交戦権とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 権利 > 交戦権の意味・解説 

こう せんけん かう- [3] 【交戦権】

国家戦争を行う権利または戦争において交戦者として行使できる権利(敵の殺傷海上捕獲権利など)。日本国憲法九条二項は国の交戦権はこれを認めないとするが、憲法学上、自衛権発動としての交戦権の行使可否については意見分かれている。

【交戦権】(こうせんけん)

自国もしくは組織、また自分自身脅威から防衛するために相手危害加え権利

わが国では憲法9条において交戦権の否認記述されているが、国際法においては日本にも交戦権が認められている。


交戦権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/06 05:19 UTC 版)

交戦権(こうせんけん、Belligerent Rights)という言葉は、国際法及び[要出典]日本国憲法で使われている概念である。


  1. ^ H・ニコルソン『外交』斎藤眞・深谷満雄訳、東京大学出版会、1999年、224頁。
  2. ^ 憲法と自衛権 - 防衛省


「交戦権」の続きの解説一覧



交戦権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「交戦権」の関連用語

交戦権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



交戦権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交戦権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS