日本語の方言とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本語の方言の意味・解説 

日本語の方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/01 06:47 UTC 版)

日本語の方言(にほんごのほうげん)、すなわち日本語地域変種(地域方言)について記述する。




注釈

  1. ^ ただしこれらの語は京都付近では幕末以降「高低低」に変化している。
  2. ^ このうち甲斐と安房のデータからは何も得ることができない

出典

  1. ^ 「八丈語? 世界2500言語 消滅危機――「日本は8言語対象 方言も独立言語」ユネスコ」『朝日新聞』2009年2月20日付夕刊、第3版、第1面。
  2. ^ 『講座方言学 1 方言概説』168頁。
  3. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』152-153頁。
  4. ^ 『講座方言学 1 方言概説』158-159頁。
  5. ^ 『講座方言学 1 方言概説』165-166頁。
  6. ^ a b c 佐藤(1986)。
  7. ^ a b 『岩波講座 日本語11方言』 57-73頁。
  8. ^ 『岩波講座 日本語11方言』345頁。
  9. ^ 大野・柴田編(1977) 344-345頁。
  10. ^ 奥村三雄「方言の区画」
  11. ^ 大野・柴田編(1977) 62-67頁。
  12. ^ a b 金田一春彦(2005)『金田一春彦著作集第7巻』「日本の方言」
  13. ^ a b 大野・柴田編(1977) 366-367頁。
  14. ^ 『講座方言学 1 方言概説』、46-58頁。
  15. ^ 「小笠原諸島における言語接触の歴史」ダニエル・ロング、1998年アーカイブされたコピー”. 2009年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月29日閲覧。
  16. ^ 金田一春彦「音韻」
  17. ^ 『講座方言学 1 方言概説』93頁。
  18. ^ 『岩波講座 日本語11方言』257-258頁。
  19. ^ a b c d e f g 平山輝男「全日本の発音とアクセント」
  20. ^ 加藤正信「音韻概説」『講座方言学 1 方言概説』
  21. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』78頁-81頁。
  22. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』 81-84頁。
  23. ^ 『講座方言学 1 方言概説』84-85頁。
  24. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  25. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学9 九州地方の方言』,東京:国書刊行会 p12
  26. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第三巻』,東京:東京堂 pp370-374
  27. ^ 大野晋・柴田武編(1977)『岩波講座日本語11 方言』岩波書店 p256
  28. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第一巻』,東京:東京堂 p43
  29. ^ 加藤和夫 (1996)「白山麓白峰方言の変容と方言意識」『日本語研究諸領域の視点』,323-345平山輝男博士米寿記念会編 明治書院
  30. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 pp110-111
  31. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P87
  32. ^ 井上史雄ほか(1995)『日本列島方言叢書7 関東方言3(東京都)』ゆまに書房 p574
  33. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P170
  34. ^ 加藤和夫 (1996)「白山麓白峰方言の変容と方言意識」『日本語研究諸領域の視点』,323-345平山輝男博士米寿記念会編 明治書院
  35. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社P278
  36. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  37. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第四巻』,東京:東京堂 pp148-149
  38. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学9 九州地方の方言』,東京:国書刊行会 p70、P151
  39. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社pp296-320
  40. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第一巻』,東京:東京堂 p76
  41. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社 pp284-285
  42. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P154
  43. ^ 平山輝男 (1965)『伊豆諸島方言の研究』, 明治書院 P87
  44. ^ 井上史雄ほか(1995)『日本列島方言叢書7 関東方言3(東京都)』ゆまに書房 p596
  45. ^ 平山輝男 (1968)『日本の方言』, 東京:講談社 P95
  46. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  47. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 pp152-153
  48. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学5 関東地方の方言』,東京:国書刊行会 p246
  49. ^ 飯豊毅一ほか (1984)『講座方言学10 沖縄・奄美地方の方言』,東京:国書刊行会 pp10-43
  50. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第四巻』,東京:東京堂 pp148-149
  51. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学9 九州地方の方言』,東京:国書刊行会 p70、P151
  52. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社pp296-320
  53. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 p154
  54. ^ 飯豊毅一ほか (1983)『講座方言学6 中部地方の方言』,東京:国書刊行会 p112
  55. ^ 遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座 第四巻』,東京:東京堂 PP300-301、P341
  56. ^ 柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社P298
  57. ^ 『NHK日本語発音アクセント辞典』付録、169頁。
  58. ^ a b c 金田一春彦「音韻」『金田一春彦著作集第8巻』玉川大学出版部
  59. ^ 『NHK日本語発音アクセント辞典』付録、137頁。
  60. ^ 『日本のことばシリーズ 1 北海道のことば』(1997年)9頁。
  61. ^ a b c 『現代日本語講座 第3巻 発音』29-30頁。
  62. ^ 平山「全日本の発音とアクセント」
  63. ^ a b c d e f g 佐藤亮一「現代日本語の発音分布」
  64. ^ 小泉保『縄文語の発見』青土社、1998年
  65. ^ a b c d e f g h i j 上村孝二「九州方言の概説」『講座方言学 9 九州地方の方言』。
  66. ^ 「沖縄の言語とその歴史」
  67. ^ 『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』260頁。
  68. ^ 上野善道(1977)「日本語のアクセント」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語5 音韻』岩波書店
  69. ^ 山口幸洋「日本語東京アクセントの成立」
  70. ^ a b c d e 『講座方言学 1 方言概説』125頁。
  71. ^ 『講座方言学 5 関東地方の方言』22頁。
  72. ^ a b c 『講座方言学 1 方言概説』126頁。
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m 『講座方言学 1 方言概説』123-124頁。
  74. ^ a b 西宮一民(1962年)「奈良県方言」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書16 近畿方言考4(大阪府・奈良県)』ゆまに書房。
  75. ^ 鎌田良二(1979年)「兵庫県方言文法 -但馬編-」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書17 近畿方言考5(兵庫県)』ゆまに書房。
  76. ^ 『日本のことばシリーズ 31 鳥取県のことば』(1998年)
  77. ^ 『日本のことばシリーズ 32 島根県のことば』(2008年)27頁。
  78. ^ 『講座方言学 1 方言概説』123頁。
  79. ^ a b 井上史雄ほか編『日本列島方言叢書13 近畿方言考1 近畿一般』ゆまに書房、1996年、30ページ。
  80. ^ a b c 『講座方言学 5 関東地方の方言』261頁-268頁
  81. ^ 『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』63頁
  82. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』121頁。
  83. ^ 『講座方言学 1 方言概説』122頁。
  84. ^ 『日本のことばシリーズ 1 北海道のことば』(1997年)14頁-15頁
  85. ^ a b 『講座方言学 6 中部地方の方言』86頁。
  86. ^ a b c d e f g h i j 『講座方言学 1 方言概説』127-128頁。
  87. ^ 平山輝男ほか編『日本のことばシリーズ 24 三重県のことば』明治書院、2000年。
  88. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』22頁。
  89. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』158頁。
  90. ^ 『講座方言学 5 関東地方の方言』23頁。『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』349頁。『講座方言学 1 方言概説』130頁。
  91. ^ a b 『講座方言学 6 中部地方の方言』130頁。
  92. ^ a b c 『講座方言学 6 中部地方の方言』21頁-23頁。
  93. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』234頁。
  94. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』、166頁。
  95. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』、23・166・197・228-230頁。
  96. ^ 『上伊那郡誌 民俗編 下』「…マイカは、尾張、三河、美濃、遠江地方に勢力を持ち、長野県でもそれらと接する木曽地方や伊那地方で…マイカや…メーカが用いられる。」とある。言語地図では伊那谷を完全に覆い、諏訪地域や塩尻市にも分布している。
  97. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』156頁。江端義夫(1974年)「愛知県地方の方言の分派とその系脈」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書10 中部方言考3(岐阜県・愛知県)』ゆまに書房。『日本のことばシリーズ 26 京都府のことば』(1997年)16頁。『日本のことばシリーズ 36 徳島県のことば』(1997年)20頁。『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』229頁-230頁。
  98. ^ 江端義夫(1974年)「愛知県地方の方言の分派とその系脈」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書10 中部方言考3(岐阜県・愛知県)』ゆまに書房。岡田荘之輔(1952年)「"たじま"のAU連母音」井上史雄ほか編(1996年)『日本列島方言叢書17 近畿方言考5 兵庫県』ゆまに書房。『日本のことばシリーズ 31 鳥取県のことば』(1998年)23頁。
  99. ^ a b c 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』229頁-230頁。
  100. ^ 『講座方言学 4 中国・四国地方の方言』161頁。
  101. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』92, 131頁。『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』161, 438頁。『講座方言学 9 九州地方の方言』19頁。
  102. ^ a b 『複数の日本語:方言からはじめる言語学』33-46頁。
  103. ^ 『講座方言学 1 方言概説』132,144-145頁。
  104. ^ 『講座方言学 1 方言概説』144-145頁。
  105. ^ 『講座方言学 1 方言概説』145頁
  106. ^ 『朝倉日本語講座 10 方言(新装版)』71頁
  107. ^ 『シリーズ方言学 2 方言の文法』121-122頁。
  108. ^ a b c d 『講座方言学 1 方言概説』131-132頁。
  109. ^ a b c 『朝倉日本語講座 10 方言(新装版)』、72-76頁。
  110. ^ 『シリーズ方言学 2 方言の文法』114-117頁。
  111. ^ 津田智史「東北諸方言アスペクトの捉え方」東北大学大学院文学研究科東北文化研究室『東北文化研究室紀要』2011年。
  112. ^ 『複数の日本語:方言からはじめる言語学』58-59頁。
  113. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』251頁
  114. ^ 『講座方言学 1 方言概説』128-129、132頁。
  115. ^ 『講座方言学 1 方言概説』129-130頁。
  116. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』173頁。
  117. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』136頁。
  118. ^ 『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』70頁-71頁。
  119. ^ 『講座方言学 1 方言概説』135頁。
  120. ^ 『講座方言学 1 方言概説』137頁。
  121. ^ a b 『講座方言学 1 方言概説』138頁。
  122. ^ 『講座方言学 7 近畿地方の方言』93頁。
  123. ^ a b c d e f g 『講座方言学 1 方言概説』142-144頁。
  124. ^ 『朝倉日本語講座 10 方言(新装版)』、155-156頁。
  125. ^ a b c d 『講座方言学 1 方言概説』141頁。
  126. ^ 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』21-23頁。
  127. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』264-265頁。
  128. ^ 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』100頁。
  129. ^ 野原三義(1985)「琉球方言助詞瞥見」『沖縄文化研究』11
  130. ^ 『シリーズ方言学 2 方言の文法』、203-216頁。
  131. ^ a b c d e 『日本のことばシリーズ 1 北海道のことば』(1997年)19頁-20頁。
  132. ^ 『シリーズ方言学 2 方言の文法』、3-7頁。
  133. ^ a b 『講座方言学 9 九州地方の方言』265頁
  134. ^ a b 『日本のことばシリーズ40福岡県のことば』(1997)33頁。
  135. ^ 『日本のことばシリーズ 46 鹿児島県のことば』(1997年)19頁。
  136. ^ a b c 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』235、262頁。
  137. ^ a b c 『日本のことばシリーズ 2 青森県のことば』(2003年)
  138. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』262頁、294頁-295頁。
  139. ^ 『講座方言学 6 中部地方の方言』170頁。
  140. ^ a b c d 『長野県史 方言編』
  141. ^ a b c d 『講座方言学 1 方言概説』143頁。
  142. ^ 『日本のことばシリーズ 24 三重県のことば』(2000年)
  143. ^ 井之口有一『滋賀県方言の調査研究』(1961年)
  144. ^ 『日本のことばシリーズ 26 京都府のことば』(1997)17頁。
  145. ^ 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』154、327頁。
  146. ^ 『日本のことばシリーズ 15 新潟県のことば』(2005年)29頁-30頁。
  147. ^ 『日本のことばシリーズ 29 奈良県のことば』(2003年)30頁。
  148. ^ 『日本のことばシリーズ 27 大阪府のことば』(1997年)51頁。
  149. ^ 『日本国語大辞典 第二版 第十三巻』(2002年)647頁。
  150. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』226頁。
  151. ^ a b 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』153-154, 175頁。
  152. ^ 『講座方言学 7 近畿地方の方言』15頁。
  153. ^ a b 『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』234頁-235頁。
  154. ^ a b 『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』233頁-234頁。
  155. ^ 『日本のことばシリーズ 32 島根県のことば』(2008年)37頁。
  156. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』23頁-24頁、110頁、136-137頁。
  157. ^ 『日本のことばシリーズ 46 鹿児島県のことば』(1997年)21頁
  158. ^ 『講座方言学 9 九州地方の方言』23-24頁。
  159. ^ 『岩波講座 日本語11方言』193-194頁。
  160. ^ 服部四朗「「言語年代学」即ち「語彙統計学」の方法について」『言語研究』26・27号、1954年。
  161. ^ a b 服部四朗「琉球方言と本土方言」『沖縄学の黎明』1976年。
  162. ^ a b 『岩波講座 日本語11方言』191-193頁。
  163. ^ a b c A grammar of the eastern old Japanese dialects”. Kupchik, John Everitt (2011年). 2018年8月16日閲覧。
  164. ^ a b 徳川宗賢「東西のことば争い」『日本語講座 -第6巻 日本語の歴史』
  165. ^ a b c d e f g h i 馬瀬良雄「東西両方言の対立」『岩波講座 日本語11方言』
  166. ^ 『概説日本語の歴史』 234頁。
  167. ^ 『講座方言学 1 方言概説』 62-63頁。
  168. ^ ジョアン・ロドリゲス原著、土井忠生訳註『日本大文典』三省堂、1955年より引用。
  169. ^ a b 『日本のことばシリーズ 42 長崎県のことば』(1998年) 5頁。
  170. ^ 『概説日本語の歴史』240-241頁。
  171. ^ 小松代融一『負けるな方言』熊谷印刷、1981年。
  172. ^ a b 佐藤亮一「21世紀の方言語彙 -『日本言語地図』の追跡調査から-」 日本方言研究会編『21世紀の方言学』国書刊行会、2002年


「日本語の方言」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本語の方言」の関連用語

日本語の方言のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本語の方言のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本語の方言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS