モンゴル語とは? わかりやすく解説

モンゴル‐ご【モンゴル語】

読み方:もんごるご

アルタイ諸語のうち、モンゴル民族によって話されている言語。狭義のモンゴル語であるハルハ語(モンゴル国公用語)のほか、チャハル語・カルムイク語ブリヤート語などを含む。蒙古語


モンゴル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/13 08:29 UTC 版)

モンゴル語(モンゴルご、Монгол хэл、Mongol hel、ᠮᠤᠩᠭᠤᠯ
ᠬᠡᠯᠡ
、mongGul kele)は、モンゴル諸語に属する言語であり、モンゴル国の国家公用語である。モンゴル語を含むモンゴル語族は、テュルク語族及びツングース語族とともにアルタイ諸語と呼ばれる。


  1. ^ a b 東外大のモンゴル語のモジュール
  2. ^ Törijn alban josny helnij tuhaj huul'”. MongolianLaws.com (2003年5月15日). 2009年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月27日閲覧。 The decisions of the council have to be ratified by the government.
  3. ^ "Mongγul kele bičig-ün aǰil-un ǰöblel". See Sečenbaγatur et al. 2005: 204.
  4. ^ 日本モンゴル学会コラム「中国のモンゴル語教育の危機」(二木博史)
  5. ^ 荒井幸康 (2013年9月19日). “モンゴル人を悩まし続けている「文字」の変遷 政治勢力に翻弄され、縦書きと横書きを行ったり来たり”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38720 2013年9月28日閲覧。 


「モンゴル語」の続きの解説一覧

モンゴル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 15:04 UTC 版)

母音調和」の記事における「モンゴル語」の解説

モンゴル語では女性母音男性母音とは一語中で共存できないが、中性母音どちらとも共存できる女性母音э /e/ ө /ö/ ү /ü/ 男性母音а /a/ о /o/ у /u/ 中性母音и /i/

※この「モンゴル語」の解説は、「母音調和」の解説の一部です。
「モンゴル語」を含む「母音調和」の記事については、「母音調和」の概要を参照ください。


モンゴル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 11:19 UTC 版)

語学」の記事における「モンゴル語」の解説

少なくとも日本語母語話者にとっては、モンゴル語の学習は非常に容易である。モンゴル語は膠着語あるため文法的にも非常に近い。その点で韓国語同じだが、韓国語にある激音濃音といった日本人初学者には聞き取れない音声学上の違いもモンゴル語には存在しない。ただし、LとRの違いモンゴルにも存在する母音の「オ」と「ウ」が2種類あるが、これは円唇か平唇かの違いにすぎないので、日本語話者にとってはそれほど大きな負担はなっていない。

※この「モンゴル語」の解説は、「語学」の解説の一部です。
「モンゴル語」を含む「語学」の記事については、「語学」の概要を参照ください。


モンゴル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:34 UTC 版)

ロシア語キー配列」の記事における「モンゴル語」の解説

JCUKEN配列基礎とするが、FCUZHENとも呼ばれる。モンゴル語のキー配列ロシア語大きく異なる

※この「モンゴル語」の解説は、「ロシア語キー配列」の解説の一部です。
「モンゴル語」を含む「ロシア語キー配列」の記事については、「ロシア語キー配列」の概要を参照ください。


モンゴル語 (キリル文字)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 06:02 UTC 版)

パングラム」の記事における「モンゴル語 (キリル文字)」の解説

一例挙げる

※この「モンゴル語 (キリル文字)」の解説は、「パングラム」の解説の一部です。
「モンゴル語 (キリル文字)」を含む「パングラム」の記事については、「パングラム」の概要を参照ください。


モンゴル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 05:25 UTC 版)

性 (文法)」の記事における「モンゴル語」の解説

モンゴル語の単語にも、男性語女性語分類があるが、これは母音調和に関する分類であり、文法的性とは異なり一致生じない。モンゴル語では、母音男性母音女性母音中性母音分類し男性母音の伴う語を男性語女性母音の伴う語または中性母音のみ伴う語を女性語と呼ぶ

※この「モンゴル語」の解説は、「性 (文法)」の解説の一部です。
「モンゴル語」を含む「性 (文法)」の記事については、「性 (文法)」の概要を参照ください。


モンゴル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 16:20 UTC 版)

中国の諸言語訳聖書」の記事における「モンゴル語」の解説

詳細は「en:Bible translations into Mongolian#Translations in Inner Mongoliaを参照 中国内モンゴル自治区では縦書きモンゴル文字を使う。

※この「モンゴル語」の解説は、「中国の諸言語訳聖書」の解説の一部です。
「モンゴル語」を含む「中国の諸言語訳聖書」の記事については、「中国の諸言語訳聖書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「モンゴル語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

モンゴル語

出典:『Wiktionary』 (2021/06/12 13:06 UTC 版)

言語コード
ISO639-1 mn
ISO639-2 mon
ISO639-3 -
SIL KHK

名詞

モンゴルモンゴルご)

  1. モンゴル諸語属す言語モンゴル公用語蒙古語中国内モンゴル自治区でも公用語となっている。テュルク諸語及びツングース諸語とともにアルタイ諸語呼ばれることがあり、朝鮮語アイヌ語日本語もこれに属するとの説もある。文字はかつてモンゴル文字用いたが、現在のモンゴルではキリル文字用いられる内モンゴル自治区では現在でもモンゴル文字用いられている。

翻訳


「モンゴル語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「モンゴル語」の関連用語

モンゴル語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



モンゴル語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモンゴル語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの母音調和 (改訂履歴)、語学 (改訂履歴)、ロシア語キー配列 (改訂履歴)、パングラム (改訂履歴)、性 (文法) (改訂履歴)、中国の諸言語訳聖書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのモンゴル語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS