学生時代とは? わかりやすく解説

学生時代

原題:It's a Great Life(1920)
製作国:アメリカ
製作年:1920
配給:大活配給
スタッフ
監督:E. Mason Hopper E・メイソン・ホッパー
原作:Mary Roberts Rinehart メアリー・ロバーツ・ラインハート
キャスト(役名
Cullen Landis カレン・ランディス (Stoddard
Molly Malone モリー・マローン (Eloise Randall
Clara Horton クララ・ホートン (Lucille Graham
Howard Halston ハワード・ホルストン (The Wop
Otto Hoffman オットー・ホフマン (Proffessor Mozier)
Tom Pearse  (Proffessor Randall
John Lynch(1) ジョン・リンチ (Watchman
解説
白薔薇の君」等の原作者メアリー・ロバーツ・ラインハート女史がサタデイ・イヴニング・ポスト誌に載せた帝国建設者Empire Buildersを脚色したもので、寄宿舎生活の楽し痛快な想い出女史御得意柔らかい筆致描かれている。マーク・トウェインの皮肉と、エドガー喜劇滑稽とを合わせたような面白いもの--とは米誌の評である。主役は「愛の為に」「ピントー」その他出演カレン・ランディス氏で、ハワード・ホルストン君という少年俳優大活躍をする。その他クララ・ホートン嬢やモリー・マローン嬢等の若い腕達者対手をしている。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください

学生時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 23:02 UTC 版)

学生時代」(がくせいじだい)は、1964年に発売されたペギー葉山のシングル。




「学生時代」の続きの解説一覧

学生時代(アルバイト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 03:10 UTC 版)

杉浦友紀」の記事における「学生時代(アルバイト)」の解説

ノブナガ2004年6月20日27日中部日本放送大学生時に同番組のロケ企画"地名しりとり"で上智大学訪れたワッキーペナルティ)としりとりをした。また、この時インタビューで「卒業後アナウンサーなりたい」と話していた。 ドラゴン&ボールアワー2005年4月6日TBSテレビ後番組ハナタカ天狗にも出演この時インタビューで「将来映画関係の仕事に就きたい」と語っていた。

※この「学生時代(アルバイト)」の解説は、「杉浦友紀」の解説の一部です。
「学生時代(アルバイト)」を含む「杉浦友紀」の記事については、「杉浦友紀」の概要を参照ください。


学生時代(中学・高等学校)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 01:19 UTC 版)

古田足日」の記事における「学生時代(中学高等学校)」の解説

1940年昭和15年)、愛媛県三島中学校旧制)に入学同級生に喜井利明がいた。物心ついた頃はすでに軍事色が強く軍国主義少年であることを違和感覚えず育ったが、中学体育軍事教練嫌悪感覚え欠席していた。この頃より父との衝突増える太平洋戦争勃発した1941年昭和16年)夏、父が北京師範大学転身赴任することとなったため、一家東予市転居し足日西条中学校転校する。 兄が進んだ第一高等学校1943年昭和18年)に京都受験する不合格勤労動員により住友金属鉱山下部鉄道で働く。翌年松山高等学校受験するがこれも不合格1945年昭和20年6月大阪外事専門学校ロシア語科に進む。同級生西村芳重、先輩二宮欣也、アラビア語科に足立光夫がいた。 敗戦実の中、当初は枚方市火薬工場働いていたが、火薬材料がないため、製塩命令出て浜寺移動した翌日玉音放送終戦を知る。自分でも戦争続けるか切腹かで迷うなど、まだしばらく軍国主義だった。故郷愛媛で安い米を買い、大阪高く売るかつぎ屋つとめたが、人生でもっとも嫌な時期だったと語り、回願も少ない。

※この「学生時代(中学・高等学校)」の解説は、「古田足日」の解説の一部です。
「学生時代(中学・高等学校)」を含む「古田足日」の記事については、「古田足日」の概要を参照ください。


学生時代(大学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 01:19 UTC 版)

古田足日」の記事における「学生時代(大学)」の解説

1948年昭和23年9月大阪外専中退した後、1949年昭和24年)に早稲田大学第一文学部ロシア文学2年次編入同級生内田莉莎子がいた。生活費がないことから通学せずにすぐ休学した同年4月に、父の紹介により愛媛県宇摩郡金砂村立金砂中学校久保ヶ市分校国語歴史代用教員となった大阪外語友人西村芳重と共に赴任する全校32人(一年生8人、二年生16人、三年生8人)の小規模小学校。夏、父・拡が視察をかねて分校訪れ作文授業をする1992年平成4年)に教え子たち再会するが、この仕事紹介した父の授業印象強く本人印象は薄かったという)。1年教えた所で結核により翌1950年昭和25年3月休職しそのまま退職したこのころ兄の友人講談社編集しており創作民話『ちきりが淵』を持ち込むと『少女クラブ8月号に載り人生初め原稿料をもらう。 早大には1951年昭和26年)から通い始め当初は大学公認サークルである現代文学研究会入会する。だが部室早大童話会斜め向かい位置関係にあり、童話会にも出入りするうになると、これまで大人向け文学作品しか考えていなかったはずが、1年たつと童話会のほうに魅力感じていった。童話会で神宮輝夫鳥越信山中恒らと知り合う古田加えた4人は交流深く以後前述の4人」と記す。童話機関誌『童苑』にも作品掲載される在学中に『童苑』を1953年昭和28年6月4日発行19号分から少年文学』と改題マニフェスト少年文学の旗の下に!」の起草参画。これは“少年文学宣言”と呼ばれ当時児童文学界に大きな議論巻き起こした。これには前述の鳥越のほか、鈴木実参加以後鈴木とも交流深めるその後小さな仲間」に同人入りする砂田弘とも交流深める1953年昭和28年9月早大中退11月結婚した妻による、中学高校非常勤講師収入たよりながら、宣言内実深めるために児童文学評論書き始める

※この「学生時代(大学)」の解説は、「古田足日」の解説の一部です。
「学生時代(大学)」を含む「古田足日」の記事については、「古田足日」の概要を参照ください。


学生時代(ラジオDJ時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 07:00 UTC 版)

首藤真吾」の記事における「学生時代(ラジオDJ時代)」の解説

大学入りたての頃、バンドのボーカル及びギター担当福岡県内ライブハウスなどで活動この時期に福岡RKBMOMO CAN DOゲスト出演した事がきっかけとなり、メディア世界目指すようになった2004年12月からコミュニティFMFM KITAQ大学生スタッフとして採用され1年半在籍中6番組担当2006年4月からCROSS FMにて採用される同局番組としては「SUNDAY FREESTYLE CAFÉ」、「n.g!」の担当となる。 九州工業大学大学院修了後2007年4月からは、首藤出身地にあるテレビ宮崎アナウンサーとして入社同郷GLAY氷室京介のサポートドラマーTOSHI NAGAI永井利光)との親交深くSnail RampヤドカリR.O.B冨永裕輔など、ミュージシャン友達が多い。 大学在学中は、FM KITAQ生放送CROSS FM収録放送であった

※この「学生時代(ラジオDJ時代)」の解説は、「首藤真吾」の解説の一部です。
「学生時代(ラジオDJ時代)」を含む「首藤真吾」の記事については、「首藤真吾」の概要を参照ください。


学生時代(16歳〜)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 07:45 UTC 版)

シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事における「学生時代(16歳〜)」の解説

1925年6月16歳で哲学バカロレア(大学入学資格試験)に合格したシモーヌソルボンヌ大学含めフランスのどの大学にも入る資格得たが、さらに上の高等師範学校目指してアンリ4世高等中学高等師範入学準備学級(カーニュ)に入った。ここで哲学者アラン教え受けたことはシモーヌ多大な影響与えたシモーヌアラン授業接した時期は、アラン自身が最も影響を受けたリセ時代哲学教師ジュール・ラニョー回想録発表したラニョー遺稿集発刊したりしていた時期重なっていた。シモーヌ同級生には、アラン同じくラニョー弟子であった農民レオン・ルテリエ息子がいて、夏休みにはレオン・ルテリエ故郷農園足繁く通い前年死去していた彼のノート筆写をしてルテリエ遺稿集発刊協力した在学2年目での受験失敗したシモーヌ猛勉強を始めソルボンヌ大学講義にも出かけた1928年在学3年目シモーヌパリ高等師範学校試験に合格した。彼女は高等師範学校在籍中アラン講義を受けにアンリ4世校へたびたび出かけソルボンヌ大学にも登録して哲学関係の講義出席した1931年7月22歳シモーヌ哲学アグレガシオン(大学教授資格)試験に合格した。

※この「学生時代(16歳〜)」の解説は、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の解説の一部です。
「学生時代(16歳〜)」を含む「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事については、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の概要を参照ください。


学生時代( - 2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 06:55 UTC 版)

山根星子」の記事における「学生時代( - 2010年)」の解説

東大阪市出身4歳からクラシック音楽ヴァイオリンなどを習っていた。地元大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業後愛知県立芸術大学音楽学部器楽学科)に進学同大学院にまで進む。在学中ドイツに度々出掛け留学視野現地の状況リサーチしたり講習などを受けていた。 2006年大学院修士課程修了後に渡独して首都ベルリン在住個人レッスン語学学校にも通いながら各音大を受験して北部ロストック音楽大学に合格し、2007年から在学するブランデンブルク国立管弦楽団研修機会を得たりベルリン交響楽団参加するなど優秀な成績修め同校首席卒業するその間現地クラブミュージックなど現代音楽傾倒するようになり、2007年前衛的な演劇作品参加2009年には、同じドイツ活動していた日本人ダンサー 木村千津とコンテンポラリーダンス・プロジェクト「Tansik」を開始するなど、在学中の頃から現地ミュージシャンとの交流深める。 そして翌2010年、クラングシュタイン奏者ユルゲン・ハイデマンとペア組みニューエイジ系のプロジェクトKiSeki」を開始。このユルゲンとの縁で翌年に、ドイツ・ロック界の重鎮エドガー・フローゼタンジェリン・ドリーム主宰)と出会う

※この「学生時代( - 2010年)」の解説は、「山根星子」の解説の一部です。
「学生時代( - 2010年)」を含む「山根星子」の記事については、「山根星子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学生時代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学生時代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

学生時代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学生時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学生時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの杉浦友紀 (改訂履歴)、古田足日 (改訂履歴)、首藤真吾 (改訂履歴)、シモーヌ・ヴェイユ (哲学者) (改訂履歴)、山根星子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS