上代日本語とは? わかりやすく解説

上代日本語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/05 21:44 UTC 版)

上代日本語(じょうだいにほんご、英語: Old Japanese)とは、古墳時代頃から奈良時代頃まで日本(特に、都のあった奈良付近)で使用されていた日琉語族言語。のちに中古日本語に発展した。


注釈

  1. ^ ただし『風土記』に関しては、書写年代が古く後世の改変の少ないものがよく用いられる。
  2. ^ 『萬葉集』巻15・3754番歌「過所無しに関飛び越ゆるほととぎす[多我子爾毛]止まず通はむ」にのみ在証。
  3. ^ ごく一部、「カイ(櫂)」のような例外的な語が存在する。
  4. ^ 中古以降の日本語に見られる(見られた)二重母音は、漢字音(愛、礼、教 keu > kyo: など)、外来語、「持ち上げる」「寝起き」などの複合語を除けば、おおむねイ音便ウ音便によるもの(「早い」 hayaki > hayai、「早う」 hayaku > hayau > hayo:)か、ハ行転呼とw音の衰弱によるもの(「顔」 kaFo > kawo > kao、「藍」 awi > ai)か、母音の脱落によるもの(「あいつ」 ayatu > *aytu > aitu)かのいずれかであり、いずれにしても、後代の転訛による二次的なものである。
  5. ^ ただし上代特殊仮名遣いの解釈によっては、後世とは違った種類の拗音や二重母音を想定することができる。
  6. ^ 現代の日本語でも、語頭に濁音が来る言葉は、漢語や外来語を除けば、本来の語頭母音が脱落した結果濁音が露出したもの(イダク > ダク、ウマラ/イマラ/イバラ > バラ)など、一部の語彙に限られる。またラ行音については、擬音語・擬態語付属語以外で語頭に現れる言葉は、今でもほとんど存在しない。ら行なども参照のこと。

出典

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Old Japanese”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/oldj1239 
  2. ^ オックスフォード上代日本語コーパスからの改称THE OXFORD-NINJAL CORPUS OF OLD JAPANESE”. 2020年9月9日閲覧。
  3. ^ 藤井游惟(2007)『白村江敗戦と上代特殊仮名遣い―「日本」を生んだ白村江敗戦 その言語学的証拠 』東京図書出版会
  4. ^ 木田章義(2012)「上代特殊仮名遣と母音調和」『国語国文』81-11
  5. ^ Frellesvig & Whitman (2008: 8) に、森博達による表記を加えた。
  6. ^ Blaine ERICKSON. Old Japanese and Proto-Japonic Word Structure p.496 
  7. ^ 小倉肇 (西紀一九九八年十二月卅一日). サ行子音の歴史 
  8. ^ [1]
  9. ^ 山口佳紀(2011)『古代日本語史論究』:七節「字余り論は何を可能にするか」


「上代日本語」の続きの解説一覧

上代日本語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 14:13 UTC 版)

義訓」の記事における「上代日本語」の解説

日本語最古の記録である上代日本語の時代から義訓用いられている。特に『万葉集』など上代文献での漢字使い方を指すことが多い。「暖(はる)」「寒(ふゆ)」「金(あき)」「未通女(おとめ)」「数多あまねし)」「間置而(へだたりて)」など。

※この「上代日本語」の解説は、「義訓」の解説の一部です。
「上代日本語」を含む「義訓」の記事については、「義訓」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「上代日本語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上代日本語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 12:11 UTC 版)

名詞

上代 日本語 (じょうだいにほんご)

  1. 奈良時代以前日本語『万葉集』などに用いられている。

翻訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上代日本語」の関連用語

上代日本語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上代日本語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上代日本語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの義訓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの上代日本語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS