日本の軍事とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の軍事の意味・解説 

日本の軍事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/19 00:03 UTC 版)

日本の軍事(にほんのぐんじ)では戦後の日本国の国家安全保障政策と防衛力について概観するために、軍事情勢、軍事政策そして軍事制度について説明する。




  1. ^ スパイクマン、1944年
  2. ^ 国家安全保障戦略について
  3. ^ 防衛庁編『平成17年版 日本の防衛 防衛白書 より危機に強い自衛隊を目指して』(ぎょうせい、平成17年)
  4. ^ 攻撃的兵器と防御的兵器という兵器類の分類は軍事理論には存在しない分類法であり、国会答弁において政治的配慮を狙った特殊な分類法である。この答弁の詳細1969年3月10日参議院予算委員会政府答弁と1971年5月15日衆議院内閣委員会政府答弁を参照されたい。
  5. ^ 日本は1951年のサンフランシスコ平和条約で集団的自衛権の保有を承認されたが、1960年の新安保締結時に社会党の反発により政府見解として集団的自衛権を有しているとしてもこれを発動することは「憲法の容認する自衛の措置の限界をこえるものであって許されない」との解釈を打ち出した。
  6. ^ 防衛装備移転三原則について”. 防衛省 (2014年4月1日). 2014年9月9日閲覧。
  7. ^ Government at a Glance (Report). OECD. (2015). doi:10.1787/22214399. 
  8. ^ 戦後防衛政策と防衛費( 1)─ 定量的歯止めを中心に ─
  9. ^ 防衛法学会『新訂 世界の国防制度』(第一法規出版、平成3年)
  10. ^ 防衛庁編『平成17年版 日本の防衛 防衛白書 より危機に強い自衛隊を目指して』(ぎょうせい、平成17年)
  11. ^ 防衛庁編『平成17年版 日本の防衛 防衛白書 より危機に強い自衛隊を目指して』(ぎょうせい、平成17年)
  12. ^ [防衛省>在日米軍駐留経費負担の推移 http://www.mod.go.jp/j/defense/US_keihi/suii_table_53-60.html]
  13. ^ [防衛省>法令、予算及び決算>防衛予算関連文書>我が国の防衛と予算-平成20年度予算の概要>物件費(契約ベース)PDFの29ページ・文書の27ページ http://www.mod.go.jp/j/library/archives/yosan/2008/yosan_gaiyou.pdf]
  14. ^ 仙台「正論」懇話会 中西輝政氏「北情勢」語る
  15. ^ 離島有事に無人偵察機 防衛省、21年度導入へ」、産経新聞、2009年1月24日。
  16. ^ “日豪、物品役務協定を締結 災害援助で協力強化”. 47NEWS共同通信社. (2010年5月19日). http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051901001178.html 2010年5月20日閲覧。 
  17. ^ “日豪2+2で物品役務相互提供協定に署名 自衛隊と豪軍の連携強化”. MSN産経ニュース(産経新聞. (2010年5月19日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100519/plc1005192103014-n1.htm 2010年5月20日閲覧。 
  18. ^ 陳総統:日米との準軍事同盟関係構築の必要性を強調」、台湾週報、2006年10月9日。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本の軍事」の関連用語

日本の軍事のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

32M 光伝送装置

阿蘇山

イエローポプラ

アダプター

やし油

腓骨

XL1200C ANV

姫淡竹





日本の軍事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の軍事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS