女性語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 表現 > 女性語の意味・解説 

じょせい‐ご〔ヂヨセイ‐〕【女性語】

読み方:じょせいご

日本語多くみられる女性特有の言い回し言葉現代語では感動詞の「あら」「まあ」、終助詞「わ」や、「だわ」「のよ」など。古くは、室町時代ごろからみられる宮中などでの女房詞や、江戸時代遊女語など特殊な社会発生した女性専用言葉をいう。


女性語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 05:42 UTC 版)

女性語(じょせいご)とは、女性特有の言い回しや言葉。対になるものは男性語


  1. ^ 金水(2003)、139-140頁
  2. ^ 『流行言葉』
  3. ^ ドカベン』の山田太郎など。
  4. ^ a b ここでいう間投助詞とは体言や文節の直後につなげることを指し、「あるよ」「いいね」など述語の直後につなげる用法とは異なる。


「女性語」の続きの解説一覧

女性語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/26 14:58 UTC 版)

西ロンバルド語」の記事における「女性語」の解説

女性語の大部分は、-a屈折終わる。女性語の複数形屈折しない (la legora / i legor ; la cadrega / i cadregh)。最終母音元の長さ変わり(非最終音節ではその違い聞くことができない)[要説明] 、それはしばし有声子音濁音)に続けば長く無声子音清音)に続く時は短くなる語幹特定の子音グループ終わ場合は、子音間に最後の-i またはシュワー[ə]を追加することができる(例:ミラノ語の歌scendra。複数形はscendr > scender)。 形容詞にとって、複数形男性形はしばし同じである

※この「女性語」の解説は、「西ロンバルド語」の解説の一部です。
「女性語」を含む「西ロンバルド語」の記事については、「西ロンバルド語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「女性語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



女性語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女性語」の関連用語

女性語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女性語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女性語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの西ロンバルド語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS