TM, Tm, tm

TM

鉄道
自動車
航空機
音楽
店舗等
競馬
コンピュータおよびゲーム
世界
その他

Tm

tm


商標マーク

(TM から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/19 04:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

商標マーク(しょうひょうマーク、)は、その前にある名称が商標(トレードマーク)であることを示すための記号である。登録商標マーク(®)が登録商標に使用されるのに対し、このマークは未登録の商標英語版に対して使用される[1]

UnicodeではU+2122 trade mark signに割り当てられている。HTMLでは& #8482;または™LaTeX\texttrademarkと入力すると表示される[2][3]Windowsでは、Altを押しながら0 1 5 3と入力するか、Alt Gr+Tで入力できる。macOSでは、 Opt+2で入力できる。

ケベックでは同じ意味の記号marque de commerceU+1F16A 🅪 raised mc sign)が使用されている。

使用法

商標マークは、単語、画像、その他の記号が商標であるということを主張するために使用される。その商標が登録されていること(登録商標であること)示すものではない。登録商標は登録商標マーク(®)を使用して表示される。国・地域によっては、登録商標記号を未登録の商標に使用することは非合法または違法である[4]

役務商標マーク

サービスマーク(サービス提供のための商標)を示すためには役務商標マーク(℠)が使用される。役務商標マークは、米国以外ではあまり一般的ではない。

関連項目

脚注

  1. ^ What do the R-symbol and the TM symbol mean?”. Law 4 Small Business. 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ The Unicode Standard 7.0, Letterlike Symbols”. Unicode, Inc.. 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ Character entity references in HTML 4”. w3.org. 2019年1月13日閲覧。
  4. ^ How to use the ® and TM Symbol”. howconceptual.com. 2014年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月13日閲覧。

.tm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/29 20:37 UTC 版)

.tm
トルクメニスタンの旗
施行 1997年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 NIC.TM(運営は Internet Computer Bureau)
後援組織 TM Domain Registry]
利用地域 トルクメニスタンに関係する団体・個人
使用状況 トルクメニスタン内外で様々に使われている。
登録の制限 トルクメニスタンに非居住者は第三レベルドメインのみ。
階層構造 登録は第二レベルに直接か第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 Terms & Conditions; Rules
方針 Dispute Resolution Policy
ウェブサイト NIC.TM
テンプレートを表示

.tm国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、トルクメニスタンに割り当てられている。Internet Computer Bureauが運営する。

TMという略称のため、かつては商標(trademarks)ビジネスのために用いられたが、不道徳的な利用が増加したため、トルクメニスタン政府によって新規の登録が規制された。




TMと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TM」の関連用語

TMのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



TMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2019 Japan Video Software Association
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2019 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTM (改訂履歴)、商標マーク (改訂履歴)、.tm (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS