ソサエティーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ソサエティーの意味・解説 

ソサエティー【society】

読み方:そさえてぃー

《「ソサイエティー」とも》

社会社交界。「インダストリアル―」

会。協会団体名などに付けて用いる。「ジャパン―」


ソサエティー

原題:Society
製作国:アメリカ
製作年:1989
配給:CFD配給
スタッフ
監督:Brian Yuzna ブライアン・ユズナ
製作:Keith Walley キース・ウォリー
製作総指揮:Paul White ポール・ホワイト

Keizo Kabata ケイゾー・カバタ
脚本:Woody Keith ウッディ・キース

Rick Fry リック・フライ
撮影:Rick Fichter リック・フィクター
SFX:Screaming Mad George スクリーミング・マッド・ジョージ
音楽:Mark Ryder マーク・ライダー

Phil Davies フィル・ディヴィーズ
字幕:杉山緑 スギヤマミドリ
キャスト(役名
Billy Warlock ビリー・ワーロック (Bill Whitney
Devin Devasquez デヴィン・デヴァスケス (Clarisa
Evan Richards イヴァン・リチャーズ (Milo
Ben Meyerson  (Ferguson
Patrice Jennings  (Jenny
Tim Bartell  (Blanchard
Heidi Kozak  (Shauna
解説
自分だけが周囲の人間かけ離れた社会=ソサエティーに入り込んでしまったと思い込む青年目を通して描くサスペンス・ホラー。エグゼクティヴ・プロデューサーポール・ホワイトケイゾー・カバタ、製作はキース・ウォリー監督は「死霊のしたたり2」(ビデオ発売)のブライアン・ユズナ脚本ウッディ・キースリック・フライ共同撮影リック・フィクター音楽マーク・ライダーフィル・ディヴィーズ担当出演ビリー・ワーロックデヴィン・デヴァスケスほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
ビバリー・ヒルズ何不自由なく暮ら上流階級息子ビルビリー・ワーロック)は、ある日近所の人々はおろか両親や妹までが自分と違う種族=ソサエティーであることを知ってしまった。ソサエティーとは外観人間変わらないが、ある行為に及ぶと姿や性格豹変してしまう、人間とは異なった生物であるのだ。彼らは人間と同様地球上で進化繰り返し時には人間獲物として生きてきていたのだった。さらに驚くことにビル両親は彼を獲物として今日まで育ててきたという。突然別の世界放り込まれ思いビル自分何者か分からなくなり困惑する夜な夜な開かれるソサエティーのおぞましいパーティー。そして獲物であるビル魔の手次第迫っていく。そんなある日、ついにパーティービルあやうくソサエティーたちに襲われる。しかし、最後にはビルとソサエティーの一騎うちとなり、闘いの末ソサエティーを倒すのだった

ソサエティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 02:10 UTC 版)

ソサエティー』(原題:Society)は1989年制作のアメリカ合衆国ホラー映画。監督はブライアン・ユズナ、出演はビリー・ワーロック、デヴィン・デヴァスケス、エヴァン・リチャーズ、ベン・メイヤーソンらが務めている。ビバリーヒルズに住むティーンエイジャーが、裕福な両親が上流階級のための恐ろしいカルト集団の一員であると疑い始める、という物語である。


  1. ^ スペースインベーダー』(1986)のリメイク元となった作品
  1. ^ Society (1989) - IMDb”. 2022年6月24日閲覧。
  2. ^ Williams, Owen (2013年10月31日). “Brian Yuzna Developing Society Sequel”. Empire Online. 2021年10月14日閲覧。
  3. ^ a b Kane, Elric (2015年10月28日). “Interview: Brian Yuzna Comes Clean On SOCIETY!”. Blumhouse Productions. 2019年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月30日閲覧。
  4. ^ a b c d Brown, Phil (2015年5月20日). “Interview: Brian Yuzna talks Society Blu-ray and Sequel!”. Fangoria. 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。
  5. ^ Ognjanovic, Dejan (2008年9月28日). “Interview: Brian Yuzna”. Beyond Hollywood. 2015年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。
  6. ^ Towlson, Jon (2014). Subversive Horror Cinema. McFarland & Company. p. 190. ISBN 9780786474691. https://books.google.com/books?id=1icXAwAAQBAJ&pg=PA190 
  7. ^ Knight, Jacob Q. (2015年6月22日). “Target Practice: Society (1989) & Happiness of the Katakuris (2001)”. Shock Till You Drop. 2015年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月24日閲覧。
  8. ^ Kermode, Mark (2011). The Good, The Bad and The Multiplex. Random House. pp. 92–93. ISBN 978-1-409-02349-4. https://books.google.com/books?id=YZHgrerVVoIC&pg=PA92 
  9. ^ Karl, Williams (2015年). “Society (1989)”. The New York Times (Baseline & All Movie Guide). オリジナルの2015年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150204022554/http://www.nytimes.com/movies/movie/45473/Society/overview 2015年3月10日閲覧。 
  10. ^ Totaro, Donato (1999年2月18日). “Interview with Brain Yuzna and Jillian McWhirter”. Hors Champ. 2009年11月13日閲覧。
  11. ^ Miska, Brad (2015年5月29日). “Brian Yuzna's Society Gets Mutated Blu-ray Release!”. Bloody Disgusting. 2016年3月12日閲覧。
  12. ^ Tunney, Tom. “Society”. Empire. 2015年3月10日閲覧。
  13. ^ Review: 'Society'”. Variety (1989年). 2015年3月10日閲覧。
  14. ^ Wilmington, Michael (1992年2月28日). “MOVIE REVIEW : Shocker-Satire 'Society' Takes Raunchy Look at Upper Class”. Los Angeles Times. オリジナルの2015年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150701170457/https://articles.latimes.com/1992-02-28/entertainment/ca-2860_1_special-effects-screaming-mad-george 
  15. ^ Savlov, Marc (1992年7月24日). “Society”. The Austin Chronicle. オリジナルの2017年12月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171210011823/https://www.austinchronicle.com/calendar/film/1992-07-24/society/ 
  16. ^ The 100 best horror films”. Time Out. 2014年4月13日閲覧。
  17. ^ NF. “The 100 best horror films: the list”. Time Out. 2014年4月13日閲覧。
  18. ^ Paszylk, Bartlomiej (2009). The Pleasure and Pain of Cult Horror Films: An Historical Survey. McFarland & Company. p. 188. ISBN 978-0-786-45327-6. https://books.google.com/books?id=SWCx_jpxkdwC&pg=PA188 
  19. ^ Society (1989) - Rotten Tomatoes”. Rotten Tomatoes.com. Rotten Tomatoes. 2017年11月9日閲覧。
  20. ^ Society: Party Animal Issue 1 & 2 Archived 2013-08-14 at the Wayback Machine. at Homepage of Rough Cut Comics Retrieved 13 August 2013
  21. ^ Cut Comics 10th Birthday: Neill Cameron[リンク切れ] at roughcutcomics.blogspot, 14 November 2011 Retrieved 13 August 2013


「ソサエティー」の続きの解説一覧

「ソサエティー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ソサエティーと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソサエティー」の関連用語

ソサエティーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソサエティーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソサエティー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS