幼少時代とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 幼少時代の意味・解説 

幼少時代


幼少時代

作者谷崎潤一郎

収載図書昭和文学全集 1
出版社小学館
刊行年月1987.5


幼少時代(小学生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 12:43 UTC 版)

ビル・ゲイツ」の記事における「幼少時代(小学生)」の解説

1955年10月28日ワシントン州シアトルで、ビル・ゲイツ・シニアメアリー・マクスウェル・ゲイツとの間に誕生した裕福な家庭だったが、自分のことには一切お金使おうとしなかった。そして会衆派教会日曜学校に通い聖歌隊歌いボーイスカウトにも入っていた。また、エドガー・ライス・バローズターザン物や火星人物を読みあさる一方でフランクリン・ルーズベルトナポレオン偉大な発明家などの伝記耽読した彼は小学校優秀な成績卒業したIQ160である。

※この「幼少時代(小学生)」の解説は、「ビル・ゲイツ」の解説の一部です。
「幼少時代(小学生)」を含む「ビル・ゲイツ」の記事については、「ビル・ゲイツ」の概要を参照ください。


幼少時代(ウィーン以南のオーストリア各地、1861年-1872年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 03:05 UTC 版)

ルドルフ・シュタイナー」の記事における「幼少時代(ウィーン以南オーストリア各地1861年-1872年)」の解説

1861年2月27日オーストリア帝国国境近くの町クラリェヴェクにて、オーストリア南部鉄道通信技師として働く鉄道公務員ヨーハン・シュタイナーとその妻フランチェスカ第一子として誕生両親低地オーストリア出身で、前年5月16日結婚)。 1862年1歳)、メートリングへ転居1863年2歳)、年頭、わずか半年でメートリングを去り、ポットシャッハ(いずれも現在のオーストリア領)へ転居8歳までそこで生活する。妹レオポルディーネと弟グスタフ生まれたのもこの土地である(家族合計5人)。 1868年7歳)、この頃物質界を超え超感覚世界精神界)を感知するようになったという。 1869年8歳)、父親転勤のため、ノイデルフルへ転居する1870年9歳)、学校代用教員幾何学に関する本を借り幾何学魅了される1871年10歳)、カトリック教会ミサ出席し大きな感銘を受ける教区リベラルなカトリック神父を通して地動説を知る。フリーメイソンリー支部出会う。ノイデルフルから5km離れた隣町ウィーナー・ノイシュタット医師カール・ヒッケルを通してドイツ文学を知る。駅にある無線電信電気を知る。読むこと問題なかったが、正しく文字綴ることに苦労する

※この「幼少時代(ウィーン以南のオーストリア各地、1861年-1872年)」の解説は、「ルドルフ・シュタイナー」の解説の一部です。
「幼少時代(ウィーン以南のオーストリア各地、1861年-1872年)」を含む「ルドルフ・シュタイナー」の記事については、「ルドルフ・シュタイナー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「幼少時代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「幼少時代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

幼少時代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幼少時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビル・ゲイツ (改訂履歴)、ルドルフ・シュタイナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS