.bqとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > .bqの意味・解説 

ベクレル(Bq)

放射能放射能物質放射線を出す能力)を表す単位。 
1Bqは,1秒間に1個の放射線出します

ベクレル(Bq)

放射能の量を表す単位のこと。1ベクレルは、1秒間に1個の原子核壊れ放射線放出している放射性物質放射能強さ、または量を表す。

放射能(Bq)


.bq

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 17:35 UTC 版)

.bqカリブ・オランダボネール島シント・ユースタティウス島サバ島)のために予約されている国別コードトップレベルドメインccTLD)。2012年4月現在ルートサーバにbqは登録されておらず、したがって利用も一切出来ない状態である。






「.bq」の続きの解説一覧

BQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/08/31 12:47 UTC 版)

BQ, Bq



ベクレル

(.bq から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 07:02 UTC 版)

ベクレル英語:becquerel、記号: Bq[1])とは、放射能の強さを表す単位であり、それは1秒間に崩壊する原子核の数で表される[2]


注釈

  1. ^ 370 ÷ 8 s = 46.25 s−1 = 46.25 Bq
  2. ^ 一分間あたりに放射性崩壊(壊変)する原子の個数は壊変毎分(decays per minute/ disintegrations per minute : dpm)と呼ばれる。1 Bq = 60 壊変毎分、1 壊変毎分 = 1/60 Bq = 約 0.0167 Bq となる。
  3. ^ 時間の逆数の次元(T−1)を持つが、放射能の計量以外には使用できない。同じ T−1 の次元を持つ単位にはヘルツ(Hz)や毎秒(s−1)がある。
  4. ^ 単位としてのベクレルをフルスペルで英字表記する場合は常に小文字で「becquerel」と書かねばならず、単位記号では「Bq」と頭文字だけを大文字にすると国際単位系のルールで規定されている。
  5. ^ ただし、その当初のキュリー Ci の定義においても 1 g のラジウムの放射能 Bq は変更する可能性のある旨が記載されていたと言われる。実際、現在のラジウム 1 g の放射能の正確な値は3.61×1010 Bqである。(Murray 1955, p. 23)
  6. ^ ガンマ線自体指数関数的減衰であるからどちらにせよゼロにはできない
  7. ^ 特に人体の影響を計算する時も人体の大半が水であると計算することからもわかるように、ガンマ線は人体も貫通する。
  8. ^ 放射性物質はその定義から放射能をもつため放射性崩壊をする。放射性崩壊をした原子核は放射線(ガンマ線、ベータ線、アルファ線など)を放出する。
  9. ^ このような表現であるのは、放射線が物体に対してエネルギーを与える現象は一つではないからである。右図参照。
  10. ^ 物質の種類に関係なく放射線の照射によって単位質量あたりに吸収されるエネルギー量 J/kg を吸収線量(absorbed dose)と呼び、単位としてJ/kgの代わりにグレイ(Gray)(単位記号:Gy) が用いられる。
  11. ^ たとえば、内部被曝の算定などではベクレルから線量を換算することもある。
  12. ^ 例えば1万ベクレルの(出入りのない)放射性物質があり、半減期が経過すれば5000ベクレルに減衰するというわけである。1ベクレルの場合半減期が経過すれば0.5ベクレルと減衰していく。指数関数的減衰のためゼロにはならないが、原子数は有限であり原子数が少なくなればポアソン過程で表現されるうえ、最終的にはゼロまたは化学分析や放射線測定が困難なレベルにまで減衰する。太陽系創世時の半減期の短い(とはいえ短いというのは、地球の年齢46億年に対してだが)、核種の放射能はこのような運命を辿ったとされている。
  13. ^ 例えば、高木仁三郎は大学教員時代、超微量の放射能測定器を開発していたが、核実験フォールアウトによる遮蔽材として使われるの汚染が問題となっていた。
  14. ^ これら測定技術は素粒子物理学超ウラン元素の実験的研究、宇宙線の観測等でとくに重要となる。粒子検出器も参照せよ。

出典

  1. ^ 1992年(平成4年)11月30日通商産業省令第80号「計量単位規則」
  2. ^ 1992年(平成4年)11月18日政令第357号「計量単位令」。SI組立単位の1つである。(原子力百科事典ATOMICA)
  3. ^ 滋賀県放射線技師会 放射線雑学[リンク切れ]
  4. ^ 産業技術総合研究所 飲用水の自然環境と放射能汚染[リンク切れ]
  5. ^ a b 原子力百科事典ATOMICA.
  6. ^ 国立天文台 編 『理科年表』(平成25年版)、2012年。  p.476
  7. ^ Murray 1955, p. 23.
  8. ^ CJK Compatibility”. Unicode inc. (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  9. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「ベクレル」の続きの解説一覧

BQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 02:38 UTC 版)

NEEDLESS」の記事における「BQ」の解説

ゼペット作り出した男性型人形ニードレス並の戦闘能力を持つ。1歳身長174cm、髪色はミドルブラウン。

※この「BQ」の解説は、「NEEDLESS」の解説の一部です。
「BQ」を含む「NEEDLESS」の記事については、「NEEDLESS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.bq」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「BQ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.bqと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.bqのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.bqのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2022 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.bq (改訂履歴)、BQ (改訂履歴)、ベクレル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのNEEDLESS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS