日本語の方言とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本語の方言の意味・解説 

日本語の方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 04:31 UTC 版)

日本語の方言(にほんごのほうげん)、すなわち日本語地域変種(地域方言)について記述する。




注釈

  1. ^ ただしこれらの語は京都付近では幕末以降「高低低」に変化している。

出典

  1. ^ 「八丈語? 世界2500言語 消滅危機――「日本は8言語対象 方言も独立言語」ユネスコ」『朝日新聞』2009年2月20日付夕刊、第3版、第1面。
  2. ^ 『講座方言学 1 方言概説』168頁。
  3. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』152-153頁。
  4. ^ 『講座方言学 1 方言概説』158-159頁。
  5. ^ 『講座方言学 1 方言概説』165-166頁。
  6. ^ a b c 佐藤(1986)。
  7. ^ a b 『岩波講座 日本語11方言』 57-73頁。
  8. ^ 『岩波講座 日本語11方言』345頁。
  9. ^ 大野・柴田編(1977) 344-345頁。
  10. ^ 奥村三雄「方言の区画」
  11. ^ 大野・柴田編(1977) 62-67頁。
  12. ^ a b 金田一春彦(2005)『金田一春彦著作集第7巻』「日本の方言」
  13. ^ a b 大野・柴田編(1977) 366-367頁。
  14. ^ 『講座方言学 1 方言概説』、46-58頁。
  15. ^ 「小笠原諸島における言語接触の歴史」ダニエル・ロング、1998年アーカイブされたコピー”. 2009年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  16. ^ 金田一春彦「音韻」
  17. ^ 『講座方言学 1 方言概説』93頁。
  18. ^ 『岩波講座 日本語11方言』257-258頁。
  19. ^ a b c d e f g 平山輝男「全日本の発音とアクセント」
  20. ^ 加藤正信「音韻概説」『講座方言学 1 方言概説』
  21. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』78頁-81頁。
  22. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』 81-84頁。
  23. ^ 『講座方言学 1 方言概説』84-85頁。
  24. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  25. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学9 九州地方の方言』,東京:国書刊行会 p12
  26. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第三巻』,東京:東京堂 pp370-374
  27. ^ 大野晋・柴田武編(1977)『岩波講座日本語11 方言』岩波書店 p256
  28. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第一巻』,東京:東京堂 p43
  29. ^ 加藤和夫 (1996)「白山麓白峰方言の変容と方言意識」『日本語研究諸領域の視点』,323-345平山輝男博士米寿記念会編 明治書院
  30. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 pp110-111
  31. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P87
  32. ^ 井上史雄ほか(1995)『日本列島方言叢書7 関東方言3(東京都)』ゆまに書房 p574
  33. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P170
  34. ^ 加藤和夫 (1996)「白山麓白峰方言の変容と方言意識」『日本語研究諸領域の視点』,323-345平山輝男博士米寿記念会編 明治書院
  35. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社P278
  36. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  37. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第四巻』,東京:東京堂 pp148-149
  38. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学9 九州地方の方言』,東京:国書刊行会 p70、P151
  39. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社pp296-320
  40. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第一巻』,東京:東京堂 p76
  41. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社 pp284-285
  42. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P154
  43. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P87
  44. ^ 井上史雄ほか(1995)『日本列島方言叢書7 関東方言3(東京都)』ゆまに書房 p596
  45. ^ 平山輝男 (1968)『日本の方言』, 東京:講談社 P95
  46. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  47. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 pp152-153
  48. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学5 関東地方の方言』,東京:国書刊行会 p246
  49. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  50. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第四巻』,東京:東京堂 pp148-149
  51. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学9 九州地方の方言』,東京:国書刊行会 p70、P151
  52. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社pp296-320
  53. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 p154
  54. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 p112
  55. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第四巻』,東京:東京堂 PP300-301、P341
  56. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社P298
  57. ^ 『NHK日本語発音アクセント辞典』付録、169頁。
  58. ^ a b c 金田一春彦「音韻」『金田一春彦著作集第8巻』玉川大学出版部
  59. ^ 『NHK日本語発音アクセント辞典』付録、137頁。
  60. ^ 『日本のことばシリーズ 1 北海道のことば』(1997年)9頁。
  61. ^ a b c 『現代日本語講座 第3巻 発音』29-30頁。
  62. ^ 平山「全日本の発音とアクセント」
  63. ^ a b c d e f g 佐藤亮一「現代日本語の発音分布」
  64. ^ 小泉保『縄文語の発見』青土社、1998年
  65. ^ a b c d e f g h i j 上村孝二「九州方言の概説」『講座方言学 9 九州地方の方言』。
  66. ^ 「沖縄の言語とその歴史」
  67. ^ 『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』260頁。
  68. ^ 上野善道(1977)「日本語のアクセント」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語5 音韻』岩波書店
  69. ^ 山口幸洋「日本語東京アクセントの成立」
  70. ^ a b c d e 『講座方言学 1 方言概説』125頁。
  71. ^ 『講座方言学 5 関東地方の方言』22頁。
  72. ^ a b c 『講座方言学 1 方言概説』126頁。
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m 『講座方言学 1 方言概説』123-124頁。
  74. ^ a b 西宮一民(1962年)「奈良県方言」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書16 近畿方言考4(大阪府・奈良県)』ゆまに書房。
  75. ^ 鎌田良二(1979年)「兵庫県方言文法 -但馬編-」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書17 近畿方言考5(兵庫県)』ゆまに書房。
  76. ^ 『日本のことばシリーズ 31 鳥取県のことば』(1998年)
  77. ^ 『日本のことばシリーズ 32 島根県のことば』(2008年)27頁。
  78. ^ 『講座方言学 1 方言概説』123頁。
  79. ^ a b 井上史雄ほか編『日本列島方言叢書13 近畿方言考1 近畿一般』ゆまに書房、1996年、30ページ。
  80. ^ a b c 『講座方言学 5 関東地方の方言』261頁-268頁
  81. ^ 『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』63頁
  82. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』121頁。
  83. ^ 『講座方言学 1 方言概説』122頁。
  84. ^ 『日本のことばシリーズ 1 北海道のことば』(1997年)14頁-15頁
  85. ^ a b 『講座方言学 6 中部地方の方言』86頁。
  86. ^ a b c d e f g h i j 『講座方言学 1 方言概説』127-128頁。
  87. ^ 平山輝男ほか編『日本のことばシリーズ 24 三重県のことば』明治書院、2000年。
  88. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』22頁。
  89. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』158頁。
  90. ^ 牛山初男(1969年)『東西方言の境界』
  91. ^ 『講座方言学 5 関東地方の方言』23頁。『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』349頁。『講座方言学 1 方言概説』130頁。
  92. ^ a b 『講座方言学 6 中部地方の方言』130頁。
  93. ^ a b c 『講座方言学 6 中部地方の方言』21頁-23頁。
  94. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』234頁。
  95. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』、166頁。
  96. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』、23・166・197・228-230頁。
  97. ^ 『上伊那郡誌 民俗編 下』「…マイカは、尾張、三河、美濃、遠江地方に勢力を持ち、長野県でもそれらと接する木曽地方や伊那地方で…マイカや…メーカが用いられる。」とある。言語地図では伊那谷を完全に覆い、諏訪地域や塩尻市にも分布している。
  98. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』156頁。江端義夫(1974年)「愛知県地方の方言の分派とその系脈」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書10 中部方言考3(岐阜県・愛知県)』ゆまに書房。『日本のことばシリーズ 26 京都府のことば』(1997年)16頁。『日本のことばシリーズ 36 徳島県のことば』(1997年)20頁。『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』229頁-230頁。
  99. ^ 江端義夫(1974年)「愛知県地方の方言の分派とその系脈」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書10 中部方言考3(岐阜県・愛知県)』ゆまに書房。岡田荘之輔(1952年)「"たじま"のAU連母音」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書17 近畿方言考5 兵庫県』ゆまに書房。『日本のことばシリーズ 31 鳥取県のことば』(1998年)23頁。
  100. ^ a b c 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』229頁-230頁。
  101. ^ 『講座方言学 4 中国・四国地方の方言』161頁。
  102. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』92, 131頁。『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』161, 438頁。『講座方言学 9 九州地方の方言』19頁。
  103. ^ a b c d 『講座方言学 1 方言概説』131-132頁。
  104. ^ 『講座方言学 1 方言概説』132,144-145頁。
  105. ^ 『講座方言学 1 方言概説』144-145頁。
  106. ^ 『講座方言学 1 方言概説』145頁
  107. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』251頁
  108. ^ 『講座方言学 1 方言概説』128-129、132頁。
  109. ^ 『講座方言学 1 方言概説』129-130頁。
  110. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』173頁。
  111. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』136頁。
  112. ^ 『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』70頁-71頁。
  113. ^ 『講座方言学 1 方言概説』135頁。
  114. ^ 『講座方言学 1 方言概説』137頁。
  115. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』138頁。
  116. ^ 『講座方言学 7 近畿地方の方言』93頁。
  117. ^ a b c d e f 『講座方言学 1 方言概説』142-144頁。
  118. ^ a b c d 『講座方言学 1 方言概説』141頁。
  119. ^ 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』21-23頁。
  120. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』264-265頁。
  121. ^ 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』100頁。
  122. ^ 野原三義(1985)「琉球方言助詞瞥見」『沖縄文化研究』11
  123. ^ 『シリーズ方言学 2 方言の文法』、203-216頁。
  124. ^ a b c d e 『日本のことばシリーズ 1 北海道のことば』(1997年)19頁-20頁。
  125. ^ 『シリーズ方言学 2 方言の文法』、3-7頁。
  126. ^ a b 『講座方言学 9 九州地方の方言』265頁
  127. ^ a b 『日本のことばシリーズ40福岡県のことば』(1997)33頁。
  128. ^ 『日本のことばシリーズ 46 鹿児島県のことば』(1997年)19頁。
  129. ^ a b c 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』235、262頁。
  130. ^ a b c 『日本のことばシリーズ 2 青森県のことば』(2003年)
  131. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』262頁、294頁-295頁。
  132. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』170頁。
  133. ^ a b c d 『長野県史 方言編』
  134. ^ a b c d 『講座方言学 1 方言概説』143頁。
  135. ^ 『日本のことばシリーズ 24 三重県のことば』(2000年)
  136. ^ 井之口有一『滋賀県方言の調査研究』(1961年)
  137. ^ 『日本のことばシリーズ 26 京都府のことば』(1997)17頁。
  138. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』154、327頁。
  139. ^ 『日本のことばシリーズ 15 新潟県のことば』(2005年)29頁-30頁。
  140. ^ 『日本のことばシリーズ 29 奈良県のことば』(2003年)30頁。
  141. ^ 『日本のことばシリーズ 27 大阪府のことば』(1997年)51頁。
  142. ^ 『日本国語大辞典 第二版 第十三巻』(2002年)647頁。
  143. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』226頁。
  144. ^ a b 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』153-154, 175頁。
  145. ^ 『講座方言学 7 近畿地方の方言』15頁。
  146. ^ a b 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』234頁-235頁。
  147. ^ a b 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』233頁-234頁。
  148. ^ 『日本のことばシリーズ 32 島根県のことば』(2008年)37頁。
  149. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』23頁-24頁、110頁、136-137頁。
  150. ^ 『日本のことばシリーズ 46 鹿児島県のことば』(1997年)21頁
  151. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』23-24頁。
  152. ^ 『岩波講座 日本語11方言』193-194頁。
  153. ^ 服部四朗「「言語年代学」即ち「語彙統計学」の方法について」『言語研究』26・27号、1954年。
  154. ^ a b 服部四朗「琉球方言と本土方言」『沖縄学の黎明』1976年。
  155. ^ a b 『岩波講座 日本語11方言』191-193頁。
  156. ^ a b 徳川宗賢「東西のことば争い」『日本語講座 -第6巻 日本語の歴史』
  157. ^ a b c d e f g h i 馬瀬良雄「東西両方言の対立」『岩波講座 日本語11方言』
  158. ^ 『概説日本語の歴史』 234頁。
  159. ^ 『講座方言学 1 方言概説』 62-63頁。
  160. ^ a b 『日本のことばシリーズ 42 長崎県のことば』(1998年) 5頁。
  161. ^ 『概説日本語の歴史』240-241頁。
  162. ^ 小松代融一『負けるな方言』熊谷印刷、1981年。
  163. ^ a b 佐藤亮一「21世紀の方言語彙 -『日本言語地図』の追跡調査から-」 日本方言研究会編『21世紀の方言学』国書刊行会、2002年


「日本語の方言」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本語の方言」の関連用語

日本語の方言のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

深山黒百合

轟渓流

海燕23

四万十川の沈下橋をわたる風

コロッセオ

フェリー海龍

3000系

ボストンサークル





日本語の方言のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本語の方言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS