.bwとは?

生物兵器(Biological Weapons : BW)

生物兵器禁止条約BWC)では「(1)防疫目的身体防護目的その他の平和的目的による正当化できない種類及び量の微生物剤その他の生物剤又はこのような種類及び量の毒素原料又は製法のいかんを問わない)。(2)微生物剤その他の生物剤又は毒素敵対目的のために又は武力紛争において使用するために設計された兵器装置又は運搬手段」と定義されている。生物兵器としての使用考えられる代表的病原体等としては、天然痘ウイルス炭疽菌ペスト菌ボツリヌス毒素等がある。

.bw

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/09 16:24 UTC 版)

.bw
ボツワナの旗
施行 1993年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Botswana Communications Regulatory Authority (BOCRA)
後援組織 ボツワナ大学
利用地域 ボツワナに関連する団体・個人
使用状況 ボツワナでいくらか使われている。
登録の制限 レジストラ経由で登録する必要あり。[1]
階層構造 登録は分類用第二レベルドメイン下にする必要があるが、第二レベルドメインに直接登録しているところもある。
関連文書 .bwドメイン登録契約方針
方針 .bwドメイン方針
ウェブサイト nic.net.bw/
テンプレートを表示

.bwは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ボツワナに割り当てられている。このドメインボツワナ大学によって管理されている。このドメインには、レジストリの公式ウェブサイトは存在せず、またドメイン登録に関する案内もない。しかし、ボツワナのいくつかのISPは、書類で登録を受け付けている。現在登録されているものは、.co.bw.org.bwといった第二レベルドメインの下に登録されている。

セカンドレベルドメイン

  • .bw
  • .co.bw 営利団体
  • .org.bw 非営利団体
  • .ac.bw 学術機関
  • .net.bw ネットワーク(取得用件はco.bwやgov.bwと同じ)
  • .gov.bw 政府機関

脚注

  1. ^ How To's

外部リンク


BW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/24 10:23 UTC 版)

BW

BW

Bw

bw



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.bw」の関連用語

.bwのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



.bwのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
外務省外務省
Copyright©: 2019 Ministry of Foreign Affairs of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.bw (改訂履歴)、BW (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS