ロシア人とは? わかりやすく解説

ロシア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/07 11:32 UTC 版)

ロシア人(ロシアじん)、ロシア民族(ルースキエ;русскиеルースキイェ)は、東スラヴ人に属する民族である。ロシア語を持つ。ロシア連邦(80%以上)・ウクライナ(17.3%)・ベラルーシ(11.4%)などを中心として旧ロシア帝国や旧ソビエト連邦構成国に広く居住する。


  1. ^ Ethnic groups in Russia, 2002 census, Demoscope Weekly. Retrieved 14 August 2009
  2. ^ (2001 census) Archived 2008年3月23日, at the Wayback Machine.
  3. ^ (2012) (ロシア語)
  4. ^ Selected Social Characteristics in the United States: 2007”. U.S. Census American Community Survey (2007年). 2009年4月23日閲覧。
  5. ^ (1999)
  6. ^ BBC NEWS | Asia-Pacific | Russians left behind in Central Asia
  7. ^ [1]
  8. ^ [2] Although millions of immigrants arrived in Germany from Russia, only about 560,178 of them are Ethnic Russians, according to recent German government estimates.
  9. ^ (2006)
  10. ^ Национальный состав населения”. Kyrgyz Statistical Agency. Kyrgyz Statistical Agency (2009年). 2010年3月26日閲覧。
  11. ^ 2004 Moldovan Census Archived 2009年11月13日, at the Wayback Machine. and Transnistrian Census data.
  12. ^ [3]
  13. ^ Turkmen pledge on Russian rights, BBC News
  14. ^ (2006 estimate) "300,000 Russians in the UK, "Londongrad" a prime location"
  15. ^ Câmara de Comércio Brasil-Rússia
  16. ^ (2009)Census Archived 2012年9月6日, at the Wayback Machine.
  17. ^ (2001)
  18. ^ CIA - The World Factbook
  19. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月30日閲覧。
  20. ^ a b (2000)
  21. ^ (2002 census) Archived 2007年10月6日, at the Wayback Machine.
  22. ^ Créditos
  23. ^ (2005 census)
  24. ^ (ルーマニア語) Informatii utile | Agentia Nationala pentru Intreprinderi Mici si Mijlocii Archived 2007年5月13日, at the Wayback Machine.
  25. ^ (31.12.2010)
  26. ^ (2016)
  27. ^ (1999)[リンク切れ]
  28. ^ (2000 census)
  29. ^ (2002 census)
  30. ^ (2002 census)
  31. ^ [4]
  32. ^ excerpted from Glenn E. Curtis (ed.) (1998年). “Russia: A Country Study: Kievan Rus' and Mongol Periods”. Washington, DC: Federal Research Division of the Library of Congress. 2007年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月20日閲覧。
  33. ^ Russia”. Encyclopedia Britannica. 2008年1月31日閲覧。
  34. ^ Microsoft Encarta Online Encyclopedia 2007. “Russian Literature”. 2009年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年2月21日閲覧。
  35. ^ Russia::Music”. Encyclopædia Britannica. 2011年2月21日閲覧。
  36. ^ A Tale of Two Operas”. Petersburg City. 2011年2月21日閲覧。
  37. ^ Garafola, L (1989). Diaghilev's Ballets Russes. Oxford University Press. p. 576. ISBN 0195057015 
  38. ^ Russia::Motion pictures”. Encyclopædia Britannica (2007年). 2007年12月27日閲覧。
  39. ^ Опубликована подробная сравнительная статистика религиозности в России и Польше” (ロシア語). 2011年4月12日閲覧。
  40. ^ A web-site with information about current pagan activity in Russia.” (ロシア語). 2011年4月12日閲覧。
  41. ^ A site with a lot of information on Slavic Paganism.” (ロシア語). 2011年4月12日閲覧。
  42. ^ A Slavic spiritualism site calling for returning to the roots.” (ロシア語). 2011年4月12日閲覧。
  43. ^ "Two sources of the Russian patrilineal heritage in their Eurasian context". American Journal of Human Genetics 82 (1): 236–50. January 2008. doi:10.1016/j.ajhg.2007.09.019. PMC 2253976. PMID 18179905.


「ロシア人」の続きの解説一覧

ロシア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 07:58 UTC 版)

フィンランドの人口統計」の記事における「ロシア人」の解説

詳細は「ロシア系フィンランド人英語版)」を参照 ロシア系フィンランド人英語版)は主に2波に分けてフィンランド移民してきた。そのうち5千人は19世紀と20世紀初期にフィンランドフィンランド大公国としてロシア帝国治下にあった時期移民してきたロシア人の末裔であり、2波目ソビエト連邦が解体した後に移民してきた者である。2波目移民起こった要因1つに、フィンランド大統領マウノ・コイヴィストが行った、イングリア人祖先とする者にフィンランドへの移民許可するという国際法帰国英語版)に基づ取り組みがある。 2015年時点では約3万人がロシア連邦市民権有しており、約7万人人口の1.3%)がロシア語母語としている。

※この「ロシア人」の解説は、「フィンランドの人口統計」の解説の一部です。
「ロシア人」を含む「フィンランドの人口統計」の記事については、「フィンランドの人口統計」の概要を参照ください。


ロシア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 09:56 UTC 版)

エレナ」の記事における「ロシア人」の解説

エレーナ・アファナシェワ - 政治家エレーナ・イシンバエワ - 陸上競技選手エレーナ・イリニフ - フィギュアスケート選手エレーナ・イワノワ - フィギュアスケート選手エレーナ・エレシナ - 陸上競技選手エレーナ・カリス - 写真家エレーナ・クリカノワ - フィギュアスケート選手エレーナ・グネーシナ - 作曲家ピアノ教師エレーナ・コンダコワ - 宇宙飛行士エレーナ・ゴルチャコワ - 陸上競技選手エレーナ・ゴーディナ - バレーボール選手エレーナ・ザモロドチコワ - 体操選手エレーナ・シャリギナ - レスリング選手エレーナ・シュシュノワ - 体操選手エレーナ・スクルィーニク - 政治家エレーナ・スレサレンコ - 陸上競技選手エレーナ・ソコロワ - フィギュアスケート選手エレーナ・チューリナ - バレーボール選手エレーナ・デメンチェワ - テニス選手エレーナ・ニコラエワ - 陸上競技選手エレーナ・ハリアヴィナ - フィギュアスケート選手エレーナ・バシュキロワ - ピアニストエレーナ・ピンガチェワ - フィギュアスケート選手エレーナ・フィルソヴァ - 作曲家エレーナ・プロホロワ - 陸上競技選手エレーナ・ベクマン=シチェルビナ - ピアニスト作曲家エレーナ・ベスニナ - テニス選手エレーナ・ベチケ - フィギュアスケート選手エレーナ・ベレズナヤ - フィギュアスケート選手エレーナ・ボドレゾワ - フィギュアスケート選手エレーナ・ボビナ - テニス選手エレーナ・ボンネル - 人権活動家エレーナ・ラジオノワ-フィギュアスケート選手 エレーナ・リアブチュク - フィギュアスケート選手エレーナ・リホフツェワ - テニス選手エレーナ・レオノワ - フィギュアスケート選手エレーナ・ロマノフスカヤ - フィギュアスケート選手エレーナ・ロマノワ - 陸上競技選手エレーナ・ワロワ - フィギュアスケート選手

※この「ロシア人」の解説は、「エレナ」の解説の一部です。
「ロシア人」を含む「エレナ」の記事については、「エレナ」の概要を参照ください。


ロシア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:50 UTC 版)

空母いぶき」の記事における「ロシア人」の解説

アレクサンドル・ヤゾフ ロシア連邦軍参謀本部情報総局所属駐日ロシア大使館駐在武官階級大佐。「しらぬい」にSu-57接近させたことへの日本政府からの抗議に対して大使代わり外務省出向いた。榎田防衛相大杉外相沢崎局長との面会で、「『しらぬい』と日本政府に対して一歩退かぬ」との意思を伝えるユーリィ・グリゴリエフ ロシア連邦軍東部軍管区司令官階級大将次期大統領を狙うボグダノフ国防相懐刀目されている後に提督昇進し改編された北方艦隊旗艦シビリャコフ艦長着任したアレクサンドル・ボグダノフ ロシア連邦政府国防相階級大将留萌沖での戦闘について情報戦先手を打ってロシア現地TVで「自衛隊先制攻撃された」と主張した宗谷事変の後、ロシア大統領選挙において勝利新大統領となる。 ニコライ・ブーニン ロシア連邦海軍大佐カムチャッカ艦隊所属アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート「フロータ」の艦長務めている。

※この「ロシア人」の解説は、「空母いぶき」の解説の一部です。
「ロシア人」を含む「空母いぶき」の記事については、「空母いぶき」の概要を参照ください。


ロシア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 13:40 UTC 版)

イラリオン」の記事における「ロシア人」の解説

イラリオン・プリャニシニコフ - 19世紀ロシア画家イラリオン・アルフェエフ - ロシア正教会渉外局長大主教

※この「ロシア人」の解説は、「イラリオン」の解説の一部です。
「ロシア人」を含む「イラリオン」の記事については、「イラリオン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロシア人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ロシア人

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 00:38 UTC 版)

名詞

ロシア(ろしあじん (roshiajin))

  1. ロシア国籍を持つロシア出身者
  2. ロシア主要民族ウクライナ人ベラルーシ人などどともに東スラヴ属する。
  3. (やや不正確な用法古代ルーシキエフ・ルーシ)の民。古代ルーシ人。古代東スラヴ人

「ロシア人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロシア人」の関連用語

ロシア人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロシア人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロシア人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフィンランドの人口統計 (改訂履歴)、エレナ (改訂履歴)、空母いぶき (改訂履歴)、イラリオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのロシア人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS