.中国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 中国 > .中国の意味・解説 

ちゅう‐ごく【中国】

読み方:ちゅうごく

【一】

国の中央の部分天子の都のある地方

諸国中央の意で、自国誇っていう語。

律令制で、人口・面積などによって諸国大・上中・下四等級に分けたうちの第三位の国。安房(あわ)・若狭能登など。

律令制で、都からの距離によって国を遠国(おんごく)・中国・近国分類したうちの一。駿河(するが)・越前出雲(いずも)・備後(びんご)など。

【二】山陽道山陰道合わせた称。


ちゅうごく【中国】


中国

読み方:チュウゴク(chuugoku)

(1)律令制下、都からの距離によってわけた近国中国・遠国のうちの一。
(2)令制面積・人口などによって大・上中・下四等級にわけた第三位の国。


ちゅうごく 【中国】


中國

読み方
中國なかくに
中國なかぐに

中国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 19:29 UTC 版)

中国(ちゅうごく、: 中国; : 中國)は、ユーラシア大陸アジア大陸)の東部を占める地域、及びそこで成立した国家をさす用語。日本では、1972年日中国交正常化以降、中華人民共和国の略称としても使用されている[1][2][3]


注釈

  1. ^ 例えば軍人勅諭には、「昔神武天皇自ら大伴物部の兵どもを率ゐ、中国のまつろはぬものどもを討ち平らげ給ひ…」とある。
  2. ^ 西域都護の領域が「中国」と認識されていたかどうかについては別途出典を要する
  3. ^ そもそも中国大陸には近代まで「国家」という概念はなく、皇帝は中華思想のもと自らを地上で唯一の天子だと考えた。そして、各時代において民衆は、その圧制から逃れるために万里の長城を越えて周辺地域に移り住み、それを中央が再度取り込み膨張していったのが中国(概念)であり、その過程において近代になって注目され始めたのがチベットやウイグル、モンゴルなどで見られる民族宗教の問題である。

出典

  1. ^ 外務省:中華人民共和国
  2. ^ 中国 - Yahoo!ニュース Archived 2014年6月15日, at the Wayback Machine.[リンク切れ]
  3. ^ 地球の歩き方 > 中国の概要
  4. ^ a b 間宮林蔵述村上貞助編『東韃紀行』国立公文書館デシタルアーカイブ 東韃地方紀行 中巻(文化八年(1811年)筆原本画像)の最終頁に「中国」の呼称が複数登場し、「日本と中国」ともある。日本と中国が対置する概念として記載されている。 なお、同書に掲載されている清朝役人の名刺は「大清国」である。
  5. ^ a b 佐川, 英治、杉山, 清彦 『中国と東部ユーラシアの歴史』NHK出版、2020年2月1日、14-15頁。ISBN 4595321899 
  6. ^ 漢書西域伝卷4「及秦始皇攘卻戎狄,築長城界中國」
  7. ^ 漢書溝恤志卷29
  8. ^ 『塩鉄論』「五二功業について」p250で南越王国の征服のくだりで、「南越は中国に従った」と記載がある
  9. ^ 邦訳『塩鉄論』「十四物価の安定について(輕重第十四)」p76-77(辺境の郡(邊郡)が中國に対置されている。 辺郡とは辺境の郡のことであり、郡とは行政機構の郡であるから、辺郡とは武帝が新規に征服した「中国」の外部の地域であると考えられる。「十六領土の拡張について(地廣第十六)」p85でも辺境の郡は中国に対置されている。 他に「四四秦の評価について(誅秦第四十四)」p216などがある。
  10. ^ 邦訳『塩鉄論』「二農業に力を入れることについて(力耕第二)」p12-13、「六復古について(復古第六)p33」、「十六領土の拡張について」p88、など
  11. ^ 「三七 礼をとうとぶことについて(崇禮第三十七)」p189
  12. ^ 東洋文庫『塩鉄論』39章p199の訳では「中夏」
  13. ^ 「四三和議をむすぶことについて(結和第四十三)」p211
  14. ^ 「五二功業について(論功第五十二)」p218「今、漢の領土は広く(今以漢國之大)」
  15. ^ 新唐書 卷215上 突厥上, 6023頁
  16. ^ 新唐書巻220列伝第145高麗伝に「遼東故中國郡縣」(遼東は今は高句麗の領土であるが嘗ては中国の郡県であった)という文章があり、明史巻320列伝第209「外国二/安南」の記載にも「安南本中國地」(安南(ベトナム社会主義共和国の中北部)は、もとは中国の地であった)とある。
  17. ^ 後藤多聞『ふたつの故宮』NHK出版
  18. ^ 《欽定大清会典》卷五十六「夫對遠人頌述朝廷,称中國,或称天朝,乃一定之理」
  19. ^ 閻 立「『大清国籍条例』の制定・施行と日本」大阪経大論集 第63巻第4号、2012年11月、283-297頁
  20. ^ a b 佐川, 英治、杉山, 清彦 『中国と東部ユーラシアの歴史』NHK出版、2020年2月1日、215-218頁。ISBN 4595321899 
  21. ^ 川島真「最初の歴史教科書問題」(日本経済新聞、2009年10月26日)
  22. ^ 1906年中国革命同盟会の機関誌『民報』誌上で発表。
  23. ^ 佐川, 英治、杉山, 清彦 『中国と東部ユーラシアの歴史』NHK出版、2020年2月1日、228-230頁。ISBN 4595321899 
  24. ^ 精衛 (1905-11-26). “民族的国民”. 民報 (1・2). 
  25. ^ 中国之新民(梁啓超) (1903-10-04). “政治学大家伯倫知理之学説”. 新民叢報 (38・39合併). 
  26. ^ 烏澤聲「満漢問題」1907年
  27. ^ a b 佐川, 英治、杉山, 清彦 『中国と東部ユーラシアの歴史』NHK出版、2020年2月1日、217-218頁。ISBN 4595321899 
  28. ^ 清朝とは何か P.2
  29. ^ http://repository.tufs.ac.jp/bitstream/10108/91617/1/ifa020017.pdf
  30. ^ レジナルド・ジョンストン 『新訳紫禁城の黄昏』本の風景社https://books.google.co.jp/books?id=aiiz4H-sExkC&printsec=frontcover&dq=%E6%96%B0%E8%A8%B3%E7%B4%AB%E7%A6%81%E5%9F%8E%E3%81%AE%E9%BB%84%E6%98%8F&hl=en&ei=JDDMTPyiBoqEvgOHu6UQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCUQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false 
  31. ^ 佐川, 英治、杉山, 清彦 『中国と東部ユーラシアの歴史』NHK出版、2020年2月1日、19-20,254-257頁。ISBN 4595321899 
  32. ^ “中国で勢い増す「黄帝」崇拝 愛国心鼓舞、少数民族抑圧と紙一重”. 北海道新聞. (2014年5月18日). https://web.archive.org/web/20150424010908/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0124959.html 2014年5月18日閲覧。 
  33. ^ この訳語は、「中国」という言葉と一致しない、という見解があるが、新唐書列傳第146上/西域上/天竺國には、当時のインドの用語「シナ」を唐側では「中国」と理解していた用例が残っている。唐から当時北インドを支配していたヴァルダナ朝マガダ国に使者が送られ、唐使を迎えたマガダ王が家臣に「いにしえよりマハーチーナ(大シナという意味)の使者がわが国に来たことはあったのか?」と問い、家臣が「ありません」と回答した文章に続いて、「戎(えびす)の言葉では中国をマハーチーナ為す」との解説が付されている。原文は以下「「自古亦有摩訶震旦使者至吾國乎?」皆曰:「無有。」戎言中國為摩訶震旦」



中国(宋・元時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 17:29 UTC 版)

禅林墨跡」の記事における「中国(宋・元時代)」の解説

「中国の近世宋朝にはじまる」といわれるように、宋代以後中国の歴史新しい段階に入り貴族代わって士大夫活躍した時代政治的には武人政治が解体して皇帝独裁政治時代であった。その武人貴族勢力抑えるため、官吏任用科挙の制を用いて文治に力を注いだ結果文学・芸術宗教すこぶる興隆発展することとなった書道 詳細は「中国の書道史#宋・遼・金」および「中国の書道史#元」を参照 書道においては北宋のはじめ約半世紀ほどは中国の伝統的書法である晋唐の書の模倣続き王羲之書風流行した。やがて唐人書法や型に束縛され生気を失ったことの反省から、宋人自由に自己表現しよう考え蘇軾黄庭堅米芾三大家によって大きく書風革新された。その新書風は南宋及んで流行し大多数書人はそれに属するものであった。しかし南宋中期から次第に晋唐へと復古する傾向見られ南宋書道には、二王宗とするものと、宋の三大家に学ぶものとの二つ潮流があった。やがて、それが元の趙孟頫復古調全盛時代という形で淘汰されていくが、晋唐の書へ復古する至った理由は、宋人が自由と個性とを尊重して古法軽んじ粗放になったという反省からによるといわれている。以上が宋・元時代書道大勢である。 仏教 一方宗教においては、宋・元の時期、禅仏教盛況呈した宋朝科挙によって官僚登用する必要か儒教重んじたが、同時に仏教道教保護し、この国家による保護政策によって仏教隆盛に向かったその中心は禅宗であり、宋代禅宗曹洞宗法眼宗雲門宗潙仰宗臨済宗五家と、その臨済宗楊岐派黄龍派分かれることから五家七宗呼ばれる。宋の中期以後楊岐派黄龍派次第勢力伸ばし初めは黄龍派盛んであったが、後に次第楊岐派優勢となった。そして南宋末の楊岐派発展目覚しく殊に圜悟克勤門下から出た大慧宗杲多くの弟子集めて一派をなした(大慧派)。その後密庵咸傑活躍により、同じく圜悟の門下虎丘紹隆系統虎丘派)が盛んになり、その密庵門下では松源崇嶽破庵祖先2人が特に有名でそれぞれ一派をなした(松源派破庵派)。南宋時代の禅文化に最も大きな影響与えた無準師範は、その破庵派から出ている。 元朝は、南宋以来漢民族生活と文化をほぼそのまま容認したため、元代仏教中心禅宗で、活躍した禅僧多く臨済宗であったその中で特に重要な人として破庵派中峰明本松源派古林清茂了庵清欲などをあげることができる。 宋代禅宗他宗圧倒するほどの勢い見せたが、その要因居士仏教流行出版業隆盛がある。居士の参禅は、禅宗一つ完成した姿を現出した唐代先例があったが、宋代以後、その比重徐々に増していった。北宋王安石蘇軾蘇轍黄庭堅南宋末の張即之、元の馮子振などの士大夫参禅知られる科挙官僚担い手となった士大夫共通の教養儒教であったが、当時儒教科挙及第するための道具過ぎず魅力がなかった。士大夫階級哲学的欲求満足させたのが禅宗であり、この新たな支持層得たことにより、さらに名僧輩出するという好循環生んだ。また禅宗権威の確立とともに、禅籍の刊行が行われるようになり、その出版による禅籍の流布は、禅宗広く社会浸透していった原動力一つであったといえる士大夫参禅した例として蘇軾黄龍派東林常総から印可を受け、黄庭堅同派晦堂祖心の法を嗣いだ。張即之は禅に造詣深く大慧派無文道璨らと交際した馮子振禅学心を寄せ元代禅林巨頭中峰明本古林清茂らと親しく交わった。また趙孟頫熱心な仏教信者で、中峰明本を師と仰いで親密な交流があり、松源派独孤淳朋馮子振とも親交深かった墨跡変化 このような詩・書・画を能くした文化人参禅は、芸術重視という禅の世俗化もたらした士大夫才能僧侶おいても尊敬されるべき対象となったのであるその影響墨跡にも見られ北宋以後蘇軾黄庭堅・張即之の書風禅僧間に流行した。特に黄庭堅の書の影響大きく無学祖元など黄庭堅風のものが多くみられる。また竺仙梵僊蘇軾の、蘭渓道隆は張即之の、了庵清欲趙孟頫影響色濃く受けている

※この「中国(宋・元時代)」の解説は、「禅林墨跡」の解説の一部です。
「中国(宋・元時代)」を含む「禅林墨跡」の記事については、「禅林墨跡」の概要を参照ください。


中国(中華共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 03:43 UTC 版)

ゴロセウム」の記事における「中国(中華共和国)」の解説

李 炎龍(りー いぇんろん) 人民解放軍特殊格闘部隊中尉龍人兵と呼ばれる肉体改造施された兵士である。

※この「中国(中華共和国)」の解説は、「ゴロセウム」の解説の一部です。
「中国(中華共和国)」を含む「ゴロセウム」の記事については、「ゴロセウム」の概要を参照ください。


中国(宋、元)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 08:42 UTC 版)

新安沈船」の記事における「中国(宋、元)」の解説

中国では13世紀宋代から陶磁器輸出盛んになり、青磁白磁青白磁輸出されていた。14世紀元代には青花磁も加わりアジアアフリカ各地運ばれていた。日本向け陶磁器慶元積み出しをしていたのに対して東南アジア南アジア西アジア向けの陶磁器広州市舶司のある泉州積み出し行った台湾琉球諸島向けの陶磁器福州集積されたのちに泉州運ばれ輸出された。中国の海運は、元代大きく改善されたそれまで北洋南洋往来盛んではなかったが、危険な北の航路開拓され南北海運つながり14世紀前半から国内輸送海上貿易増加した慶元寧波)は、南北ハブ位置する重要なであった輸出先によって陶磁器種類異なり各地必要性嗜好に合わせた品が選ばれていた。日本向けには、龍泉窯青磁景徳鎮窯青白磁福建陶磁中心だった。東南アジア西アジア向けには、龍泉窯青磁福建陶磁景徳鎮窯中心だった。龍泉青磁元代から器の大型化と装飾の増加進んだ遊牧民国家モンゴル帝国源流とする元は大皿盛った料理取り分ける食文化であり、その習慣影響したといわれている。新安沈船航行していた14世紀前半は、大型化した龍泉青磁輸出盛んになった時期にあたる元は貿易重視する王朝であり、服属をしない国(不臣之國)である日本との貿易続けた元は慶元路の警備強化しつつ貿易認め、官貿易商品国家管理し倭人日本人)は入城させずに取り引きを行った市舶司では「海外不臣之國」に対して30%の関税をかけていたことから日本に対して同様の関税かけられたと推測される。 しかし、貿易の管理厳しくしたためにトラブル増加した1309年には日本から来た海商慶元役人対立し運んできた硫黄使って放火し慶元城内建築物4分の1近く焼失する事件起きる。事件以降元政府は、日本だけでなく海商全体への警戒強めた日元貿易していたものの日本元の招諭使に返答していないため正式な国交がなく、貿易におけるトラブル日本側協力期待できなかった。そのため元政府には警戒強化他に対策がなく、その後1328年1335年同様の事件起きた

※この「中国(宋、元)」の解説は、「新安沈船」の解説の一部です。
「中国(宋、元)」を含む「新安沈船」の記事については、「新安沈船」の概要を参照ください。


(2) 中国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 21:28 UTC 版)

ヘレフォード図」の記事における「(2) 中国」の解説

「セリカ」表記されている。砂漠越えて進むと最初に中国人出会い、彼らの国から絹が送られてくるとある。ヘレフォード図では実体にそぐわない小地域でしかない

※この「(2) 中国」の解説は、「ヘレフォード図」の解説の一部です。
「(2) 中国」を含む「ヘレフォード図」の記事については、「ヘレフォード図」の概要を参照ください。


中国(中国経済産業局)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:19 UTC 版)

一般ガス事業者」の記事における「中国(中国経済産業局)」の解説

鳥取ガス 浜田ガス 出雲ガス 松江市ガス局 米子ガス 岡山ガス 津山ガス 水島ガス 広島ガス - 広島電鉄同根岩谷産業筆頭株主 福山ガス 因の島ガス 山口合同ガス

※この「中国(中国経済産業局)」の解説は、「一般ガス事業者」の解説の一部です。
「中国(中国経済産業局)」を含む「一般ガス事業者」の記事については、「一般ガス事業者」の概要を参照ください。


中国(本土)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 03:06 UTC 版)

小学校」の記事における「中国(本土)」の解説

中国本土においては小学”と呼ばれるかつては初級小学4年)、高級小学2年)、完全小学(5年)の3種類に分かれていたが、現在は6‐12歳の6年制であり、義務教育である。

※この「中国(本土)」の解説は、「小学校」の解説の一部です。
「中国(本土)」を含む「小学校」の記事については、「小学校」の概要を参照ください。


中国 (シーズン3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 15:23 UTC 版)

ザ・ラストシップ」の記事における「中国 (シーズン3)」の解説

ポン・ウー (Peng Wu) 演 - フェルナンド・チェン シーズン3登場する中国国家主席アジアにおける優位性持とう様々な横暴な行為を働く。レクチン体内入れた人間ウイルスに感染するワクチン効かなくなるという効能発見し日本周辺国レクチン封入したミサイルによる攻撃行い周辺国国民虐殺それらの妨害行おうとするチャンドラーに対して敵意持ち国家安全部特殊部隊稼働可能な4隻の昆明級駆逐艦構成され艦隊などを「ネイサン・ジェームズ」に嗾ける。アリソン・ショーと内通しアメリカ艦の位置つかんで戦闘を有利とする。 日本の東京に部隊率いて上陸し国立博物館において文化遺産破壊行為働いていた所をネイサン・ジェームズ」やタケハヤ一味によって強襲され、最後タケハヤ美術品日本刀刺殺される。 ラウ・フー (Lau Hu) 演 - ステファン・オイヤング シーズン3登場する中国国家安全部部長ポン右腕存在であり、国家安全部特殊部隊率いてチャンドラー一行戦闘を行う。自身ウルフ対等の格闘戦演じ等高近接戦闘能力をもつ。ウルフ二度目戦闘再度拳を交え敗北し死亡する

※この「中国 (シーズン3)」の解説は、「ザ・ラストシップ」の解説の一部です。
「中国 (シーズン3)」を含む「ザ・ラストシップ」の記事については、「ザ・ラストシップ」の概要を参照ください。


中国(儒家・墨家など)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:33 UTC 版)

平等主義」の記事における「中国(儒家墨家など)」の解説

古代中国では、春秋戦国時代登場した諸子百家によって様々な思想説かれたが、その内1つである儒家では、開祖である孔子によって、「仁」(人間愛)が最重要徳目として説かれた。また孟子は、全ての人間が善性の萌芽備えているとして「性善説」を説き同時に人民の生活を顧みてその信任支持を得ることができないような天子は天命失っているのであり、新たな天子に取って代わられるのが当然だとする「易姓革命」論を唱えた。 また墨家では、孔子の「仁」が近親者向けられた差別的な愛であるとして、徹底した平等愛としての兼愛」が説かれた。 秦朝末期起きた史上初農民反乱である陳勝・呉広の乱首謀者陳勝が、決起するに当たり発した言葉は「王侯将相いずくんぞ種あらんやであった

※この「中国(儒家・墨家など)」の解説は、「平等主義」の解説の一部です。
「中国(儒家・墨家など)」を含む「平等主義」の記事については、「平等主義」の概要を参照ください。


中国(中華人民共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 14:18 UTC 版)

江東」の記事における「中国(中華人民共和国)」の解説

江東区 (寧波市) 長江下流域江表とも呼ばれる後漢では揚州会稽丹陽・呉・豫章廬陵新都の六郡の地域このため江東六郡も呼ばれる

※この「中国(中華人民共和国)」の解説は、「江東」の解説の一部です。
「中国(中華人民共和国)」を含む「江東」の記事については、「江東」の概要を参照ください。


中国(ちんせい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 07:36 UTC 版)

鎮西」の記事における「中国(ちんせい)」の解説

鎮西県 - 新疆ウイグル自治区にかつて存在した県。

※この「中国(ちんせい)」の解説は、「鎮西」の解説の一部です。
「中国(ちんせい)」を含む「鎮西」の記事については、「鎮西」の概要を参照ください。


中国(中華人民共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 03:25 UTC 版)

江西 (曖昧さ回避)」の記事における「中国(中華人民共和国)」の解説

江西(こうせい) 江西省 - 中華人民共和国の省。 江西省 (中華民国) - 中華民国の省江西省 (汪兆銘政権) - 中華民国南京国民政府の省。 江西等処行中書省 - 元の行中書省

※この「中国(中華人民共和国)」の解説は、「江西 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「中国(中華人民共和国)」を含む「江西 (曖昧さ回避)」の記事については、「江西 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


中国(清朝〜中華人民共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 23:22 UTC 版)

工業化」の記事における「中国(清朝中華人民共和国)」の解説

改革開放以降詳細については「中華人民共和国の経済を参照 中国は伝統的に高い水準技術力持ち近代科学技術基礎となる各種の道具発明羅針盤火薬などで世界先駆けていた。16世紀明代中期以降には絹織物綿織物の手工業発展していたが、その資本蓄積さらなる商業投資向けられた事や、豊富な人口を持つため機械の導入による省力化が全く不要だった事は、西欧諸国産業革命の進展と同時に進んだ市民勢力中産階級)の台頭皇帝専制体制を取る明朝、及びその統治体制引き継いだ清朝では起こらなかった事もあり、産業化同義としての工業化」は長く起こらなかった。18世紀後半、清の乾隆帝イエズス会布教禁止して西欧文物流入絶やした事は、産業革命恩恵から中国を遠ざけたアロー戦争敗北1860年北京条約締結至りイギリスフランスとの科学技術力の格差痛感した清朝は、曽国藩李鴻章などの官僚によって洋務運動着手した清朝自らが西欧科学技術導入して各地に官設工場を建設する方式は、日本の明治政府取った文明開化政策同種で、かつ清朝の方早期に着手していたが、支配理念では伝統譲らず、従来体制枠組み中に西欧技術組み込もうとする中体西用論立脚した洋務運動基づ改革1894年からの日清戦争敗北によってその限界明らかにした。 洋務運動失敗した理由として官設工場経営問題挙げられる恒常的に近代企業経営しようと思えば莫大な資金必要であるが、その仕組み会社法のような財産の保護会計監査義務付ける法律)が当時の中国にはなかったのである。一例挙げると、1870年代外資先導し生産を始め器械製糸業は従来の手操り生糸代わって中国の代表的な輸出生産品占めたしかしながら外資以外は自己資本乏し零細工場ばかりで、資本大部分外部仰がざるをえなかった。 日清戦争敗戦期に全面的な改革の実施目指した光緒帝康有為が行った1898年戊戌の変法西太后らによる戊戌の政変失敗終わった一方同年から義和団事変清朝大敗した1900年にかけ、欧州列強諸国清朝各地に租借地排他的勢力圏設定し、ここに自国資本導入して鉄道建設鉱山開発などに着手した。 この「中国分割」に列強一員として加わり本国との距離が欧米よりも近い日本は、1905年日露戦争勝利自国勢力圏とした満州南部南満州鉄道設立撫順炭鉱開発などを行い後の工業地域基盤築いた西太后自身1901年から開始した光緒新政含めこれらの諸政府による政策は中国の近代化工業化促進したが、同時に清朝による全国統治の継続困難にした。辛亥革命によって1912年清朝滅亡した後は中華民国各地に軍閥割拠する分裂状態となった経済面を含む国家政策立案不可能で、中国の工業化はさらに遅れたその後第一次世界大戦は、欧米製品流入減らし中国経済大きなチャンスもたらした。こうして、中国でも紡績業など工業化兆し見えてきたのである1920年代入り広州から北伐続けた中華民国政府国民革命軍北上続け1928年にはようやく中国全土統一回復した。この政府指導者となった蔣介石は、国際金融都市として発展した上海中心とする浙江財閥の娘の宋美齢結婚し蔣介石政権ではブルジョワ政党規定される中国国民党民族資本家の協力進んだ。 中国は世界恐慌の影響受けながらもドイツとの協力中独合作)による経済建設目指しナチス政権成立後天然資源供与との交換経済建設一定の成果挙げたが、1937年からの日中戦争により蔣介石政権沿海部の商工業都市の支配権失いドイツとの協力関係終了したまた、占領地日本樹立した南京国民政府不安定で戦闘継続する状況では長期的な経済政策立案できず、中国の工業化は再び中座した一方1932年満州国建国され日本による支配強化され満州では、満州重工業開発などの企業による重工業中心開発進められた。満州日本の戦争遂行支え資源供給地として位置付けられその利益日本によって利用されたが、高い鉄道敷密度など、中国本土先駆け産業建設工業化目指された。1945年8月ソ連対日宣戦日本軍降伏満州国崩壊すると、旧満州地域中国東北部として再び中国の一部となった同地域で留用された日本人技術者ソ連掠奪した産業施設復旧中国人への技術移転などを行い東北部が中国の工業化先進地域として機能する準備整えられた1949年中華民国蔣介石政権)を台湾追って成立した中華人民共和国は、ソ連と同様中国共産党プロレタリア独裁政権規定される共産主義政権だったが、中国共産党中央委員会主席毛沢東農村からの社会主義革命基礎とする毛沢東主義の提唱者だったため、その経済政策人民公社象徴される農業工業一体化や、下放政策行われた大都市発展抑制など、農本主義的な傾向強く持った農村製鉄実施により粗鋼生産量イギリスを超えるとした1958年からの大躍進政策農村の生活極度に窮乏させ、1965年からの文化大革命では高等教育機関閉鎖を含む技術者迫害追放死亡につながるなど、毛沢東指導下の経済建設混迷極め中ソ対立によるソ連からの訪中技術者帰国もあって、中国社会工業化遅々として進まなかった。 1976年毛沢東共産党主席死去しその後数年のうちに権力握った鄧小平によって文化大革命否定されることになった鄧小平改革開放政策をとなえ、沿海部に経済特別区設け、その政策的優遇のもとでの輸出向け加工工業の発展めざしていった。たしかに中国工業技術面で日本韓国・台湾よりも劣っていたが、圧倒的な人件費安さ強みとなった。これら近隣諸国経済発展をとげていく環境にあって、中国はまず労働集約的工業によって国際的な経済結び付けられていった。しだいに工業地帯限られた特別区から各地広がり製造品目繊維製品から機械部品などへと展開していった。

※この「中国(清朝〜中華人民共和国)」の解説は、「工業化」の解説の一部です。
「中国(清朝〜中華人民共和国)」を含む「工業化」の記事については、「工業化」の概要を参照ください。


中国(銭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 17:08 UTC 版)

「匁」の記事における「中国(銭)」の解説

唐代開元通宝10質量24銖すなわち1両に相当したことから1枚あたりの質量を「銭」と呼ぶようになったそれ以来現在にいたるまで、10銭 = 1両の関係が保たれている。 ただし、開元通宝のような鋳造銭は規定の質量があるとはいえ鋳造による大小あり一様でないため貨幣そのもの分銅代わりになったわけではない現在の定義市制)では1銭=5 gである。

※この「中国(銭)」の解説は、「匁」の解説の一部です。
「中国(銭)」を含む「匁」の記事については、「匁」の概要を参照ください。


中国(推拿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 06:18 UTC 版)

按摩」の記事における「中国(推拿)」の解説

中国大陸では明代以後医療行為としての按摩推拿(すいな)と言うようになった。これは日本では中国整体呼称しているものであり、現在の中国政府公式な中医学医療用語として「推拿」を採用している。現在、日本国内按摩中国大陸推拿は、技法似ているが、用法が全く違うので注意が必要だ。 日本において中国整体という民間療法が行技法多くは、推拿一部専門手法用いた推拿整体療法といえる。しばしば中国整体日本で言う按摩誤解されるが、それは按摩推拿技法一番近いことも関連する現在では、数は少ないが推拿専門教育機関存在している。 「推」には手を一方向押し進めるという意味があり、「拿」にはその押し進めた手で掴みあげるという意味がある中国医学では、その理論に基づいて経絡筋肉関節などに様々な手技(後述按摩の基本手技同一のものも多い)を用いて疾病予防・治療行っており、鍼灸並んで推拿科」として治療をしている病院も多い。また、中国には法的に推拿師・推拿医師という資格がある

※この「中国(推拿)」の解説は、「按摩」の解説の一部です。
「中国(推拿)」を含む「按摩」の記事については、「按摩」の概要を参照ください。


中国(China)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 18:22 UTC 版)

メイプルワールド」の記事における「中国(China)」の解説

中国版限定マップだった地域上海ワイタン宋山里つながっていない。

※この「中国(China)」の解説は、「メイプルワールド」の解説の一部です。
「中国(China)」を含む「メイプルワールド」の記事については、「メイプルワールド」の概要を参照ください。


中国 (1901-1902)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/06 02:38 UTC 版)

ポール・ボー」の記事における「中国 (1901-1902)」の解説

1900年6月から8月の間、大清帝国首都北京義和団事件欧米では「北京の55日」の名で呼ばれることもある)が勃発事件発生当時の駐清国フランス大使ステファン・ピション引き継いでポール・ボーフランス全権特使として清国派遣された。 彼はまた、義和団事件最終的に解決させるための賠償交渉時にフランス代表して事に当たり、この目的1901年9月7日清国欧米列強とが友好的な関係正式に再開させるための条約調印される至って達成された北京議定書)。この条約清国は、4億5千万両テール)もの膨大な賠償金の支払い準備することとなった賠償金のうち2億6500万両フランス取り分である。また、清国はこれ以来外国勢力支配下に置かれる外交特区創設認めることともなった。この特区中において、外国軍隊防衛力恒久的に維持する権利まで有しまた、特区内を排他的に支配すること認められたこの日を境に、中国が欧米列強及び日本より分割されることが現実味帯びてきた。 ポール・ボーはこの清国との交渉ののちの1902年7月に、フランス帰国した

※この「中国 (1901-1902)」の解説は、「ポール・ボー」の解説の一部です。
「中国 (1901-1902)」を含む「ポール・ボー」の記事については、「ポール・ボー」の概要を参照ください。


中国(後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 00:50 UTC 版)

67年」の記事における「中国(後漢)」の解説

洛陽白馬寺建立したという説話による、仏教中国伝来一説の年。

※この「中国(後漢)」の解説は、「67年」の解説の一部です。
「中国(後漢)」を含む「67年」の記事については、「67年」の概要を参照ください。


中国(ちゅうごく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 06:39 UTC 版)

中国 (曖昧さ回避)」の記事における「中国(ちゅうごく)」の解説

中国 - ユーラシア大陸東部地域において成立した国家・社会近代に於ける総称歴史的に中国人居住してきた地域また、その地域樹立され国家。「中華」と同義。「支那」「中国の歴史」も参照 また、下の略称。 漢民族その土地文化等に用いられる地域王朝政権国号、の呼称中国大陸 - ユーラシア大陸東部位置する亜大陸中国本土 - 歴史的に漢民族居住してきた地域現在の中国河南省相当する地域中原の別称。 中華民国 中華民国 (1912年-1949年) - 1912年樹立され1949年まで中国本土拠点とした国家中華民国 - 台湾統治している国家。「台湾」も参照 中華帝国 中華帝国 - 中国史上において、広大な領域支配した歴代王朝。 中華帝国 (1915年-1916年) - 1915年から1916年まで続いた短命政権中華ソビエト共和国 - 1931年瑞金樹立され短命政権中華共和国 - 1933年福州樹立され短命政権中華人民共和国 - 1949年中国共産党によって樹立され国家

※この「中国(ちゅうごく)」の解説は、「中国 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「中国(ちゅうごく)」を含む「中国 (曖昧さ回避)」の記事については、「中国 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


中国(前漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 18:57 UTC 版)

紀元前6年」の記事における「中国(前漢)」の解説

哀帝建平元年4月師丹罷免傅喜大司馬とする。

※この「中国(前漢)」の解説は、「紀元前6年」の解説の一部です。
「中国(前漢)」を含む「紀元前6年」の記事については、「紀元前6年」の概要を参照ください。


中国(周・戦国時代から秦・前漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:12 UTC 版)

紀元前3世紀」の記事における「中国(周・戦国時代から秦・前漢)」の解説

紀元前300年頃 - 湖北省郭店一号楚墓造営され大量の竹簡郭店楚簡)も納められる。 紀元前299年頃 - 懐王が秦に抑留され代わって頃襄王即位紀元前296年 - 趙の武霊王中山国滅ぼす。 紀元前293年 - 伊闕の戦い白起率い秦軍が韓・魏連合軍を破る。 紀元前286年 - 斉が宋を滅ぼす。 紀元前284年 - 燕の楽毅率いる秦・・韓・趙・魏・燕6国連合軍が斉を攻め臨淄陥落済西の戦い)。 紀元前284年 - 秦と趙による黽池会盟紀元前278年 - 白起率い秦軍の都郢を陥落させる詩人屈原汨羅江入水自殺する。 紀元前269年 - 閼与の戦い趙奢率い趙軍秦軍大破する。 紀元前260年 - 長平の戦い白起率い秦軍が趙兵40万人殺害する紀元前256年 - 秦が東周滅ぼす。滅ぼす。 紀元前249年 - 呂不韋が秦の丞相となる。 紀元前247年 - 秦王政即位紀元前241年 - 函谷関の戦い蕞の戦い紀元前238年 - 秦の長信嫪毐の乱が鎮圧され連座して呂不韋失脚李斯丞相となる。 紀元前230年 - 秦が韓を滅ぼす。 紀元前228年 - 秦が趙を滅ぼす。 紀元前227年 - 荊軻による秦王政暗殺未遂事件紀元前225年 - 秦が魏を滅ぼす。 紀元前223年 - 秦が滅ぼす。 紀元前222年 - 秦が燕を滅ぼす。 紀元前221年 - 秦王政が斉を滅ぼし中国を統一する( - 紀元前206年)。秦王政始皇帝名乗る丞相中心とする官制整備度量衡統一万里の長城建設紀元前219年 - 始皇帝泰山封禅儀式を行う紀元前217年 - 睡虎地秦簡埋葬者とともに墓に納められる。 紀元前214年 - 秦の百越征服終わり南海郡桂林郡象郡設置する霊渠完成する紀元前213年 - 秦の始皇帝宰相李斯進言により焚書坑儒実施紀元前210年 - 秦の始皇帝死去し始皇帝陵驪山陵)に埋葬される二世皇帝胡亥即位紀元前209年 - 陳勝・呉広の乱紀元前207年 - 望夷宮の変胡亥殺害される趙高倒した秦王子嬰即位紀元前206年 - 子嬰降伏による秦の滅亡鴻門の会楚漢戦争始まる。 紀元前202年 - 垓下の戦い劉邦項羽滅ぼし前漢建てる( - 紀元後8年

※この「中国(周・戦国時代から秦・前漢)」の解説は、「紀元前3世紀」の解説の一部です。
「中国(周・戦国時代から秦・前漢)」を含む「紀元前3世紀」の記事については、「紀元前3世紀」の概要を参照ください。


中国(中国経済産業局)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 04:00 UTC 版)

一般ガス導管事業者」の記事における「中国(中国経済産業局)」の解説

鳥取ガス 浜田ガス 出雲ガス 松江市ガス局 米子ガス 岡山ガス 津山ガス 水島ガス 広島ガス - 広島電鉄同根岩谷産業筆頭株主 福山ガス 因の島ガス 山口合同ガス

※この「中国(中国経済産業局)」の解説は、「一般ガス導管事業者」の解説の一部です。
「中国(中国経済産業局)」を含む「一般ガス導管事業者」の記事については、「一般ガス導管事業者」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.中国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

中国

出典:『Wiktionary』 (2021/06/14 14:42 UTC 版)

発音(?)

京阪式アクセント

ちゅ↗ー↘ごく

固有名詞1

(ちゅうごく)

  1. 東アジアにおける、主に漢民族により構成された国又は地域名
  2. 中華人民共和国

語源

中華思想基づく、世界の中心の国との説が有力であるが、単に「わが国」を意味しているとの説もある。

関連語

翻訳

固有名詞2

(ちゅうごく)

  1. 日本の地域名。中国地方

語源

延喜式で、畿内からの距離による「近国」「中国」「遠国」の三区分のうち、「中国」に属していたため。異説ではヤマト王権九州王朝間に存在した地方であるため

名詞

(ちゅうごく)

  1. (日本史) 令制国国力より分類し国司等の官位等級基準したもの

「 中国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




.中国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.中国」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引の見方

    FTSE中国25証拠金取引は、FTSE中国25に連動して値動きする銘柄です。そのため、FTSE中国25の値動きや構成銘柄の特徴を知ることでFTSE中国25証拠金取引の値動きを予測できます。FTSE中国...

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場との関係

    株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、FTSE中国25証拠金取引の値動きのもととなるFTSE中国25に似た動きをするハンセン指数と主要通貨のチャー...

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

  • CFDの大豆相場の見方

    CFDのコモディティの銘柄の1つに大豆があります。大豆は、主に商品先物市場で取引されている銘柄です。CFDでは商品先物市場での価格をベースに取引が行われています。大豆相場を分析する基本情報として、アメ...

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.中国」の関連用語

1
74% |||||


3
56% |||||

4
56% |||||

5
56% |||||

6
56% |||||


8
56% |||||

9
56% |||||

10
56% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.中国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの禅林墨跡 (改訂履歴)、ゴロセウム (改訂履歴)、新安沈船 (改訂履歴)、ヘレフォード図 (改訂履歴)、一般ガス事業者 (改訂履歴)、小学校 (改訂履歴)、ザ・ラストシップ (改訂履歴)、平等主義 (改訂履歴)、江東 (改訂履歴)、鎮西 (改訂履歴)、江西 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、工業化 (改訂履歴)、匁 (改訂履歴)、按摩 (改訂履歴)、メイプルワールド (改訂履歴)、ポール・ボー (改訂履歴)、67年 (改訂履歴)、中国 (曖昧さ回避) (改訂履歴)、紀元前6年 (改訂履歴)、紀元前3世紀 (改訂履歴)、一般ガス導管事業者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの中国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS