モンゴル系民族とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > モンゴル系民族の意味・解説 

モンゴル系民族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/22 00:17 UTC 版)

モンゴル系民族(Mongols、モンゴル文字ᠮᠣᠩᠭᠤᠯ Mongɣulキリル文字Монгол)は、モンゴル高原(現在のモンゴル国中華人民共和国内モンゴル自治区を合わせたものにほぼ一致する地域)にバイカル湖~興安嶺の一帯とバイカル湖~アルタイ山脈の一帯を合わせた地域(中央ユーラシア)に居住するモンゴル諸語を母語とする民族。




  1. ^ Монголын үндэсний статистикийн хороо”. National Statistical Office of Mongolia. 2013年11月14日閲覧。
  2. ^ Demographics of China
  3. ^ 2,656 Mongols proper, 461,389 Buryats, 183,372 Kalmyks (Russian Census (2010))
  4. ^ “'Korean Dream' fills Korean classrooms in Mongolia”, The Chosun Ilbo, (2008-04-24), オリジナルの2008年9月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080923234831/http://english.chosun.com/w21data/html/news/200804/200804240009.html 2009年2月6日閲覧。 
  5. ^ Bahrampour, Tara (2006年7月3日). “Mongolians Meld Old, New In Making Arlington Home”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/07/02/AR2006070200875.html 2007年9月5日閲覧。 
  6. ^ President of Mongoli Received the Kalmyk Citizens of the Kyrgyz. 2012
  7. ^ “Latest numbers show 7,500 Mongolians working in Czech Republic”, Mongolia Web, (2008-02-19), http://www.mongolia-web.com/content/view/1630/2/ 2008年10月4日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g Mongolia National Census 2010 Provision Results. National Statistical Office of Mongolia (Mongolian)
  9. ^ NHS Profile, Canada, 2011
  10. ^ Bevölkerung nach Staatsangehörigkeit und Geburtsland” [Population by citizenship and country of birth] (German). Statistik Austria (2014年7月3日). 2014年8月21日閲覧。
  11. ^ National Bureau of Statistics of the People's Republic of China (April 2012). Tabulation of the 2010 Population Census of the People's Republic of China. China Statistics Press. ISBN 978-7-5037-6507-0. http://www.stats.gov.cn/tjsj/pcsj/rkpc/6rp/indexch.htm 2013年2月19日閲覧。 
  12. ^ China Mongolian, Mongol Ethnic Minority, Mongols History, Food
  13. ^ China.org.cn – The Mongolian ethnic minority
  14. ^ China.org.cn – The Mongolian Ethnic Group
  15. ^ 金岡 2000,p24‐25
  16. ^ 金岡 2000,p25‐27
  17. ^ 金岡 2000,p27
  18. ^ 金岡 2000,p28‐29
  19. ^ 『史記』匈奴列伝
  20. ^ 『三国志』烏丸鮮卑等伝、『晋書』載記
  21. ^ 『魏書』列伝第九十一、『北史』列伝第八十六
  22. ^ 『魏書』列伝第八十八、『北史』列伝第八十二
  23. ^ 『隋書』『北史』『新唐書』『新五代史』
  24. ^ 『隋書』列伝第四十九 北狄「又西北數千里,至大室韋,徑路險阻,語言不通。」,『北史』列伝第八十二「又西北數千里至大室韋,徑路險阻,言語不通。」
  25. ^ 『旧唐書』列伝第一百四十九下 北狄
  26. ^ 『新唐書』列伝第一百四十四 北狄
  27. ^ 『遼史』本紀第二十四 道宗四
  28. ^ 宮脇 2002,p66
  29. ^ 村上 1970
  30. ^ 岡田 2004
  31. ^ 宮脇 2002,p188-213
  32. ^ 宮脇 2002,p223
  33. ^ Pullyblank(1962)やLigeti(1970)によると、鮮卑語の特徴はモンゴル語であるという。《『騎馬民族史1』p9 注15、p218 注2》
  34. ^ L.Ligeti(Le Tabghatch,un dialecte de la langue Sien-pi,1970)は、鮮卑拓跋語はモンゴル語の特徴を有し、テュルク語の特徴とは相容れないと強調する。《内田 1975,p4》
  35. ^ 『東北古代民族研究論網』
  36. ^ Boodberg (1936)Bazin (1950) は、東胡の子孫である鮮卑族、特に拓跋部の言語を turkish ないし proto-turkish original であるとした。《『騎馬民族史1』p9 注15、p218 注2》
  37. ^ Pullyblank (1962)Ligeti (1970) によると、鮮卑語(特に拓跋語)の特徴はモンゴル語であるという。《『騎馬民族史1』p9 注15、p218 注2》
  38. ^ 『三国志』鮮卑伝(王沈『魏書』)「其言語習俗與烏丸同。」、『後漢書』鮮卑伝「其言語習俗與烏桓同。」
  39. ^ 『騎馬民族史1』p217
  40. ^ 島田 2014年,p99-100
  41. ^ 『魏書』列伝第八十八、『北史』列伝第八十二
  42. ^ 『魏書』列伝第八十八、『北史』列伝第八十二
  43. ^ 『魏書』列伝第八十八、『北史』列伝第八十二
  44. ^ 宮脇 2002,p138
  45. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年) 


「モンゴル系民族」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モンゴル系民族」の関連用語

モンゴル系民族のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モンゴル系民族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモンゴル系民族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS