往来とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 往来 > 往来の意味・解説 

おう‐らい〔ワウ‐〕【往来】

[名](スル)

行ったり来たりすること。行き来。「車が激しく往来する」

人や乗り物が行来する場所。道路。「往来で遊ぶ」

互いに行ったり来たりすること。交際。「足しげく往来する間柄

感情考えが、心中現れたり消えたりすること。去来

いろいろな人たちのことがわたしの胸を—した」〈藤村千曲川のスケッチ

手紙などのやりとりまた、往復書簡

書簡文模範文例集。→往来物

往来物」の略。


おう‐らい ワウ‥ 【往来】

〔名〕

① (━する) 人や事物が行ったり来たりすること。また、その人

(イ) ある場所へまた、ある道をゆききすること。行ったり帰ったりすること。ゆきき。通行

万葉(8C後)四・五三六左注「未幾時既絶往来月之後更起愛心」〔詩経小雅巧言

(ロ) 互いにゆききすること。交際すること。

日本読本(1887)〈新保磐次〉六「西は東を攻め、南は北と戦ひ、物を掠め土地奪ふ習ひなりしかば、相往来するの心はなく」

(ハ) 補任すること。〔醍醐寺新要録1620)〕

(ニ) (考えなどが)消えたり浮かんだりすること。

半日(1909)〈森鴎外〉「こんな考は余程早くから博士の胸に往来してゐる」

廻国修行行脚(あんぎゃ)。

謡曲鵜飼(1430頃)「げに往来の利益こそ、他を助くべき力なれ」

③ 人や乗り物が行来す道。道路街道

*艸山集(1674)二二・谷口歌「山水愛、恨接往来幽邃

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「往来へ出ると何もしないで店先看板ばかり見て歩行(ある)いて居る」

手紙。特に往復書簡また、そのやりとり訪問時の贈答

宇津保(970‐999頃)国譲中「わうらい月日書きてせん立てて御名給へり」

(5) 手紙。特に往復書簡集め手習いの手本としたもの近世では、寺子屋教科書などに用いられた。「明衡往来」「庭訓往来」など。→往来物

*壒嚢鈔(1445‐46)一「庭訓の往来の詞に」

(6)おうらいてがた往来手形)」の略。

歌舞伎八重霞曾我組糸(1823)序幕返し「疑がやるなら順礼の、この往来(ワウライ)が慥(たし)かな証拠

(7) 熱が出たり引いたりすること。「寒熱往来

(8) 相場一定の範囲内上下して、大幅値動きをしないこと。持合い


おこり‐さめ【発歇・往来】

〔名〕 (「おこりざめ」とも)

① からだの熱が、あるいは高くなり、あるいはさめること。また、病がよくなったり悪くなったりすること。

*全九集(1566頃)二「石膏は〈略〉頭痛を治し、申刻ごとに手足より熱して発さめ有をさます」

物事が強まったりまったりすること。

俳諧二葉の松(1690)「往来(オコリサメ)有る我がなみだ也」


いき‐き【行来・往来】

〔名〕 行くことと来ること。行ったり来たりすること。往来。ゆきき。

玉塵抄(1563)一五「おさない者貴人小路大道にいききの人がみちふさがるほどに」


ゆき‐き【行来・往来】

〔名〕

① (━する) 行くことと来ること。行ったり来たりすること。また、その道。往来。往復。いきき。

古今(905‐914)恋四・七四〇「相坂のゆふつけどりにあらばこそきみがゆききをなくなくもみめ〈閑院〉」

② (━する) つきあうこと。交際すること。つきあい

隣の嫁(1908)〈伊藤左千夫〉五「隣のことであるから自然省作の家と往復(ユキキ)して」

③ 道を行ったり来たりする人。往来の人。ゆききびと。

浄瑠璃傾城反魂香(1708頃)上「実(げに)やゆききも慕ふとは疑ひもなく我等が尋る名木よ」


ゆき‐・く【行来・往来】

〔自カ変行ったり来たりする。行き帰りする。ゆききする。通行する。

万葉(8C後)一・五五あさもよし紀人羨(とも)しも亦打山(まつちやま)行来(ゆきく)と見らむ紀人羨しも」


いって‐こい【行来・往来】

〔名〕

相撲で、急に身をかわして相手をよろめかせること。いなすこと。

歌舞伎で、舞台面が回って他の舞台面替わり、さらに再転して元の舞台面となること。

取引相場で、かなりの幅の値上がり、または、値下がりをしたのに、すぐ、もとの相場に戻ってしまうこと。


いったり‐きたり【行来・往来】

〔名〕

① 行くことと来ること。それが反復して繰り返されること。また、交際すること。ゆきき。去来

人情本春色梅児誉美(1832‐33)後「中の郷は私が往来(イッタリキタリ)に遠いし」

② 同じことを繰り返し思うこと。

藁草履(1902)〈島崎藤村〉一「胸の中には勝負のことが往ったり来たりするばかり」


往来

読み方:オウライ(ourai)

(1)道路
(2)往来物
(3)往来手形の略。


往来

作者古井由吉

収載図書長い町の眠り
出版社福武書店
刊行年月1989.5


往来

作者永井龍男

収載図書朝霧青電車その他
出版社講談社
刊行年月1992.3
シリーズ名講談社文芸文庫


往来

作者野溝七生子

収載図書暖炉野溝七生子短篇全集
出版社展望
刊行年月2002.2


往来

出典:『Wiktionary』 (2019/03/10 01:39 UTC 版)

名詞

おうらい

  1. 行ったり来たりすること。交通
  2. 道路通り
  3. お互いに行き来すること。交際
  4. 考え感情現れたり消えたりすること。去来

発音

お↗ーらい

動詞

活用

サ行変格活用
往来-する
  1. 行ったり来たりする。
  2. お互いに行き来する交際する。
  3. 考え感情現れたり消えたりする。去来する。



往来と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「往来」の関連用語

往来のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



往来のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの往来 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS